つぶやき美術館  川本 清美

今回の「つぶやき美術館」は中学2年生の作品を紹介します。テーマは「抽象芸術」です。

実は3学期に取り組む作品の準備として生徒たちには「モダンテクニック」に挑戦してもらいました。モダンテクニックとは、主に20世紀のシュルレアリスㇺの画家たちによって生み出された技法で、偶然できた形、色、イメージの効果によって表現します。偶然できたものだからこそ、そこには意外性があり、見る人は想像力をかきたてられるというわけです。

生徒たちにとっては、練習のつもりで気軽に取り組んだ作品にすぎませんでしたが、ちょっと構図を工夫することで、思ってもみなかった素敵な抽象芸術に生まれ変わったことにやや興奮気味でした。せっかくなので、全員が自分の自信作をクラスのみんなの前で発表し、その中からベスト1を決定することにしました。ベスト1に決まった作品については、わたしがその場で額装し改めてみんなの前で紹介すると、どのクラスも、お~~というどよめきとともに拍手が沸き起こりました。

今回は、各クラスでベスト1に輝いた作品を紹介したいと思います。皆さんはどの作品がお気に入りですか? 想像力を働かせながら、ごゆっくりご鑑賞ください

 

1か月前ですが…芸術鑑賞会 仲川 淳三

先月10月21日に芸術鑑賞会を行いました。今年はコロナの影響で,全校生徒が集まることが出来ず,実施をあきらめていたのですが,9月中旬に県民文化会館の規制が緩和され,実施の運びとなりました。

いつも驚かされるのは,若手の芸人さんたちの舞台袖での入念なネタ合わせの様子です。我々の想像以上に真剣にやっておられます。そして自分の出番以外では左の写真のように,先輩の芸を舞台袖から見て研究されています。

今回出演してくださった方たちが日々さらに努力され,今後ご活躍されることを期待しています。

期末試験初日 ~秋は四角形~ 須賀弘樹

今日は2学期期末試験初日でした。信愛生の皆さん、良いスタートは切れたでしょうか。もしかしたら、勉強の成果を発揮できなかった人もいることでしょう。どちらにせよ、テストはまだまだ始まったばかり。終わった教科のことは一旦置いておいて、明日からの教科に向けて気持ちを切り替え頑張ろう!!

こういうときこそ、後ろではなく前を、 “下ではなく上” を向くことが大切です。特に夜。それでは外に出て上を向いてみましょう。今は11月ですので、秋の星座が見頃ですね。秋の星座といえば “ペガスス座” です。夏・冬は大三角が有名ですが、秋は四角形!秋の四辺形、別名ペガススの四辺形はご存じでしょうか。夏・冬の大三角をつくるのは1等星ですが、秋の四辺形をつくる星たちは2等星と3等星で、少し見つけにくいかもしれません。ですが、そこにあると思って見れば不思議と見えてくるのが星探しの面白いところの1つ。探し方は ①19時頃に外に出る ②南を向く ③上を向く の超簡単3ステップです。南の空の高い位置にあるので、真上を向くくらいでちょうどいいかもしれません。是非探してみてください。

どうでしょうか。四辺形は見つけられましたか。見つけられた人もそうでなかった人も“上”は向きましたね。これできっと明日からの運気も上向きです。テスト最後まで頑張ろう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペガススの四辺形をつくる星の1つは、実はペガスス座ではなくアンドロメダ座に属しています。ペガスス座は前半身しか見えていません。

 

 

 

 

 

和歌山信愛×和歌山大学 ロケットガール養成講座紹介動画 佐藤佳子

和歌山信愛×和歌山大学 ロケットガール養成講座の紹介動画ができました!時間は1分5秒そんなに時間はかかりませんので、是非ご覧ください~。またYoutubeコメント欄もチェックしてみてください。

この動画は「おもしろ科学まつり」の「2020和歌山おもしろ科学大賞・投稿動画コンテスト」に参加しています。もし「よかった!」と感じて頂けたら概要欄より投票をよろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/watch?v=O4llyZakMM8&feature=youtu.be

 

挑戦   藤崎 安葉

みなさん、こんばんは。体育科の藤崎です。

前回の百人一筆でおうち時間としてご紹介させていただいたトランポリンの記事について、予想を超える多くの方にお声掛けをいただきました。ありがとうございますm(__)m

