「月の満ち欠けがあっても 月自体に何も変わりはない」大音雅子

 半年ぶりの「百人一筆」担当です。その文章を秋が深まってまいりました・・・との書き出しで始めようと思っておりましたら、昨日は急に気温が下がり、「冬の足音が聞こえるように感じます」の方が良いかもしれないと思いながら過ごしましたが、今日は少し気温も戻り、秋空が広がる心地よい一日となっています。そんな秋の一日、学校は朝から行事が目白押し。(一部はホームページ新着情報にもアップされております)
 朝1限目は全校生徒、4時間目には教育後援会の皆様が、長崎南山中学校高等学校の校長・理事長である西経一神父様のお話をうかがいました。西神父様は、生徒が卒業までに必ず一度お話をうかがえるように・・・と三年に一度お忙しい中をお話に来てくださいます。「神父様のお話って、ミサのお説教のようなお話かな」と生徒達は思いながら席に着いていますが、お話が始まるやいなや、自分の予想は大きく外れていることを知ります。最初から会場全体は笑いの渦に巻き込まれ、神父様の軽妙な語り口に聴衆全員がぐんぐんお話に引き込まれ、気がつくと神父様の温かい心がにじみ出る言葉一つ一つが心に染み、「人としての大切なあり方」がドーンと魂に響いてくる頃、お話の終わりとなります。そのようなお話ですのでごく自然に生徒達も面白いところでは大いに笑いますが、すぐ切り替えてお話に耳を傾ける”Good audience”となります。
「月は満ち欠けをしますが、それは太陽に照らさせる部分が違うからであって、月自体には何の変化もありません、そのようにあなたたちも、光が当たって褒められる時ばかりでなくても、あなた自身に何も変わりはないのです。自分は自分のままで誇りを持って生きればよいのです」と。私の文章力のせいで、皆さんに西神父様の大切なお話がうまく伝えられていないのではと懸念しつつ、ほんの少しでも神父様のお話を共有させていただきたく、書かせていただきました。
 そして2限目、生徒は授業、同時進行で中2の保護者会が開かれました。
続いて3限目は授業参観。夏休み中に各教室にプロジェクターが設置されましたので、プロジェクターを使った授業が一気に増えています。この私もタブレットとミラリングさせ、プロジェクターを使う授業に参戦!?し始めています。これまでほとんどカメラとeBooks機能しか生かせていなかったiPadという新たな道具を授業に活用しはじめ、今はワクワクドキドキ、最初は「出口の見えない深くて暗い森に入り込む」気持ちでしたが、今は周囲に教えを請いながら出来ることが一つ一つずつ増えていくことが楽しくてアミューズメントパークの入り口に居る気分です。さて、どこまで行けますことやら。随分キャリアも重ねてきましたが、”No man is so old but he can learn.” 生徒達が少しでもアクティブになって授業に向かってくれるよう願いながら、新しいことにチャレンジしていこうと思う秋の夕暮れです。
 今日も素敵なお話を聞かせてくださった西神父様、お忙しい中を学校に足をお運びくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

高校時代の思い出 岩下拓也

高校時代の話をします。私の高校は、仏教(真言宗)校でした。毎朝、全校生徒がグラウンドに集まり、般若心経を唱えます。世間から見ると異様な光景でしょう。1年生は高野山、2年生は法隆寺、3年生は伊勢神宮に修行に行きます。中でも高野山での修行がまさに登竜門でした。大阪の都心にある高校でしたので、高野山に行くときはバスで行くのですが、そのバスの中は終始沈黙、弘法大師の生い立ちムービーを観る、無駄な音を一切立てない。高野山に着いてからは、修行僧と同じ気持ちで生活をします。2泊3日、入浴は出来ず、食事中は会話することもなく、正座で頂きます。ほぼ般若心経を唱え、写経をして一日が終わります。帰りのバスも修行は続いているので、気持ちは一切緩みません。家に帰り、ご飯を4杯分食べたことは今でも覚えています。
そんな仏教教育を受けてきた私ですが、現在キリスト教(カトリック)校である信愛で教員をしていて、仏教とキリスト教の違いに日々面白さを感じています。もし、仏教に関して聞きたいことがあれば、多分?何でも答えられるので是非聞きに来てください。

「2019年度全国高校生フォーラム」に向けて

和歌山信愛は今年度より地域協働事業(グローカル型)の採択を受けましたが、その採択のおかげで参加することができるのが、全国のSGH校およびWWLコンソーシアム支援事業校、そして地域協働事業校の生徒たちを東京の国際フォーラムに集めて行う文部科学省主催の「全国高校生フォーラム」です。
グローバルな社会課題をテーマに探究活動を行なってきた成果をポスターセッション形式で発表するというイベントなのですが、何とポスターセッションでの使用言語は英語!審査員からの質問も英語で飛んでくるというなかなかハードなイベントです。
昨年度もSGHのアソシエイト校として高2、高1の混成チームで参加しましたが、他校の生徒たちの日本語のように淀みなく話す英語に終始圧倒…でも、そんな世界があることを見て、刺激を受けることも大きな学びです。

