髙木視視 プレテスト

今日はプレテストでした。秋晴れの気持ちいい日です。受験生の人たちはあたり前ですが、知らない顔の人ばかり。けど、入学してくれたら仲良くなれるかもと思うと、わくわくします。時間をかけて、ゆっくりと仲良くなりたいですね。私は高校3年の担任をしていますが、今は公募推薦の受験、まっさかりです。それぞれの進路を決める時期でもありますから、活気があります。みんな一生懸命にがんばっています。私は応援する立場ですが、生徒の皆さんの活気を毎日もらって、「よし今日もがんばるぞ」という毎日です。教員として支えているように見えますが、実は、生徒の皆さんの活気に私自身、支えられているんです。いつも、ありがとう。

数学科 仲川です

算数や数学の計算、間違えますよね。数字に対する感覚を養うことになるかもしれない一つの方法ですが、私が毎日行っているものを記します。

朝夕の通学通勤時間に、街を走る車のナンバーを読みます。運転に支障がない程度に。39-27の九九ナンバーや、・333のようにゾロ目のもの、11-22のように語呂合わせのもの、80-08のように人気だけれどもその理由がよく分からないもの、などいろいろあります。自家用ナンバープレート

ナンバーを見て、いろんな計算式を考えます。そんな中で、17-51「おっ!17×3=51、綺麗!」とか、11-29「11も素数、29も素数、1129も素数だ、すごい!」などと運転しながら盛り上がります。

みなさんいかがでしょうか。おもしろくない?

衣替え 面川美保子

ついこの間まで暑い!と額の汗をふきながら授業していたのに、急に寒くなりました。夕方、暗くなる時間も早くなって、一気に冬の季節が迫ってきた感じがします。高校3年生はいよいよ受験が始まる、という緊張感を持って毎日過ごしています。

今日はマーク模試2日目でした。試験が終わるとすぐに自己採点。問題冊子をめくる音と正誤を記入するボールペンの音だけが教室に響き、静かな中でも「一生懸命毎日頑張ってきたのに…出来たと思ったのに…」など、生徒の心の声が聞こえてくるかのようでした。

今日の結果を本番につなげられるように、しっかり修正していきましょう。

 

話しは変わりますが、この間の日曜日、天気が良かったので、朝から洗濯&衣替えをしました。皆さんの家でもされたところが多かったのではないでしょうか。夏服を片付けている時、ふと夏の制服のことを考えました。高校3年生にとっては、来年はもう着ることはないのだなぁ、来年の夏は皆どのように過ごしているのかなぁと。

受験が終わる3月まで、長いようで短い日々です。悔いのないように、そしてやり切った先にある充実した未来を想像して、精一杯頑張って欲しいと思います。心から応援しています。

日本語教育能力検定

田川です。

先週あたりから急に寒くなってきて、「いよいよ受験シーズンだなぁ」と身も心も引き締まってきています。

さて現在私は高校三年生を担当しており、生徒と進路に話す機会が多いのですが、生徒達の将来像や熱い思いを聞いているうちに、「自分も頑張らねば!」と、いい刺激を受けています。そこで私自身も何か受験に挑戦してみようと思い、3か月程前からある検定の合格を目指して勉強をはじめていました。

その検定は「日本語教育能力検定」というものです。海外で暮らす日本人や日本に住む外国の方などに日本語を教える「日本語教師」という職業の、採用基準の一つとされている検定試験です。

聴解問題や日本語教育に関わる歴史や時事問題など、日本語に関わる幅広い知識が問われる試験なので、合格率は25~30%と難しい検定試験になっています。

というわけで、昨日10月24日に「日本語教育能力検定」を受験してきました。

試験Ⅰ(90),試験Ⅱ(30),試験Ⅲ(120)の三試験を一日かけて取り組んだのでとても疲れました。午前の試験Ⅰでは全然時間が足りなくて笑ってしまいましたが、最後の10分で適当に選択しました。試験Ⅰ終了時点で正直な話、帰りたくなりましたが、悔しいので午後も頑張りました。試験Ⅱは聴解問題で、普段聴いている日本語をアクセントやその他文法を意識しながら聴きます。なかなか面白いですよ。試験Ⅲは小論文の内容が、動画による反転授業についての問題だったので去年のオンライン授業の経験が生かせた気がします。ⅡとⅢはぼちぼちできたかなと思いますが、合格したかどうかについてはあまり自信がありません。ただ、今年度の私は高校一年生と高校三年生の古典を担当しており、この検定の受験勉強がそのまま古典科目に生かすことのできる内容が多かったので、合否はともかくとして、取り組んでよかったな、と思っています。

検定合格を目指したこの3か月を通して、限られた時間の中で勉強をする受験生の皆さんの苦労がよく分かりました。(来年も頑張ります。)

共通試験まで残り3か月をきっています。寒くなってきますが、「いっしょに」頑張っていきましょう!!!

