ひなまつり          池内 理香

今日は3月3日「ひな祭り」の日です。
ひな祭りは、古くは「上巳の節句」「弥生の節句」などの呼び名があり、五節句(5月5日の端午の節句や7月7日の七夕の節句など)の一つにあたります。ひな祭りの歴史は古く、その起源は平安時代(約1000年前)にまでさかのぼります。その頃は、3月の初めに無病息災を願うお祓いの行事として、神に祈り、季節の食物を供え、人形に自分の災厄を托して海や川に流しました。また、その頃、貴族の娘たちの間で「ひいな遊び(ひいな=お人形)」とよばれる、紙などでつくったお人形での遊びが行われていました。こうした行事と遊びが長い月日の間に、重なり合って、現在のようなひな祭りになったといわれています。
 室町時代のころに、この節句が3月3日に定まったそうですが、まだその頃は、お祓いの行事の色が濃いものだったようです。今のようなひな人形を飾る華やかな女の子のお祭りとなるのは、戦国の世が終わり、世の中が平和になった江戸時代からのことです。江戸時代以降、形を変えながら今の「ひな祭り」へと続いてきました。
 桃の花にひな人形を飾り、ちらしずしとハマグリのお吸い物、ひし餅にひなあられを準備して祝う3月3日のひな祭り。冬の寒さも和らぎ、春の日差しが感じられるこの日は、少しうれしい気持ちになれますね。

学年末考査3日目

こんにちは。国語科の上田です。

信愛では昨日卒業式を終え、本日は学年末考査3日目となります。
「3学期は次の学年の0(ゼロ)学期」と言われますが、高3生の卒業をもって、在校生の皆さんは今日から実質的に一つ先輩になりました。

昨日の卒業式答辞の中に、野球のイチロー選手の「壁というのは、できる人にしかやってこない。こえられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている」という言葉が紹介されていました。
聖書の中にも、神様は試練と共にそれを乗り越える力も与えて下さるという旨の言葉があるそうです。このような思いを持って世の中に一歩踏み出す凜とした卒業生の姿に、幸多かれと願った昨日でした。

卒業生には国公立の中期・後期入試、在校生には学年末考査が目の前にあります。
目の前の壁を、自己を高めるチャンスとする意気込みを持って、まっすぐに頑張って欲しいと思います。

卒業式  大村 寛之

3月1日。
この日信愛では例年高等学校の卒業式が挙行されます。今年度は、いつもとは少し違った形とはなったものの、無事に第70回の卒業式を行うことができました。高校3年生の学年団を代表して、少しご報告をさせていただきます。

コロナ禍における卒業式。もちろん全員がマスクを着用し、座席の間隔を確保するために在校生は不参加。また、卒業証書の名前の読み上げも代表者のみ。そして、信愛の卒業式の最後を飾る祝歌や卒業の歌は周囲を配慮しながら…。しかし、各家庭1名という制限はあったものの、保護者の方に卒業式に参加していただけたことは本当によかったと思っています。もしかするとこの形がこれからの卒業式のスタンダードとなってしまうのかもしれません。しかし、形は違っても、その場にいた全ての方々が、現状における最高の形で卒業生を送り出したいと考えてくださっているという雰囲気に信愛の卒業式の伝統が変わらず息づいていることが感じられる感動の卒業式でした。高校の3年間、この学年に関わってきた教員としては、卒業式を支えてくださった皆様に本当に感謝しかありません。

さて、卒業式では、様々なお話があり、その言葉をきっかけに、様々な思い出が次々と思い出され、ついつい目頭が熱くなる(ですまないという説も)場面も多々ありましたが、個人的には、校長先生の「ナイル川を渡るアリ」のお話が心に刺さりました。もしかするとご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、アリたちが互いに離れないようにしっかりとつながってボール状になり、それぞれがわがままを言わず、水上、水中と交代しながらほとんど犠牲をだすこともなく大河を渡りきるというものです。しかし、近年、地道に努力することを軽視したり、過去のものを破壊することがもてはやされたり、自分だけが気持ち良ければそれでいいといったような風潮が強く感じられるようになっています。ぜひ、卒業生のみんなには、私が知る限り卒業式に初めて小道具を持ち込んだ校長先生の熱い思いを胸にこれからの人生を歩んでほしいと思います。

