1学期終業式でした         若野真希

今日は、令和3年度第1学期終業式でした。

といっても、教室で放送を聞くスタイルでした。

体育館での終業式より暑くなく、時間も短縮できて、コロナ感染予防の観点からもよかったと思うのですが、表彰伝達については、校長先生から手渡していただけないのは少々残念に思いました。でも、あんなに、たくさん、校長先生から賞状をもらうのも不可能でしたね・・

さて、今日の私の心の中には、「1学期の終業式なので1学期をふりかえり、総括する。」こともありますが、

「総文祭が無事に行われますように」という思いが大きく占めています。

昨年はコロナで開催されなかった「総文祭」ですが、今年は和歌山で開催されるということで、たくさんの高校生や、周りの関わってくださった方にとって、長い時間や思いを注いできた「総文祭」が無事、開催されることは、悲願であるのだと思います。

和歌山信愛高校の1年生は、それをお手伝いすることになっています。運営のお手伝いをしたり、パレードのプラカーダーとして参加します。コロナ感染者数が急増する中ですが、パレードが行われることが決定されたら、感染予防に気を付けながら、また、暑さ対策をしながら、パレードに参加する全国の高校生の力になれるよう頑張りましょう。

暑いですが・・・   濵口

梅雨が明け、暑い日が続いていますが、体調を崩していませんか。昨年もそうでしたが、この猛暑の中、マスクをつけて過ごすのは、本当に苦しいですね。しかし、一向に収束の気配が見えないこのコロナ禍において、それくらいの我慢をすることは、当然のことのような気もします。医療従事者の方々をはじめ、休業や時短営業を余儀なくされている飲食店経営者や従業員の方々の苦労や困難を想像しながら日々過ごしたいものです。

新型コロナウイルスによって、私たちは突然、当たり前の日常を奪われ、明けの見えない我慢を強いられることになりました。しかし、想像力を働かせ、よく考えてみましょう。我慢を強いられているのは、自分一人ではありません。皆です。皆、何かを我慢しながら過ごしているのです。

皆さんは、もうすぐ夏休みですね。自分さえ、あるいは自分たちさえ楽しければ良いという考えで過ごすことのないように。もちろん、遊びも勉強も存分にしてもらいたいのですが、コロナ禍であるということは忘れず、節度を持った行動を心がけてください。

毎日、蒸し暑いですね! 中谷 良

毎日蒸し暑いですね。でも、あと少しで夏期休暇です!コロナ禍でなかなか自由が利かないですが、みなさん、いろいろ夏期休暇中の予定を立てていることと思います。楽しみですね。

ただ、夏休みが始まる前に終業式があります。さらに終業式の日には、丁寧掃除もあります。1学期の締めくくりとして凛とした気持ちで終業式に臨み、きっちり掃除したいものです。そうすれば、気持ちよく夏期休暇を迎えることができると思います。

掃除することは良いです。すごく良いです。身の回りがきれいになるだけでなく、心も晴れやかになります。夏期休暇中も家の中を掃除してみてはいかがですか。すっきりしますよ。蒸し暑さも気にならなくなります、おそらく。とくにダイソン掃除機で掃除すると、ホコリだけでなく、目に見えないハウスダストまでダイソンお得意の「吸引力」で根こそぎ吸い取ってくれます。私は掃除が終わった後に、集まったゴミの量を確認して、毎回感動するはずです。ダイソンじゃなくても良いので、ぜひ、みなさんも今年の夏は「掃除の夏」にしてみてください!

