面川 美保子

朝夕、涼しくなり、秋の気配を感じるようになりました。

先日、まだ暑かった9月上旬に、友人から、次のような写真が送られてきました。

家族で出かけた信州の山で見つけたとの事。写真とともに、動画も送られてきました。

大きさは推定10センチ余り。

三角形の頭とみられる部分を少し持ち上げながら、平たい体を伸び縮みさせながらゆっくりと前進させる姿に、友人家族は驚き、しばらく観察していたようです。とりわけ、小学6年生の息子さんは、興味津々。これは何だろう?ということで、私に連絡してきたのです。

 

私も見たことがなく、「黒色・平たい・三角頭…」と検索すると、すぐに「コウガイビル」という生物と判明。

ヒルと名前がついていますが、山にいるヒルとは違い、生き物の血は吸いません。水の中に棲むプラナリア(ウズムシ)の仲間で、名前の由来は、昔の日本女性の髪飾りである笄(こうがい)に形が似ているからだそうです。

コウガイビルは肉食で、ナメクジやミミズ、カタツムリなどを食べ、湿った場所を好んで生活している生物。雨が降った後だったので、活動(移動)している「コウガイビル」を見つけたのでしょう。名前と共に、上記の事を伝えると、大変喜んでくれました。私も一緒に旅をした気分になり、何だかウキウキした気持ちになりました。

 

写真を見て、何!気持ち悪い!と感じた人もいることでしょう。でも、本当に色々な生物が私たちの周りに存在します。そしてこれらの生物が関わりあって生態系を構成しています。

私の担当する理科2分野・生物では、動物の姿や生態を、写真や動画から学び、感じて欲しいと考え、授業でよく扱っています。この2学期からは、プロジェクターも最新式になり、映像が鮮明で、動物の体表面の様子など、本当に綺麗に映し出されます。

気持ち悪い!と言われても、授業中にどんどん紹介していこうと思っています。

 

写真の生物に興味ある人、「クロイロコウガイビル」で検索してみて下さい。面白い動画が見られますよ。

鳥羽水族館はお勧めですよ 仲川 淳三

こんにちは。

数学科の仲川です。先月、三重県の鳥羽水族館に行ってきました。皆さんは行かれたことがありますか?ここは確か飼育されている生体の種類が日本一の水族館だったと記憶しているのですが…間違っていたらすみません。魚だけではなく、爬虫類やカピバラなど、いろんな種類の生体がいて、とにかく飽きさせません。

上の写真はジュゴンが、餌である海草を食べているところです。鳥羽水族館は人魚伝説のモデルになったと言われるジュゴンを、日本で唯一飼育展示しています。

もうひとつ、お勧めなのがアシカショーです。何がすごいって、飼育員の技がすごい!ステージの左端から、右端にいるアシカめがけて輪投げをする場面では、アシカの頭の位置に正確に十数個の輪を連続で投げ続けます。コレは必見ですよ!

旅の前の調べもの。   岡本真由美

中学1年生はただいま11月の熊野古道研修に向けて調べ学習をしています。クラスをまたいだグループで、自分たちに与えられたテーマを1枚の紙にまとめる作業をしています。今日は各グループ下書きを完成させ、早いグループはもう清書に取りかかっています。来週には全グループの清書ができあがってきます!
行ったことがある場所など、もともと知っているテーマが与えられたグループもあれば、全く知らない、名前も聞いたことのないテーマが与えられたグループもあります。「先生、これなんて読むんですか?」「これ何ですか?」のオンパレードですが、私たちは「自分たちで調べなさい」の一点張りです(笑)

私は旅行が好きなので、国内にも海外にもよく行きます。ガイドブックやインターネットで事前に調べて、「この景色は絶対自分の目で見たい!」「お、こんなお店があるなら行ってみよう」「ここはこういう歴史があるんだな」「これは絶対食べとかないと!」などなど、その土地のことを予習しておくと、旅行がとても楽しくなります。
もちろん、行き当たりばったりの旅も楽しいものですが、知識ゼロではもったいないことがたくさんあると思います。

中1の生徒たちも自分たちが調べたこと、他のグループが調べたことを事前に頭に入れておけば、きっと熊野古道も楽しめると思います。他のグループの人が見てもわかりやすく、研修が楽しくなるような資料を作ってくれることを期待しています!

ご飯たべたことある?「いのちをむすぶ」佐藤初女著より    齊藤恭子

おむすびを食べて、自殺を思いとどまった人がいるという。
そのおむすびの「握り手」は佐藤初女さん。
初女さんは「食べることはいのちをいただくこと」と考え、青森県に森のイスキアを開設し訪れる人に心を添わせ、食事を供す活動が映画「地球交響曲第二番」(1995)に取り上げられました。

著書の「いのちをむすぶ」には
「秋 いのち響きあうとき おむすびの祈り 一粒一粒のお米を生かすようにただ無心に握っているだけ ともに感じて 揺れていい そのまんま 心添わせて そーっと 食はいのち おいしくいただくことで食材のいのちが生かされ人も生かされるのです。」といったことばが……。

お米の一粒一粒へ 🍙おにぎりを食べる人へ
命を差し出すものと受け継ぐ者
どちらにも心を添わせる初女さん

私は一度、森のイスキアを訪れたことがあります。
もう既に90歳を超えた初女さんは、丸く穏やかにまどろんでらっしゃいました。
本来、食事の予約を入れて伺うところを、私にはほんの少しの滞在時間しかなくて……。
けれど、どうしても、建物にだけでも近づきたいと思いイスキアのそばまで行きました。
すると、スタッフの方はお茶とお菓子を振る舞い、優しく迎え入れてくださいました。
そして、「冬が過ぎ、春にイスキアを開く時、屋根にはこんな風に雪が積もっているの」と、おっしゃりご自分の掌を雪に、私の頭をイスキアに見立てて、ポンと掌で私の頭を包むように触れられました。
何ともいえないやさしさに包れた心地よいひととき。
一瞬で温かくなって心が溶けたあの感覚は今も忘れません。