さて、在校生の皆さん。果たしてこの文章で伝わったかどうか自信はありませんが、信愛の卒業式はとてもとてもすてきです。たった、2人の在校生しか今年度の卒業式を体感することはできませんでしたが、ぜひこの信愛の卒業式の伝統をこれからも紡いでいってほしいと思っています。

卒業生の皆さん。一応、卒業はしましたが、まだ国公立大学の前期試験の結果も発表されていません。今日はともかく、明日からはさっと切り替え、中後期への準備を再開しましょう。きっとそんな人にうれしい報告は届くと思います。

そして、最後に少しクラス担任としてのコメントをお許しください。A組のみんな、お菓子の下に隠されたコメントありがとう!!涙なしには読めませんでした(おかげで頭痛が…)そして、そっと忍ばされたStussyのペン、さすがです!

もうすぐ新刊が並びます!   峯尾直美

昨年より在宅時間が増えライフスタイルが変わりました。
2020年の調査によると、コロナ禍で読書量が増えているようです。
「書物は脳に良い」と言われ、読書には癒し効果があります。
気晴らしをしたり、ネガティブ思考の連鎖を断ち切る手助けもしてくれる。
ストレスの多い今、その重要さが増しているのですね。

信愛図書室では学年末考査が終わると、新刊コーナーが一新されます。
また3月6日からは春の借り放題が始まります。
ハリー・ポッターの作者最新刊『イッカボッグ』、2021年本屋大賞ノミネート作品の
数々等が新刊書コーナーに並びますので楽しみにして下さいね!

では、新刊から本屋大賞ノミネート作の1冊をご紹介しましょう。
『お探し物は図書室まで』
お探し物は、本ですか?仕事ですか?人生ですか?
仕事や人生に行き詰まりを感じている5人が訪れた、町の小さな図書室。「本を探している」と申し出ると「レファレンスは司書さんにどうぞ」と案内してくれます。本の相談をすると司書さんはレファレンスを始めます。
不愛想なのに聞き上手で、相談者は誰にも言えなかった本音や願望を司書さんに話してしまいます。
司書さんは一風変わった選書をしてくれます。図鑑、絵本・・・本のリストを印刷した紙と一緒に渡されたのは羊毛フェルト。
「これはなんですか?」と相談者が訪ねると、司書さんはぶっきらぼうに答えます。「本の付録」と・・・。
自分が本当に「探している物」に気づき、明日への活力が満ちていくハートウォーミング小説。

本屋大賞の発表は4月14日!ノミネート作を読みながら大賞予想をしてみては?

かわいくアレンジできました! 手古 英美

今日から学年末試験がスタートしました。初日の出来具合はどうですか?思うようにできなかった人もまだまだ挽回のチャンスはあります。諦めずに最後まで頑張りましょう。

話は変わりますが、先日華道部でフラワーアレンジメントのワークショップを行いました。部員以外にもたくさんの生徒の皆さんが参加してくれ、みんなで楽しくアレンジすることができました。ここで参加してくれた人達の作品を紹介します!!

 

みんな個性豊かでかわいくアレンジ出来ていますね!!

 

普段お花に触れる機会があまりない人が多いかもしれませんが、お花は可愛くて見ていると心が穏かになりますよね。試験勉強の癒しに、一輪でもお部屋に飾ってみるのもいいかもしれませんね。

つぶやき美術館   川本 清美

今回の『つぶやき美術館』は、中学3年生の作品「アートグラス」を紹介します。

テーマは「自分らしさ」です。まずは、さまざまな角度から自分自身をしっかり振り返り、そこからアイデアを練っていきました。画用紙に絵を描くのとは違って、黒く塗られたアクリル板をニードルで削ることで描いていく技法です。色についても、各々が最後までこだわり切った自信作に仕上がっています。

一つひとつの作品をじっくりご堪能ください。

学年末試験 直前!! 酒井慎也

明後日から学年末試験です。生徒の皆さんは試験勉強に励んでいることでしょう。

私のところにも、質問にくる生徒が増えてきました。

物理や化学の質問が来て、生徒と一緒に勉強しています。

質問に来る生徒は、テスト前で焦っていることと思いますが、私は、生徒がどこで躓いているかを勉強するとてもいい機会として捉えています。

どこをわかっていないのか、何を勘違いしているのか・・・などなど、生徒の質問を聞いて自分の授業に活かせる事は多いです。だから、生徒の皆さんは、遠慮なく質問をしてください。私も皆さんと一緒に勉強していきたいと思いますし、それが学校教育の醍醐味であると思います。

