おうち時間 私の場合…寺中 恵理

先日、中山先生がお題にしていました「おうち時間」。私も同じですが…私の場合、子供が二人います。こんな時にしか一緒に何かできないので…在宅のときに一緒にお菓子作りをしました。

 

 

 

 

 

 

こんな感じですかね…私的には、既製品の方がはるかにおいしいと思うのですが…。子供たちはやっぱり自分で作ったものが、”さいっこ~!!”と思うものらしく、とても大喜びでした。

自分で作る、自分でできた!という感覚は、何歳でも嬉しいことなのかもしれませんね。

あとは、何でもひと手間を!ということで、

 

 

 

 

 

 

 

いつもの餃子も、ちょっとめんどくさいですが、形を変えてみました!!娘も息子も一緒に包める。なかなか悪戦苦闘してましたが…でも喜んで包んでくれました。いつもと違う感?も大事ですね!!何事にもひと手間ですよね!!

 

 

 

 

 

 

 

カレーも河童にしてみました(ちょっと失敗ですが)。うちの家ではヘビロテのカレーですが、こうしただけで、おいしい!という声。

やっぱりひと手間ですね(笑)

国旗の話

みなさんこんにちは。中学3年B組の東です。
毎日元気に過ごせていますか?

自粛期間が続くみなさんに新しい刺激を!と思い、今日は私が長年はまっているものを押し売りしようと思います!
私は小さいころからなぜか世界の国旗を見るのが好きで、暇さえあれば国旗や地図が描かれた本を見ていました。
ただ、マニアというほどの知識はなく、全部覚えてやろうとか、そういう向上心も全くなく、ぼんやり眺めているのが好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国旗トランプも持っています。オシャレでしょう?

ただ眺めているだけでも十分楽しいのですが、国旗とはそれぞれの国の思いが詰まったエンブレムですから、デザインには様々な意味が込められています。

例えば、トリコロール呼ばれるフランス国旗は、青が自由、白が平等、赤が博愛を示していたり、ギザギザの形が特徴的なネパールの国旗はヒマラヤ山脈を象徴していたりと、その国が誇りに思っているものや大切にしたい信念などが国旗には表れています。

今年予定されていたオリンピックはコロナウィルス感染予防のため来年に延期されてしまいましたが、一年後、オリンピックを観戦するときには選手の応援だけでなく、各国の国旗にもぜひ注目してみてください。

ちなみに私が一番好きなのはパナマの国旗です。植民地時代から何度もデザインを変え、現在の国旗ができたそうです。赤青白の色遣いと星のマークが素敵!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら、なんだかかわいいでしょう?

メダカについて

松本です。
この月曜日、大安吉日にメダカを引っ越しさせました。もとは小さな海苔の入れ物に3匹セットで売られていたものを、大きめの鉢にコーナンの睡蓮や他の水草も適当に入れて作った家に移しました。今のところ全員とても元気で、えさもよく食べます。特選メダカのえさにしてよかったなあと思います。水草を買ったときタニシが紛れていて増殖を続けているのですが、これは気にしなくてよいのですかね。


                       ⇓

”こうどう”   林俊輔

はじめまして。
4月に着任しました。国語科の林俊輔と申します。
どうぞよろしくお願いします。

本日は中学1年生の登校日でした。
担任のクラスでは、皆が揃って登校してくれました。中学1年生には重そうな鞄を背負って、登校していました。鞄の中は一週間分の課題でいっぱいです。一週間の頑張りを持ってきたんだなと思い、ほっこりしました。下校時には、一週間分のたくさんの課題を持って帰宅します。自宅でひたむきに学習に取り組み、また成長して登校してくると思うと毎週楽しみです。頻繁ではありませんが、成長していく姿を目にするというのは、教師という職業のやりがいだとつくづく感じます。

さて、話は変わりますが今回は、私自身の“こうどう”の心がけを紹介したいと思います。

まずは、「行動」する。
誰かに頼まれたことでも、何事にも行動し経験を積む。
何事にも挑戦する心を持ち続ける。

そして、その「行動」を「考動」に変化させていく。
自ら考えて動く。
現状で何が必要なことなのか。
どうすれば、良い結果を手に入れることができるのか。
誰かに言われる前に、自分で考えて行動する。