さて、今年度は12月22日に開催されるのですが、先日の高2の「グローバル探究」のポスターセッションを踏まえて、「子供の貧困問題」をテーマにしたグループに参加してもらうことにしました。

現在は、発表の内容を考えつつ、文部科学省に提出する英語での発表タイトルと要旨の作成中。
その後、英語での発表概要、ポスター作成とやらなければならないことが山積みです。

本日で期末テストの2週間前ですが、しっかりと両立させながら頑張ってくれると思います。(大村)

オンライン英会話の体験 南出菜乃花

朝夕の冷え込みが厳しくなってきていますね。みなさん、風邪などにはご注意ください。

さて先日のことですが、オンライン英会話の体験をさせていただく機会がありました。ご存知の方も多いかと思いますが、オンライン英会話とはタブレットとヘッドセットを使って、フィリピンにいるネイティブの先生と日本の生徒が一対一で会話をするというものです。私が信愛に通っていたころは、学校内のネイティブの先生による授業はありましたが、毎週のように初対面のネイティブの先生と会話するという授業はありませんでした。

私はドキドキしながら初めてのオンライン英会話に臨みました。最初のうちこそタブレットの操作などに戸惑うこともありましたが、相手の先生との会話をとても楽しむことができました。互いに自己紹介をしたり、自国のおすすめを紹介しあったりと様々なことを話しました。いちばん面白かったのは、日本では肌寒かったその日がフィリピンではとても暑い日だったというものでした。画面に映る相手の先生と私の服装が全然違うということで、二人で大笑いしました。あっという間に時間が過ぎ、会話が終了しました。その後は、感想などを相手の先生にメールで送信しました。

オンライン英会話を体験してみて学んだことは、失敗を恐れないことの大切さでした。文法が間違っていたらどうしようなどと考えずに、とにかく何か言ってみてから会話を続けるという場面が多々ありました。きっと生徒のみなさんも当初ほど恐れずに、オンライン英会話に臨んでいることでしょう。

これからも生徒のみなさんには、失敗を恐れずに様々なことにチャレンジしてほしいなと思っています。そして、一週間に一時間だけのオンライン英会話を楽しんでください!また、相手の先生と話したことなどをお友達やご家族の方などと共有してみましょう!

Happy Pockey Day! – Allen

Good morning everyone. Today is November 11th, and it is Pockey Day in Japan. Why?   Because 11/11 looks like pockey snacks. Honestly, this is just a clever marketing idea by the company. If you can associate a calendar day with your product, then it will get more recognition. Another example is on Mother’s Day in Canada, many many people buy Kentuky Fried Chicken. They have succeeded in linking that event and their product as a way to “give mothers a break from cooking”. Clever, right?

Today I have a quiz for you. If 11/11 is Pockey Day, how about these other dates?

November 11 = Pocky Day!

November 29 =

January 5 =

August 3 =

August 7 =

December 3 =

Hints: Good meat day! One Two Three day! Strawberry day! Banana day! Honey day!

In other countries, November 11th has a much more serious meaning. Why don’t you search for “Remembrance Day” to learn about the Canadian holiday?

中学1年生 世界遺産熊野古道へ

中学1年生は世界遺産の熊野古道へ行ってきました。散策日和の中、語り部さんに案内をしてもらいながら、伏拝王子から熊野本宮大社を目指しました。私自身も熊野古道は初めてで、とても楽しみにしていました。神秘的な雰囲気の中、マイナスイオンを浴びながら、約4km歩きました。私は最後尾を写真を撮りながら歩いていましたが、時折生徒から「先生、大丈夫?」「先生、早く~」と心配され、励まされながら歩きました。(弁解するようですが、写真を撮っていたので少し遅れて歩いただけで、みんなについていけなかった訳ではありません。)気遣ってくれる(?からかってくる?)生徒たちの優しい気持ちに、更に癒されながら楽しく歩くことができました。また年齢のことを言われるので、だまっていましたが、私は筋肉痛でふくらはぎが痛い一日でした。1年生のみんなはたくさん歩いた翌日の今日も元気いっぱいでした。                 田中多佳枝

中3 職業体験学習   木村 宣史

朝、布団から出るまでの時間が日に日に長くなっている木村です。でも、寒さが増してきて季節が動いていることを肌で実感できるこの時期が、私はけっこう好きです。“寒い!”と思いつつも、気持ちが“シャン”とするからです。