 

 

東京オリンピック開幕まであと3日!!  林 三千夫

こんにちは!本日、担当させていただきます林です。よろしくお願いいたします。
いよいよ夏本番の天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
コロナ禍でのオリンピック・パラリンピック東京大会も、23日の開幕まであと3日と迫ってきました。
開幕が近づくにつれ、様々なアスリートの紹介やドキュメントをテレビで流れています。「番組」という様々な演出があるとはいえ、アスリートの人間模様にはとても惹きつけられるものがあります。
どのアスリートの話を聞いていても共通することは、
・目標を設定し、
・現在の自分の位置を知り、
・期限までに「いつ」、「何を」、「どれだけ」するのか逆算して明確にし、
・ひたむきにやり続ける。
ということが共通していると思いました。
目標設定~期限までに明確にするところまでは、誰でもできることですが、最後の「ひたむきにやり続ける」ことが、並大抵のことではないと思います。多くのアスリートが、途中であきらめたり、続けられなかったりする中で、目標を達成できるアスリートには、喜びや悔しさ、感謝する心、情熱、理念、信念が突き動かしているのだと思います。「家族のために」、「応援してくれている人のために」、「子どもたちのために」という「~のために」という強い信念を感じます。その想いから繰り出される素晴らしいパフォーマンスに、多くの感動や勇気をもらうことができます。

無観客となりましたが、映像を通してアスリートたちが全力で戦う姿を見て、世界中のすべてのトップアスリートに熱いエールをお送りたいと思います!そしてオリンピック・パラリンピック両大会が無事、最終日まで開催され、大成功に終わることを祈念しています。

第75期高校生徒会役員選挙     中谷 由利加

みなさん、こんにちは。本日、高校生徒会の役員選挙が行われました。今年も昨年に引き続き、動画で立候補者の演説を見てからの投票となりました。今年は、高1・高2合わせて21人もの立候補者がおり、その意欲の高さが伺えます。しかしながらその分、激戦になることも間違いありません。それだけに、立候補者は選挙ポスターから動画までそれぞれ工夫を凝らし、我々教員もその技術力の高さに驚かされました。学校への熱い想いを語る者、斬新なマニフェストを掲げる者など個性豊かな演説動画でした。明日には結果が発表されます。

誰が当選したとしても、第75期という節目の生徒会をしっかりと盛り上げ、より充実した学校生活を送れるように頑張ってほしいと思います。立候補者のみなさん、疲れさまでした。

紀の国わかやま総文2021 リハーサル 入口鈴

7月31日から8月6日に第45回全国高等学校総合文化祭が和歌山県で行われます。全国高等学校総合文化祭は、全国から各都道府県を代表する高校生が集結し、美術作品の展示や演劇・音楽の舞台発表など芸術・文化を披露する、日本の高等学校の文化の祭典です。高校1年生がこの文化祭の役員として参加してくれます。そのリハーサルが本日行われます。何事もそうですが、大きな舞台や大会などは、裏方の仕事をしてくれる人がいてこそ成り立つものです。貴重な体験になると思いますので頑張りましょう!!!

Wakayama on Foot  Xan

Yesterday, all of the first-year high school classes divided into groups and went out to do some field work.

My group walked the streets on a guided tour from JR Wakayama station all the way to Nankai Wakayamashi station. We stopped along the way in several places, including two shopping arcades , Daishin Park, Honmachi Park, the Civic Library and more.

It was very hot outside, and the parks had many biting insects, and that was too bad. However, the tour was wonderful! I learned about so many things in the city. I have only been in Wakayama for a few months now, so I was able to discover so many unique shops, and see the special places in the city. I had been through many of those same areas on my bicycle or in a car, but the experience is very different when you walk through. I feel more closely connected to Wakayama now…

… And also to my students! One of the most fun things I did that day with them was to ride on a very unstable double bicycle around Honmachi park as they screamed in a mix of delight and terror. It was a wonderful day!

IMG_3084 2

本日は…   藤田 淳四郎

7月15日。私事ですが、32歳の誕生日を迎えました。

昨年度担任していた同じ誕生日の今春の卒業生からもメッセージをもらいました(^^)

コロナ禍の中で、なかなかイメージしていたような大学生活は送れていないかもしれませんが、彼女たちの19歳の1年が実りあるものになることを祈っています。

そして、この4月からは高校1年の担任となり、本日、高校1年生はリージョン(探究)活動の一環として、フィールドワークを実施しました。私が担当する農業分野では、みなべ町と田辺市の上芳養を訪れました。

お話を聴かせていただいたり、現地を視察させていただいたりと、お忙しい中、多くのみなさまにご協力をいただくことができました。貴重な機会を設けていただきありがとうございました。