最近も生徒から「今トランポリンは?」と質問をされましたので、勝手ながら現況を報告させていただきます。

単刀直入に申しますと、トランポリンは腰掛けとなりました。

やはり続きませんでしたね、、、(^^;

始めのうちはトランポリンを跳びながらテレビを見ていましたが、現在はトランポリンに座りながらテレビを見ている毎日です。

三日坊主の性格、何とかしたいものですね。。。

しかし!!!今は、数年前に購入したクロスバイクを引っ張り出し、それを続けようかと思案中です。また、先輩の影響で最近釣りも始めました!

続くかはわかりませんが、様々なことに挑戦していくことは大切だと思いますので、興味を持ったことにはどんどん挑戦していきたいと思います。

生徒のみなさんも何か興味があることには果敢に挑戦してみてください!

でもその前に、、、今はテスト発表中ですね。今やらなければいけないことに全力で取り組みましょう!!

思いを込めよう・伝えよう

みなさん、こんにちは。国語科の林です。

突然ですが、最近の授業の話をしたいと思います。
中学一年生で「名言を作ろう」という授業をしました。
色んな名言が生み出されました。

・チャンスは掴まないと、すぐにピンチに変わる。

・今寝る者は夢を見る。今勉強する者は夢を叶える。

・想いや感謝は、心に閉じ込めていても届かない。今伝えないと、一生伝わらないかもしれない。

・勉強=やる気×周りの空気

・愛=信×心×想

・やりたいことやらないと、きっと後悔するよ。人生は短いものだから。

・日々の積み重ね。そうやって歴史はある。

・毎日の小さな変化に気付いてこそ、本当の友達ってやつだろ。

・人生はおよいでいるようなもの。焦ればすぐに溺れてしまう。

・勝ってもおごるな。負けてもくさるな。

趣向を凝らした言葉ばかりでした。また、第二回もしてみようと思いました。
最後に、自分の考えや思いを、自分が思った通りに伝えることはとても難しいことです。
一人ひとり、歩んできた過去や価値観が異なります。だからこそ、さまざまな人と関わり、多くの文章に触れ、多様性や表現力を養う必要があります。
相手に伝えるチャンスはその時だけかもしれません。
その一回に思いを込めて、伝えましょう。

眼と目                      高木智視

突然ですが、皆さんは「目」と「眼」の違いがわかりますか? 「目」は物質的な目のことで、「眼」は「心眼」という言葉もあるように、物質的な目よりもより深い意味を持ちます。この頃、眼でいろいろなものを見たいなと個人的に思っています。決して目で見えるものだけではないものですね。例えば、「希望」とか「信頼」とか「思いやり」とか。そんなものは目には見えないけれど、なんとなく感じられます。私も時に朝とか憂うつになっていることがありますが、生徒の皆さんの元気や声や顔を見ると気分が明るくなります。ああ、人は目に見えないもので底から支えられているのだなと感じます。学校には友達や机や椅子や先生や、目に見えるものがいたり、あったりしますが、ほんとうは目に見えないもので支えられているのですね。そんなものを見る眼を養いたいと思います。

元素のお話 岩下拓也

皆さんは写真の物質をご存知でしょうか?
Nb(=ニオブ)という物質なのですが、初めて名前を聞いたという人がほとんどでしょう。
先日、ある化学イベントに参加した際に記念で頂いたものです。写真の説明にもある通り、ロケットのエンジンなどに利用されているものです。
当然、ロケットのエンジンにはNb以外の物質も含まれています。私たちを含め、この世界は様々な物質で構成されています。その物質を構成する基本的な成分を元素といいます。例えば、水の化学式はH2Oと表しますね(2はHの右下につけます)?このHは水素,Oは酸素という元素を表しています。空気、骨、血液・海水・スマートフォン・信愛の校舎など、この世界は元素でできているのです。宇宙だって元素でできています。
ここで突然ですがクイズです。先着1名で全問正解した人にはスペシャルプレゼント?があるので、職員室岩下のところまで答えに来てください(誰か来るかなぁ…)。

Q.1 現在,発見されている元素は何種類?

Q.2 空気中に最も多く含まれている元素は?