私は今年度中学3年生の担任をしているのですが、彼女たちはこの2日間、各事業所の方々にお世話になりながら職業体験学習を行っています。4月から少しずつ自分の進路や将来就く職業についての考察を進めてきて、ようやく実際の現場で働くという機会をいただくことができました。昨日が初日で、私も他の先生方と手分けして各事業所を回り、生徒たちの様子を見学してきました。初めての体験に戸惑いながらも楽しみながら仕事をしている様子を見て、少し安心することができました。

以前聞いたことがあるのですが、「はたらく」とは“端(はた)”を“楽(らく)”にすることだという考え方があるそうです。端(はた)とは周囲、周りの人たちのことを指します。自分が自分の持てる力をしっかり出すことで周囲を楽にしてあげる。それが「はたらく」ということの本質なのではないかと思うのです。生徒たちが今回の職業体験学習を通して何か「はたらく」ということの意味をつかんでくれたら幸いです。

さて、今日は2日目、昨日よりもスムーズにお仕事ができているか、今からチェックに行ってきます!

大学体験 水上龍太郎

朝晩の冷え込みの厳しい今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。高校1年担任の水上です。

本日、高校1年、2年生は大学体験に参加しました。
関西圏の様々な大学へ行き、
模擬講義を受講させていただき、
施設を見学させていただき、
昼食は食堂を利用させていただき、
大学生活をちょっぴり体験できました。
私は大阪大学の方へ引率をし、
レーザー科学研究室、核物理研究室へお邪魔し、
国内最先端の実験施設を見学することが出来ました。
信愛卒で現役阪大生のOGも来て話をしてくれ、
生徒達は身近な先輩の話を聞くことができ、
また活発な質疑応答も行われ、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
高2生は、具体的な大学生活のビジョンが見えたのではないでしょうか?
高1生は、文理選択、引いては進路を考える上で貴重な体験だったのではないでしょうか?
いずれにしても、ただ「大学見てきた」ではなく、
前向きに勉学に励むためのきっかけのひとつにして欲しいと思います。
最後になりましたが、本日お世話になりました各大学の職員のみなさま、
お忙しいところ誠にありがとうございました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

物故者追悼ミサ

朝方の冷え込みには、少し体にこたえる季節になりましたね。
11月、カトリック教会では「死者の月」に入りました。今年1年間や今までに亡くなられた故人を悼む期間です。本日、和歌山信愛も「物故者追悼ミサ」が行われ、生徒全員が祈りを捧げました。とても静かな雰囲気で執り行われ、会場の一体感、ミサの中で歌われる聖歌、そして何より生徒各人が心に想う故人への祈りが、会場全体を包み込んでいました。
11月という静かな月に故人を悼み、12月の待降節に備える。年の瀬の忙しい時期に向かう中で、少しここで歩調を落とし、過去の人々に思いを馳せることもいいですね。                          西村

「One Team」での勝利!   山本茂樹

新着情報でもアップしましたが、本日行われた春高バレーの和歌山県大会決勝におきまして、見事開智高校を下し本校が優勝しました!
セットカウントは3対1ということで圧勝のようなイメージですが、実際にはチーム力は紙一重で、一つ間違えば本校も危なかった試合でした。しかし、ここぞというところで力を発揮し、見事な勝利を収めてくれました

信愛と開智、勝負の行方を決めたのは何でしょうか。
私は信愛が「One Team」になれていたことが勝因ではないかと考えます。「One Team」とは、現在開催中のラグビーワールドカップにおける日本チームのスローガンでした。予選リーグを勝ち上がり、初のベスト8に進んだ快進撃は、ラグビーのルールが分からない方ですら魅了したのではないでしょうか。おそらく個々の力では日本の選手に対して圧倒的な力を差を持つ国が多いと思いますが、日本はそのなかで予選リーグ全勝という快挙を成し遂げたのです。その日本代表の田中史朗選手が、チームが一つになった理由を次のように語っています。「一緒にいる時間が長かったからこそ、常にミーティングをしている状況ではありました。トータルでいうと1年……250日近くずっといたので、その中でお互いが話す機会はありました。家族よりも長い時間、一緒にいましたからね。もう家族のようなもので、それがワンチーム……1つにまとまることができた理由でもあると思います」

信愛では地域協働事業校としての活動で高校1年生は全クラスが混在して一つのグループを作っています。当然、バレー部の生徒たちと同じグループになる生徒もいます。その生徒たちが、今日は一所懸命に同じグループの生徒のことを応援してくれたはずです。いや、そのような生徒たちだけではありません。バレー応援の練習に参加した生徒たち、登下校のときにバレー部の姿を見ている生徒たち、いろいろな生徒たちが今日はバレー部の応援をしました。まさに、信愛が「One Team」になったのだと思います。

今日はバレーボール部の応援でしたが、バスケットボール部も現在全国大会の予選を戦っている最中です。運動部だけではありません。高校3年生は、毎日大学入試に向けての勉強を頑張っています。これからも信愛生には、「One Team」、つまり「一つの心 一つの魂」で頑張って欲しいと思います。