もうすぐ新刊が並びます!   峯尾直美

昨年より在宅時間が増えライフスタイルが変わりました。
2020年の調査によると、コロナ禍で読書量が増えているようです。
「書物は脳に良い」と言われ、読書には癒し効果があります。
気晴らしをしたり、ネガティブ思考の連鎖を断ち切る手助けもしてくれる。
ストレスの多い今、その重要さが増しているのですね。

信愛図書室では学年末考査が終わると、新刊コーナーが一新されます。
また3月6日からは春の借り放題が始まります。
ハリー・ポッターの作者最新刊『イッカボッグ』、2021年本屋大賞ノミネート作品の
数々等が新刊書コーナーに並びますので楽しみにして下さいね!

では、新刊から本屋大賞ノミネート作の1冊をご紹介しましょう。
『お探し物は図書室まで』
お探し物は、本ですか?仕事ですか?人生ですか?
仕事や人生に行き詰まりを感じている5人が訪れた、町の小さな図書室。「本を探している」と申し出ると「レファレンスは司書さんにどうぞ」と案内してくれます。本の相談をすると司書さんはレファレンスを始めます。
不愛想なのに聞き上手で、相談者は誰にも言えなかった本音や願望を司書さんに話してしまいます。
司書さんは一風変わった選書をしてくれます。図鑑、絵本・・・本のリストを印刷した紙と一緒に渡されたのは羊毛フェルト。
「これはなんですか?」と相談者が訪ねると、司書さんはぶっきらぼうに答えます。「本の付録」と・・・。
自分が本当に「探している物」に気づき、明日への活力が満ちていくハートウォーミング小説。

本屋大賞の発表は4月14日!ノミネート作を読みながら大賞予想をしてみては?

かわいくアレンジできました! 手古 英美

今日から学年末試験がスタートしました。初日の出来具合はどうですか?思うようにできなかった人もまだまだ挽回のチャンスはあります。諦めずに最後まで頑張りましょう。

話は変わりますが、先日華道部でフラワーアレンジメントのワークショップを行いました。部員以外にもたくさんの生徒の皆さんが参加してくれ、みんなで楽しくアレンジすることができました。ここで参加してくれた人達の作品を紹介します!!

 

みんな個性豊かでかわいくアレンジ出来ていますね!!

 

普段お花に触れる機会があまりない人が多いかもしれませんが、お花は可愛くて見ていると心が穏かになりますよね。試験勉強の癒しに、一輪でもお部屋に飾ってみるのもいいかもしれませんね。

つぶやき美術館   川本 清美

今回の『つぶやき美術館』は、中学3年生の作品「アートグラス」を紹介します。

テーマは「自分らしさ」です。まずは、さまざまな角度から自分自身をしっかり振り返り、そこからアイデアを練っていきました。画用紙に絵を描くのとは違って、黒く塗られたアクリル板をニードルで削ることで描いていく技法です。色についても、各々が最後までこだわり切った自信作に仕上がっています。

一つひとつの作品をじっくりご堪能ください。

学年末試験 直前!! 酒井慎也

明後日から学年末試験です。生徒の皆さんは試験勉強に励んでいることでしょう。

私のところにも、質問にくる生徒が増えてきました。

物理や化学の質問が来て、生徒と一緒に勉強しています。

質問に来る生徒は、テスト前で焦っていることと思いますが、私は、生徒がどこで躓いているかを勉強するとてもいい機会として捉えています。

どこをわかっていないのか、何を勘違いしているのか・・・などなど、生徒の質問を聞いて自分の授業に活かせる事は多いです。だから、生徒の皆さんは、遠慮なく質問をしてください。私も皆さんと一緒に勉強していきたいと思いますし、それが学校教育の醍醐味であると思います。

では、テスト頑張ってください。応援しております。

ただ・・・できれば、テストの直前ではなく、普段の授業でわからなかったときに質問に来てくれると助かります。

 

 

 

 

今日は猫の日      森川 恵美

学年末考査が近づいてきました。テスト勉強は順調に進んでいますか?去年は突然の緊急事態宣言により、学年末のテストが実施できなくなるという誰もが初めての経験でした。4月の時点ではどうなるかと思っていた今年度を無事に終えることができそうで、今はほっとしています。生徒のみなさんも悔いのないように、体調に気を付けながら頑張ってくださいね。

さて、勉強に疲れたとき、みなさんをいやしてくれるのは、何ですか?私が高校生のときは、飼っていた猫が勉強の友でした。家の中で飼っていたわけではないので、自由気ままにご飯のときだけ帰ってくる猫でしたが、もふもふするだけで元気になったものです。

今日は2月22日(にゃんにゃんにゃん)で猫の日なんだそうです。残念ながら今は猫を飼っていないので、ちょっと寂しいですが、写真を見ながら思い出すことにします。

今年度も終わりが近づいてきました 山路

昨日,学年末テストの時間割発表があり,いよいよ今年度も終わりが近づいてきました。私は本年度しか知らないのですが,例年よりも少し早いそうですね。
私が所属している高校1年は,居残り勉強会をしており,放課後の時間を学校で有意義に使っている生徒もいます。私自身,家ではあまり勉強できなかったので,よく学校で自習をしていました。気分転換に校内の散歩しながら,問題集とにらめっこしていたような気がします。自分の勉強できる環境の一つとして上手く活用してもらえればいいな,と思っています。