最後にその「考動」を「幸導」にする。
自分を幸せに導く。
他者を幸せに導く。
自分の幸せを他者と共有し、他者の幸せを自らの糧にしていく。
その糧で、新たな「幸導」をしていく。
その課程が自らの経験となり、自らの成長に繋がる。

“こうどう”を変化させていくことが、自らの成長に、他者の幸せに繋がる。

現在、続々と緊急事態事態宣言が解除されてきて、移動自粛と感染防止を心がけることが必要とされています。一人一人の“こうどう”が重要です。コロナウイルスと共存していくために、自分のできることをする。自分のやるべきことをする。
学校再会の兆しが見えている時こそ、これからの“こうどう”を考えておいてください。
皆さんとお会いし、一生に学びを深めていくことを楽しみにしています。

20年ぶりの信愛    森川 恵美

在校生のみなさん、初めまして。元気にしていますか?四月に着任しました数学科の
森川 恵美です。卒業生のみなさん、お久しぶりです。

懐かしい先生方との再会を喜んだのもつかの間、教師としての非日常が始まりました。
いつもの5月なら「聖母祭」が行われていたはずと、昔を思い出しながら、みなさんの
いない学校で動画を撮り、パソコンにむかう日々。何とかYouTubeで配信できるようになりましたが、やっぱりみなさんの前で、授業がしたい。

早く日常が戻ってきますようにと祈りをこめて、懐かしいテレフォンカードの写真をのせておきます。

少しずつ…  濵口

 皆さん初めまして。この4月に着任しました英語科の濵口です。どうぞよろしくお願いします。
 さて、今日は担任をしている高校3年生の登校日でした。まだクラス全員が揃うのは難しい状況ですが、それでも教室で皆さんの姿を見られることに喜びを感じています。
 先週末に和歌山県では緊急事態宣言が解除され、大阪府でも休業要請が一部緩和されたことを受け、少しずつではありますが、街に人が戻ってきたように感じられます。朝のラッシュの時間帯に慌ただしく会社に向かう人、友達同士で通学する学生、今までのごく当たり前の光景を再び見られることに安堵できる一方で、第2波、第3波の流行の波が来るのではないかという不安も感じてしまいます。「もう大丈夫…」と思いたいところですが、油断は禁物です。だからといって、いつまでも「緩むな!」が続くと必ず限界がきます。皆がこのウイルスを正しく恐れつつ、少しずつ元の生活に戻していく必要があろうかと思います。
 今日も皆さんは自宅で授業動画を見たり、課題に取り組んだりしてくれていることでしょう。今やるべきこと考えてやる。これは休校が続いている今も、学校が再開してからも変わらずに必要なことです。少しずつ状況が良くなりつつあることに喜びを感じながらも、今やるべきことから目を背けず、一歩ずつ着実に前進していきましょう。

おうち時間~北斗七星と共に~ 須賀

 はじめまして。4月に着任しました、須賀と申します。担当教科は理科です。よろしくお願い致します。今日は話題の“おうち時間”を紹介します。もし良ければ実践してみてください。

 さてここ最近は外の空気を吸う時間が少なくなっていることでしょう。そこで、気分転換も兼ねて天体観測してみませんか??とはいっても、望遠鏡を担いで暗闇を探しに行く必要はありせん。家の外に出て夜空を見上げるだけでも立派な天体観測なのです。

 では実際に夜空を見上げたとして、皆さんはどのように、または何を見ますか?「きれいだな」とぼんやり眺めるのも素敵ですし、「大三角とやらを探してみよう!」と挑戦するのも良いですね。本当に楽しみ方はたくさんあるのですが、私からは1つお題を出しておきます。

『北斗七星の7つの星を探してみよう』

 北斗七星と聞いて思い浮かべるのは、北極星の目印・柄杓(ひしゃく)型・おおぐま座の尻尾・北斗の拳…などでしょうか。形がまったく浮かばない人は添付写真を見てください。探し方は名前にある通り、北の方を向いて立ち、夜空を見上げてください。そうすれば北斗七星がきっと見えるはずです。