Q.3 不足すると「味覚障害」を引き起こす主要因と考えられている元素は?

Q.4 体内に多く存在し、その大部分が赤血球のヘモグロビンの成分としてはたらいている元素は?

Q.5 2016年に日本の理化学研究所で初めて合成された元素は?

P.S.
もし元素について興味があったり、もう少し深く勉強したいなぁと感じている人がいれば教えてください。

11/18(水)の早朝に見事全問正解者が出ました!おめでとうございます!

高3レクレーション大会で感じたこと         若野真希

11月11日の午後だけでしたが、高3レクレーション大会が行われました。

「王様ドッヂボール」王様を密かに決め、審判だけに申告しておいて王様に当たったら負け

「ギネスに挑戦」3m先のバケツに3分間で紙飛行機を何個入れることが出来るか

「クラスパーカーデザインコンテスト」

 

 

コロナの影響で中止になったわかば祭や遠足、規模を縮小しての体育際、ミサも、共通テスト出願の説明やキャリア探求の発表もリモートでという形になってしまっている中、高校生活最後に、ちょっとでも思い出を作ってあげたいという学年の先生たちの思いから、このような企画をやってみよう!ということになりました。

 

午前中は模試で、午後のほんの一瞬ではありましたが、高3のみんなが楽しんでくれていたようで担任団みんな嬉しい気持ちになりました。

 

翌日の生活記録に

「こんな企画考えてくれて、先生方ありがとうございます。お陰で、最後に楽しい思い出が出来ました。」

と書いてあるのを見たとき、涙が出ました。

 

「王様ドッヂボール」1位H組 2位D組 3位A組B組

「ギネスに挑戦」1位H組 2位D組 3位E組 4位C組F組

「クラスパーカーデザインコンテスト」1位A組F組 3位E組 4位B組

という結果となりましたが、順位に関係なく、楽しい思い出が出来たことがなによりでした。

 

クラスパーカーの力作です。短期間でよく考えて準備しました。

共通テストまであと少し!

いよいよ勝負の時がやってきました!

体調を整え、元気にガンバロー!!!

第45回全国高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門プレ大会

こんにちは!競技かるた部顧問の八幡です。

昨日(11月15日)、和歌山県立体育館にて第45回全国高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門のプレ大会が開催されました。

今年は、高校生の部員たちにとって夏の大きな目標だった高校選手権大会、全国高等学校総合文化祭が軒並み中止になり、彼女たちにはとてもつらい思いをさせてしまいました。

そのような中、和歌山市内の高校4チームという小規模ではありますが、無事に大会を開催することができました。久しぶりの対外試合で、部員たちもとても楽しかったようです。

 

 

 

 

 

さて、今回のプレ大会は、来年度の本大会運営に向けたリハーサルも兼ねていました。全国高等学校総合文化祭は、和歌山県の高校生が主体となって運営する、まさに文化部のインターハイともいえる大会です。

生徒実行委員長の佐藤さんをはじめとする部員9名、高校1年生の有志スタッフ8名が、運営要員として、設営、受付、競技進行などのお仕事をしてくれました。

有志スタッフは、競技かるたの試合を見るのが初めての生徒がほとんどで、特に競技係に携わった生徒は不安を抱えていた様子でしたが、すぐに役割の内容を理解し、テキパキとこなしてくれました。さすがです!

中には、「私も競技かるた部に入りたい!」「来年の本大会のお手伝いもしたいです!」と言ってくれる子もいて、とても嬉しかったです。

さらには、一緒に運営をしてくださった他校の先生方からも、「信愛の子たち、すっごくいい子ですね!ずっとニコニコお仕事していてとても感じがよくて感動していました!」と褒めていただきました。これまた自分のことのように嬉しかったです。

また、有志スタッフの中には初めて顔合わせをするメンバーもいたのですが、友達同士でくっついていたりせず、分け隔てなくみんなで仲良くできていたのもとても印象的でした。

私にとっても初めての大会運営でしたが、快くお仕事を引き受けてくださった運営要員の先生方、他校のかるた部の顧問の先生方、和歌山県かるた協会の方々、そして何より楽しみながら一生懸命働いてくれた生徒たちのおかげで、無事に大会を執り行うことができました。この場をお借りしまして、感謝申し上げます。ありがとうございました。