昨年の今頃,私は愛媛で受験を控えた高3生の担任をしていました。あれからもう一年経過した訳ですから,時の流れは早いものです。「思えば遠くへ来たもんだ」ならぬ「思えば遠くにいたもんだ」です。ときどき卒業生から連絡をもらい,懐かしい気持ちになります。皆それぞれの道に進んでおり,いろいろな話を聞けて楽しくもあります。
信愛の高3生も,二次試験を目前にプレッシャーを感じていることと思います。センター試験から共通テストとなり,傾向が変化したことで苦しい戦いになっている人もいるでしょうが,あまり根詰めすぎず,ほんの少しだけゆとりを持っておいてください。いっぱいいっぱいになるほど,ほん少しの変化に対応できなくなってしまいます。

高3生は高校生活の,高2以下の生徒は今年度の集大成として,皆が試験で納得できる結果が得られることを祈っています。

コペルニクス         岩橋三絵

澄み切った夜空を眺めていると、時の過ぎるのを忘れてずっと見ていたくなります。特に何かを観測するのではなく、ボーっと見ているだけでとても癒されます。偶然、流れ星に遭遇した時はなどは、とても嬉しくなります。昔から「流れ星が輝いている間に願い事を3回唱えるとその願いはかなう。」という話があります。ほんの一瞬で消えてしまう流れ星に3回も願い事をするのはまず無理ですよね。宇宙の塵が大気圏内で燃え尽きる現象といえばそれまでですが、昔の人も流れ星にいろいろな思いを描いたのですね。忙しい日々、たまにはゆっくりと星空を見たいものです。

2月19日はニコラウス=コペルニクスの誕生日だそうです。彼はカトリック司祭で天文学者でもありました。宇宙は太陽が中心で、地球は太陽の周りを回っているという「地動説」を唱えたことで有名な人です。

私たちの目では、東から太陽が昇り西に沈むのが当たり前。今でこそ学校で地動説を学びますが、教えられなかったら太陽が東から西に動いて地球は動かないと思ってしまいます。

コペルニクス的転回という言葉を聞いたことがあるでしょうか。今まであった考え方を大きく変えるような大胆な発想の転換のことを言います。日々大した疑問を抱くことなく生きている私にとってコペルニクスはカッコイイ存在です。コペルニクス的転回とまでいかなくても、できたら少しでも視点を変えて考えるよう努力したいと思います。

 

コロナ禍も1年になります   平井 拓真

きょうのニュースで、医療従事者に対するコロナワクチンの先行接種が始まったことが流れていました。一般の人たちがワクチン接種できるのはもう少し先のようですが、一時期に比べコロナの感染者の数もかなり減ってきていますし、このままコロナに克服する流れになればと願う限りです。

思えばこのコロナ禍も1年が過ぎました。昨年の今ごろ、高校3年の担任として大学受験に向けてのサポートをしつつ、卒業式の準備を進めていた矢先に、コロナ感染の拡大で混乱したことを思い出します。式を挙げることはできましたが、卒業生だけが出席するだけの式となり、少し寂しい思いをさせてしまったと感じています。

今年も卒業式の準備を進める時期になりました。まだコロナ禍前のような形での式を行うことは難しいですが、高校3年生にとっては大事な節目となる卒業式です。少しでも心に残る式が行えるよう、協力して準備を進めていこうと思います。

その前に、もう一つの大事な節目となる国公立大学前期日程の試験も1週間前を迎えました。今年も赤本片手に添削を求める高校3年生の姿を職員室などで見かけます。6年間あるいは3年間培ってきた学力を最大限発揮できるよう、精一杯ラストスパートをかけて頑張ってください。そして、胸をはって卒業式に臨んでください。

追記:在校生の皆さんも学年末テスト1週間前です。皆さんにとっても、いろいろあった1年の締め括りのテストです。しっかり準備してテストに臨んでください。

あたりまえ    ふじたあやか

久しぶりの百人一筆です。「何を書こうかな~」と考えながら通勤。学校に到着すると、つぶやき当番表が机の上に置かれていました。とりあえず”今日は何の日?”でも調べようとi-padをカバンから取り出そうとすると、、、、ない。前日持ち帰ったものの、中に入っていると思っていたi-padが、、、ない。いや~不便な一日でした。今やほとんどの授業を自分のi-padを用いて行っています。学校の教員用のi-padをお借りしたものの、いつも自分が使い慣れているアプリの配置・ペン・自分のコンピューターとのコネクションがうまく使えずア゛~~ッ!となってしまいました。明日はちゃんと忘れずに自分のi-padを持ってきて『感謝』しながら使おうと思います。今日の1日が無ければ感じることのなかったこの気持ち。その機会にも感謝。当たり前のものを当たり前と思うのではなく常に感謝の気持ちを持ち続けたいですね。今自分がかかわっているすべてのひと、ものに・・・!

帰宅したらまずi-padにただいまと言おうと思います。(笑)

恒例行事!!

百人一筆をご覧の皆様へ

こんばんは!

いかがお過ごしでしょうか。

今年のバレンタインデーはいつもとは違い寂しいものだったように感じます。

お世話になっている先生方や、憧れの先生に心を込めて手作りのチョコを渡したり、友達同士の交換をしたり、校内ではワイワイガヤガヤとした賑やかな光景が見られなかったとともに、学校に持ち寄る生徒もおらず、バレンタインデーという雰囲気は一切見られませんでした。とても残念で悲しい気持ちでありました。

しかしながら今のご時世を考えると致し方ないのですが、一刻も早いコロナの収束を願い世界の人々が笑顔を絶やすことなく活き活きと輝く日々が訪れることを待ち望みたいと思います!

来年こそは楽しいバレンタインデーを迎えたいものですね!

皆さまもくれぐれもお身体にご自愛ください。

さて、温かい春が近づいてくるのは待ち遠しいのですが、春の訪れとともにハナコ(花粉)がやってきます!

今年も戦いが始まりますが、気合を入れて挑んで行きたいと考えています。マスクにゴーグル、鼻炎薬……肌身離さず持ち歩くように心がけます!

保体科 辻