探究活動では、生徒のみんなは自分たちなりに与えられた課題の解決策を考えてきました。しかし、最近の活動では少し行き詰っている様子も見受けられていました。今日のフィールドワークを通して、新たな気づきや発見があったことでしょう!次回の高校1年の探究活動は、来週の月曜日です。再度、新しい視点を持って与えられた課題に挑んでいってほしいものです(^^)

来週の月曜日といえば、高校1年A~F組のみなさんは、日々取り組んでいる朝の計算の大テストの実施日ですね!さあ、今年度初めての計算大テスト。どんな結果になるか楽しみだ~!!

地域協働事業 高校1年生の取組み 西川誠則

担任をしている高1学年のタイムリーな活動を紹介します。

高1学年は、4月の新入生研修会でのオリエンテーションから始まり、5月のパネルディスカッションを経て、各々希望の分野に分かれて「リージョン(=地域)探究」活動を始めています。

今年は「経済」、「医療」、「産業」、「農業」、「行政」、「林業」の6分野です。

各分野ではグループごとに探究テーマを設定し、10月の中間発表に向け、具体的に動き始めました。

そして、いよいよ7月15日(水)にはフィールドワークに出かけます。

私が担当する「林業」は田辺市にある和歌山県農林大学校林業研修部を訪れ、レクチャーを受ける予定です。

大学校では10代から60代までの11名の研修生(学生とは呼ばないようです)の方々もお世話をしてくださるということで、生徒たちも楽しみにしている様子です。

巷ではNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」について耳にすることが増えてきていますが、その舞台は宮城県のとある森林組合です。

ドラマの中で、「森と川と海はつながっている」ということを伝えるシーンがありました。同じように、「木の国」和歌山でも、また和歌山でこそ深く学べるものがあると思います。

当日は熊野古道中辺路の伐採作業現場も訪れる予定になっています。

現場の声に耳を傾け、現場の空気を肌で感じて、多くのことを手に入れて帰りたいと思います。

漫画と数学       金森英岳

こんにちは、お久しぶりです、金森英岳です。1学期の期末考査が終わり、採点された答案が手元に返ってきている頃でしょう。結果だけに一喜一憂するのではなく、しっかりと反省して、次に繋げましょう。

さて、みなさんは『呪術廻戦』という漫画を知っていますか。週刊少年ジャンプで連載されており、アニメ化もされ、劇場版の公開も発表されるなど、とても人気のある作品です。

私の息子がこの『呪術廻戦』にはまって漫画を購入したので、私も読んでみました。内容はというと、人間の負の感情から生まれる呪いや「呪霊」
といわれる化け物を「呪術」を使って祓う、呪術師の闘いを描いたダーク・ファンタジー・バトル漫画で、呪術師たちが、呪術を悪用する人間である呪詛師たちと闘います。個性豊かでかっこいい呪術師たちが多く登場し、それぞれの呪術を擁して活躍します。

とは書いてみましたが、理解できましたかね。私も、漫画を読んでいてもよく分からないところがたくさんありました。

私がこの漫画を読んでいて興味を持ったのが、「無限級数」や「収束」や「発散」などの数学の用語が出てくるところです。さらに「アキレスと亀」の話も出てきます。

「アキレスと亀」というのは、古代ギリシャの哲学者ゼノンが唱えた、とても有名なパラドックスです。ものすごく足の速いアキレスが、とんでもなく足の遅い亀を少し後ろから追いかけるのですが、どういうわけか、いつまでたってもアキレスは亀を追い越せないというのです。アキレスがはじめに亀のいたところに追いついた時には、亀はわずかに前進している。 再びアキレスが追いかけて亀がいたところに追いついた時には、さらに亀はわずかに前進している。 これを繰り返す限り、アキレスは亀に追いつくことはできないというのです。みなさん、納得できましたか。

このようなお話が『呪術廻戦』に登場する呪術にどう関係しているのか、「無限級数」や「収束」や「発散」などの数学の勉強がどう呪術に活かされているのか、興味を持った人はぜひ『呪術廻戦』を読んでみてください。