そんな優しい人たちが心を込めてむすぶ🍙おむすびだから人を生かすのでしょう。

「いのちをむすぶ」の帯
吉本ばななさんは「ほんとうに偉大な存在は、決して人に気づきを強いない。」という。

ですが、私は未熟者
そこで、
ごはん食べたことある?
「はい」と答えたあなたへ
食べているってことは、命をいただいているってこと、
その命を引き継いだ責任はあるのでは……。

お米、にんじん、じゃがいも、キャベツ……
いろんなものの命で成り立つ
そんな自分を大事に
今日を生きましょう

つぶやき美術館    川本 清美

今回の『つぶやき美術館』は、中学2年生の水彩画を紹介したいと思います。

モチーフは「観葉植物」です。

どの作品もとっても深味の感じられる色に仕上がっています。また、明暗をつけることによって葉っぱの重なりなどの立体感もうまく表現できています。

一つひとつの作品を是非じっくりお楽しみください。

 

 

 

 

 

9月13日

9月13日の今日は何の日かみなさんお気づきでしょうか

13日の金曜日だなあとはカレンダーを見て薄々思ってはいたのですが、
ふと調べてみると今日は旧暦の8月15日 つまり十五夜なんですね。

暑い日が続く中、秋が本当に来るのだろうかと思いながら
過ごしてはいるのですが、今日は雨が降ったこともあって
朝は少し涼しいなぁと思いながら学校へ来ました。

最近は四季がだんだんなくなってきているような気もしますが、
10日後には、秋分の日が来てどんどん秋になるのでしょうか

芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋……
どんな秋にするか、を考えて今日は月を眺めながら帰ろうと思います。

ジーンと心温まる出来事があったので紹介します。

先日事務の先輩が朝からグラウンドの整備をしていました。
みなさんもおわかりのとおり、まだまだ外は焼けつくような暑さです。
先輩も早朝から夕方まで汗だくになりながら仕事をしていました。

その様子を見ていた信愛生がいました。
仕事が終わりかけた頃、高校生2名が先輩のそばにやって来て、
「これ飲んでください。
 朝からグラウンドにいるのをずっと見ていて、
 暑い中大変やな~って話してたんです。
 ふたりで考えて、これ飲んでもらおうって決めたんです。」
と、スポーツ飲料を差し出したそうです。

私は部屋に戻ってきた先輩からこの出来事を聞きました。
先輩は感動した、とすごく嬉しそうでした。
このお話を聞いていた部屋のみんなが幸せな気持ちになりました。

雨は好きですかと聞かれると、おそらく「いいえ」と答える方が多いでしょう。
しかし、雨があがると 田畑や山の木々は清々しい緑が濃くなります。

先日の台風の影響で、千葉や神奈川で大規模な停電と断水が続いています。
この暑さの中トイレやお風呂、空調を使えないのです。
昨年の同時期に私たちも数日間大変な生活をしました。

卒業生でお住まいの方もいらっしゃることでしょう。
少しでも早いうちにライフラインが復旧することを願っています。

二学期が始まってはや半月 皆さんにとって頭も身体も忙しい毎日でありますように 丁寧に安全にすごしてください。

ヒトは地球の生き物              岩橋三絵

       今日はなんだか気分が重い。
       体が少しだるくてやる気が出ない。
       まぶたの前にギラギラとした光が見える。
       何回かまばたきしても消えない。
       しばらくするとズキズキと頭痛がしてきた。
       あー、これから雨になるなぁ。

       そして、数時間後に雨が降り出した。

 このように自身の体調から雨が降ることを当てる人がいます。
低気圧が近づき気圧がさがり、頭痛が起こっているようです。
人間は、地球に住む生き物の仲間のひとつです。
ヒトも他の生き物と同じように温度・湿度・気圧などの環境の影響を受けています。

 気象の変化により症状が現れることを、俗に「気象病」と呼んでいます。
症状は、頭痛の他にめまいや関節痛、古傷の痛み、耳鳴り、意欲の低下など多様にあります。
そのような症状の起こる人は、一度医師に相談して下さい。
もしかしたら、元々の病気があるかもしれません。
特に何もなかった人でも、薬を処方してもらうなど症状を和らげるようにしましょう。
もちろん、充分な睡眠・バランスの良い食事・適度な運動を心がけることが大切ですね。

9月28日 プチフェスタ

9月7日土曜日 本校でプレテストが行われました。
私は高校プレテストの監督をさせていただきました。
試験中は本番さながらの真剣な表情で、一生懸命問題にむかっていました。
その後の解説の時間もペンでメモを取りながら熱心に聞いていました。
手ごたえはいかがでしたか?思ったほど難しくなかった?とても難しかった?
いろんな答えが聞こえてきそうです。
受験生の真剣な表情、自分の目標に向かって一生懸命に向かっている姿は、とても美しいものでした。
まだまだ残暑が厳しいですが、目標に向かって勉強に励んでください。応援しています。

次はお知らせです。
9月28日土曜日午後から、本校でプチフェスタを開催します。
今回は家庭科の授業で、紙コップケーキを作ります。
クラブ活動もたくさん体験できます。
参加ご希望の方はホームページから申込お願いします。  
お待ちしています。