では、テスト頑張ってください。応援しております。

ただ・・・できれば、テストの直前ではなく、普段の授業でわからなかったときに質問に来てくれると助かります。

 

 

 

 

今日は猫の日      森川 恵美

学年末考査が近づいてきました。テスト勉強は順調に進んでいますか?去年は突然の緊急事態宣言により、学年末のテストが実施できなくなるという誰もが初めての経験でした。4月の時点ではどうなるかと思っていた今年度を無事に終えることができそうで、今はほっとしています。生徒のみなさんも悔いのないように、体調に気を付けながら頑張ってくださいね。

さて、勉強に疲れたとき、みなさんをいやしてくれるのは、何ですか?私が高校生のときは、飼っていた猫が勉強の友でした。家の中で飼っていたわけではないので、自由気ままにご飯のときだけ帰ってくる猫でしたが、もふもふするだけで元気になったものです。

今日は2月22日(にゃんにゃんにゃん)で猫の日なんだそうです。残念ながら今は猫を飼っていないので、ちょっと寂しいですが、写真を見ながら思い出すことにします。

今年度も終わりが近づいてきました 山路

昨日,学年末テストの時間割発表があり,いよいよ今年度も終わりが近づいてきました。私は本年度しか知らないのですが,例年よりも少し早いそうですね。
私が所属している高校1年は,居残り勉強会をしており,放課後の時間を学校で有意義に使っている生徒もいます。私自身,家ではあまり勉強できなかったので,よく学校で自習をしていました。気分転換に校内の散歩しながら,問題集とにらめっこしていたような気がします。自分の勉強できる環境の一つとして上手く活用してもらえればいいな,と思っています。

昨年の今頃,私は愛媛で受験を控えた高3生の担任をしていました。あれからもう一年経過した訳ですから,時の流れは早いものです。「思えば遠くへ来たもんだ」ならぬ「思えば遠くにいたもんだ」です。ときどき卒業生から連絡をもらい,懐かしい気持ちになります。皆それぞれの道に進んでおり,いろいろな話を聞けて楽しくもあります。
信愛の高3生も,二次試験を目前にプレッシャーを感じていることと思います。センター試験から共通テストとなり,傾向が変化したことで苦しい戦いになっている人もいるでしょうが,あまり根詰めすぎず,ほんの少しだけゆとりを持っておいてください。いっぱいいっぱいになるほど,ほん少しの変化に対応できなくなってしまいます。

高3生は高校生活の,高2以下の生徒は今年度の集大成として,皆が試験で納得できる結果が得られることを祈っています。

コペルニクス         岩橋三絵

澄み切った夜空を眺めていると、時の過ぎるのを忘れてずっと見ていたくなります。特に何かを観測するのではなく、ボーっと見ているだけでとても癒されます。偶然、流れ星に遭遇した時はなどは、とても嬉しくなります。昔から「流れ星が輝いている間に願い事を3回唱えるとその願いはかなう。」という話があります。ほんの一瞬で消えてしまう流れ星に3回も願い事をするのはまず無理ですよね。宇宙の塵が大気圏内で燃え尽きる現象といえばそれまでですが、昔の人も流れ星にいろいろな思いを描いたのですね。忙しい日々、たまにはゆっくりと星空を見たいものです。

2月19日はニコラウス=コペルニクスの誕生日だそうです。彼はカトリック司祭で天文学者でもありました。宇宙は太陽が中心で、地球は太陽の周りを回っているという「地動説」を唱えたことで有名な人です。

私たちの目では、東から太陽が昇り西に沈むのが当たり前。今でこそ学校で地動説を学びますが、教えられなかったら太陽が東から西に動いて地球は動かないと思ってしまいます。

コペルニクス的転回という言葉を聞いたことがあるでしょうか。今まであった考え方を大きく変えるような大胆な発想の転換のことを言います。日々大した疑問を抱くことなく生きている私にとってコペルニクスはカッコイイ存在です。コペルニクス的転回とまでいかなくても、できたら少しでも視点を変えて考えるよう努力したいと思います。