 そして今回のお題のポイントは、探すのが“北斗七星”ではなく“7つの星”にあります。実は北斗七星の7つの星のうち1つは3等星(他は2等星)で、街明かりのあるところでは見えない可能性があります。これを利用して『皆さんは何等星まで見えていますか?』を裏テーマとします。

・7つ全て星が見えた ⇒ 3等星までは確実に見える
・6つ見えたが1つ見えなかった ⇒ 2等星まで見える
・1つも見えなかったが、北斗七星以外に見えている星がある ⇒ 1等星のみ見えている      
・3つ見えた ⇒ 2等星でも明るい星なら見える

 人が肉眼で見ることができるのは6等星までです。もし晴天の日に6等星まで見えていれば、約4000もの星が見えていることでしょう。しかしたとえ1等星しか見えなくても十分楽しめます。例えば七夕で有名な織姫や彦星は1等星です。明るい星はみな何かの星座に属したり、神話に登場したりして昔から親しまれてきたのです。

 最後に、今はストレスの溜まる生活になっているかもしれません。ふと夜空を見上げ時、そこに浮かぶ星たちを見て「綺麗だなぁ」と思えるくらいの心のゆとりを持って皆さんが毎日を過ごされることを願っています。

 長文となりましたが最後まで読んで下さりありがとうございました。

P.S.はじめにおうち時間の紹介と書きましたが、よく考えると家の外に出ていますね。

写真は拡大しないと見えにくいです。すみません。

校舎     平山ありさ

中3のみなさん無事家に帰りましたか?
週に1回ですけど、やっぱり皆さんの顔を見て少しだけでも話せると、安心もできますしなんだか嬉しくなりますね。
はやく学校が再開できるといいなぁ~。

ところで今日は先生方と旧校舎の話をしたのですが、みなさんは以前の校舎を知っていますか?
今の校舎ができてから7年経っていますので、在校生で知っている人は恐らくいませんよね。
卒業生の方なら覚えているかもしれませんが、現在の図書室辺りに食堂があったのです。食堂の奥に図書室があったり、1階には他にも保健室があったり、コピー機が置いてあるコピー室
などもありました。今のエントランス辺りには2クラス入るぐらいの大きな補助教室もありました。イメージできますか?笑 今とは全く違いますよね。私自身ここまで思い出すのには時間がかかってしまいました。。。昔の記憶ってなかなか思い出せないものですね。未だに公衆電話の置き場所を思い出せず、やきもきしているところです。笑

新入生のみなさんは学校での授業も無かったので、まだ十分に校舎の中を知らないと思いますが、また学校が再開して落ち着いたら学校の中を少し探検してみるのも楽しいかもしれませんね。

高2登校日 高木智視

今日の午後は高2の登校日でした。久しぶりにみんなの顔を見ると、ほんと力をもらえるように思えます。コロナになって、いろいろ不自由なことで、しんどいな、と感じることもありますが、あらためて、人と会うこと、人の笑顔のすばらしさ、日常のありがたさをしみじみと感じます。先日、和歌山は非常事態宣言が解除されましたが、もうちょっと我慢ですね。ここで安心して用心しないと第2波のコロナが起こるかもしれないからね。もう少し待ちましょう。

中1登校日でした。      池内 理香

今日は、中学1年生の登校日でした。
クラスは皆そろって出席することができました。先週の登校日から今日までの課題も、頑張って取り組んでいる様子が分かりました。動画での授業にも少しずつ慣れて、視聴した動画の感想なども、簡単にでしたが聞くことができてうれしかったです。
クラスみんなの顔をマスク越しにしか、まだ見ることができていなくて、何となく距離を感じるところもあるのですが、やっぱり登校してきた皆さんと直接会って、同じ空間で過ごせる時間はとても貴重だなと思います。
気がつけば、もう5月も半ばを迎え、出勤途中にみえる山々は新緑の時期をそろそろ過ぎようとしています。通常なら、この時期の学校行事として、「聖母祭」行われている頃だと職員室に吹く爽やかな風の匂いから感じることができました。