高校3年生 マーク模試 岩下拓也

本日と明日,高校3年生は共通テストに向けたマーク模試です。高校3年生は10月だけで模試はもう3回目になります(人によっては日曜日も受験しているので4回目以上の人もいます)。

彼女たちの頑張りを日々見ているので,努力が報わることを願いつつ,今日も試験監督として見守っていました。

この時期の模試は高卒生も受験しているので各教科とも本番レベル(それ以上)の難易度になっています。ここで現役生は心が折れそうになります。

しかし,それを乗り越えた先に栄冠が待っています。本番で自分の実力をしっかり出し切るためのシミュレーションが模試です。そのことを胸にとめて試験に挑んでください。応援しています。

猫のてんちゃん 森川佳紀

こんにちは!
最近朝晩が一気に冷えるようになりましたね。
高校3年生は、共通テストまで残り84日です!

高校生活も残りわずかです。クラスの生徒とこうして向き合える時間も着実に減っていることを実感して、寂しいような複雑な心境です・・・。

・・・というわけで、クラスのみんなとお別れしても寂しくないように、最近猫を飼い始めました。笑

てんちゃんって言います!
家に来てから2ヶ月ほど経つのですが、冬が近づくにつれ、このモコモコの毛が気持ち良くて堪りません!


毎晩、子供が寝静まってから翌日の授業準備をしているのですが、いつもてんちゃんが邪魔(癒や)しに来てくれます・・・。
でも毛がふわふわで可愛いので許してしまいます。笑

結局、かわいいは正義なのですね!

朝の聖書朗読より        池内理香

先日の聖書朝礼の話を百人一筆にも書いておこうと思います。朝の聖書朗読で、私は、「ヨハネによる福音書6章 3~13節」を選びました。この箇所は、信愛生が持っている聖歌集の中で「5つのパン」という曲名で歌われている内容が載せられているところです。これは、一人の少年が5つのパンと2匹の魚を捧げ、それをイエス様が何倍にも増やして多くの人々が救われたという奇跡のお話です。しかし、奇跡の話ともう一つ大切なところは、少年が持っていたわずかなパンと魚を差し出したところです。大切なパンと魚をひとりじめするのではなく、少年がみんなに分けようとしたときにこの奇跡は行われました。私たちの周りには、色々な問題を抱えて苦しんでいる人がいます。その人たちと私たちが、聖書の話の中では魚とパンでしたが、それだけではなく、時間や力など色々なことを分かち合うことで、お互いに助け合えるのだと語りかけているのだと思います。マザーテレサのお話の中に「貧困をつくるのは神ではなく私たち人間です。私たちが分かち合わないからです。」という言葉があります。この聖書のお話とともにこのマザーの言葉も一緒に味わってみましょう。

空気がうまい!

こんにちは。吉田です。

めっきり寒くなってきました。
みなさん、いかがお過ごしですか?

このところ、どんなに忙しくても夕食後散歩に出かけることにしてます。
秋の虫の鳴き声が美しい、そしてなんといっても空気がうまいからです。
学校にいると大半の時間をマスクをつけたまま過ごしますよね。
誰もいない屋外で、マスクなしで空気を吸ってみてください。
最近空気ってこんなにうまいものだと感動しています。

ということで、今夜もこれから出かけます!

日本の四季   辻 慶一

「春」・・・花粉との戦
「夏」・・・暑さとの戦
「秋」・・・花粉との戦
「冬」・・・寒さとの戦
順位(好き)をつけるなら、「春→秋→夏・冬」といったところです。
居住地(都道府県)によって人それぞれ感じ方は様々ではありますが、日本ならではの四季を体感できることに感謝しながら、毎日(365日)とは言いませんが、ほぼ毎日ですが、いややっぱり毎日かと・・・1年を通して色んな戦いがありますが、僕なりに色んな工夫を凝らしながら楽しんでいます!!※メチャクチャ楽しいです!

先日、3年生にとっては最後となる体育祭(無観客)が開催され、クラス全員一致団結して「戦」に挑みました。結果は高校の部で、第3位!! 
大変喜ばしい結果となりました~~~ヨシッ!!
しかし、嬉しく満足している反面、残念さ悔しさが露呈されたということは言うまでもありません。※メチャクチャ楽しかったです!!
考えてみれば残りの信愛生活もごく僅かとなってきました。一つ一つの「戦」=学校行事が、3年生の生徒にとってはすべて最後となります。悔いを残さず全力で「戦」を楽しんでおもいっきり味わってもらえたらと思っています。
3年生の皆さん、これからが大変な時期を迎えますが、体調管理を徹底して、全力で突っ走って行きましょう!!

本来であれば、つぶやきは昨日でした。
楽しみにお待ちいただいていた方々にご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

今日は高校3年生、保護者会の日でした。    遠藤 克彦

今日は高校3年生の保護者会の日でした。お忙しい中、お集まりいただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。秋も深まってくる中で、今後のスケジュール、および、来る大学受験を乗り切るための心構え的なことをお話しさせていただきました。本当にこれから大変な時期を迎えます。我々教員一同、一人一人の生徒をしっかりと支えていく所存でございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。