2019年度が終わりました   山本茂樹

本日、卒業式および終業式が行われ、生徒にとっての2019年度は実質的に終了となりました。今後、新型コロナウィルスの感染状況次第では登校日が設けられる可能性はありますが、基本的には春休みに入ったと言えるでしょう。

さて、振り返ってみるとこの2019年度は大変な一年でした。2018年の年末くらいから「平成最後の〇〇」が流行語となり大騒ぎをしていたなかで、年度初めの4月に新元号令和の発表、翌月の改元と続きました。お目出たい年度になるのかと思えば、夏から秋にかけて大雨や台風の被害が相次ぎます。その後も明るいニュースはほとんどない状況のなかで、年度代わりが近づいた2月上旬以降は新型コロナウィルスに振り回される毎日となりました。多くの学校現場では4月に新年度が始まりますので、2020年度はまた気分新たにいい年度になって欲しいなあと願っております。

ところで、みなさんは年度初めがなぜ4月になっているかご存知でしょうか。俗説も含めて諸説ありますが、広く信じられている理由は、稲作に関係する行事が4月ごろから始まるから、というものです。ところが、NHKの人気番組『チコちゃんに叱られる!』では、驚きの理由が説明されていたのです(筆者未見)。それは、「大蔵省のトップがインチキしたから」というものでした!!

かいつまんで説明しますと、富国強兵をめざす明治日本はつねに財政赤字が続いていたので、大蔵卿(現財務大臣)の松方正義が自分の代での赤字を出さないようにするために、会計年度の始まりと終わりを変更した、というのです。何というご都合主義! しかも国民もまったく疑問に感じることなく4月スタートを受け入れていたというのですから、何ともおおらかな時代だったものです。

そう考えると、我々ももはやこの現実を静かに受け止め、今できることをやるしかないように思います。1カ月まるまるのお休みは信愛生にとっては初めての経験かもしれません。しかし、この1カ月をどう過ごすかで、この後の人生に大きな差がついてくるように思います。それこそ、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」とチコちゃんに叱られないようにしましょう。

探究の授業 酒井慎也

こんにちは、和歌山信愛で理科を教えている酒井です。

今日は昨日行った探究の授業を紹介したいと思います。

探究活動ということで、食酢の中の酢酸の濃度を中和滴定によって測定し、計算によって求めました。

今回は、実験の計画を自分たちで立てて、実験しました。(私はアドバイスをしただけです。)

自分たちで実験計画を立てるのは難しかったみたいですが、その分やりがいもあったみたいです。計画を立ててみるとわかってないことや思っていないことが出てきますが、それも一つの勉強だと思います。

実験の数値としては、いい数字がでており、今日の授業で市販の食酢のmol/Lとその質量パーセント濃度を出すことができました。

今回の探究活動を通じて、科学的に考える力をつけてほしいと思います。

プログラミング教育を進める — 吉田 晋

突然ですが、問題です。
① (1-2)%8 を求めよ。

これ、求められますか?
何を言っているのかさっぱりわからない、という方が大半ではないかと思います。
では次はいかがでしょう?
② 8を法とする剰余類で、1-2と合同な数を0~7のうちから選べ。

ちょっと言葉は難しいですが、②なら数学A(高校1年生程度)の範囲です。
とはいえ、これでもまだ難しいかもしれません。
次はどうでしょう?
③ 図で、+(数)は時計回りに(数)歩進める、-(数)は反時計回りに(数)歩進めるとします。このとき、1-2を求めなさい。

③まで来ると、小学生でも答えられるのではないかと思います。
実は、①~③はすべて同じことを聞いていて、表現が違うだけです。
ちなみに①はPython (パイソン)というプログラミング言語で書かれており(Python 以外の多くの言語でも同じ書き方ができます)、手元のPython に計算させると、次のように返ってきます。

$ python
>>> (1-2)%8
7

ということで、正解は「7」です。

さて、本校科学部のチーム”NANAKA”は去る2月11日に最終審査会が行われた、「きのくにICTプログラミングコンテスト Switch Up WAKAYAMA2019」において、最優秀賞をいただきました!受賞作品は”AIで火事を予測”というもので、過去のデータから和歌山県内で火事が起こりやすい箇所をAIに計算させ、地図にして表示するアプリです。

もちろん大変うれしいのですが、同時に大きな重みを感じています。ご存知の方も多いと思いますが、この4月から全国の小学校でプログラミング教育がスタートします。高校では2年遅れて2022年4月から全国でスタートということになっています。そんな中、和歌山県は知事様の強い意向もあってプログラミング教育にとても力を入れており、本コンテストもプログラミング教育を盛り上げるための一環という位置づけになっています。その栄えある第1回目の大会で最優秀賞を頂いたということは、次年度以降エントリーなさるみなさんは我々の作品に追いつけ、追い越せと立派な作品を作ってくるでしょう。我々も負けてられませんが、全体のレベルが上がることはすばらしいことと思います。

ところで、プログラミング教育はいったい何を目指しているのでしょうか。これについては立場によって様々な考え方あると思いますが、数学を教える立場から言うと、「数学に対する見方を1つ増やす」ところに意義があるように思います。上記の例でいうと、②の問題が与えられたとき、「あ、これはプログラムでいうと①のように言えるし、図示すれば③のようになるんだな」ということになります。数学は多角的な見方・考え方を学ぶ学問ですから、見方が1つ増えるということはとても大きな意味を持ちます。①の見方は確実に、プログラミングを学ばないと身につかないものですよね。

高校で本格的にプログラミング教育が始まるまでまだしばらく時間がありますが、本校科学部では先取りして行っています。初心者の方にはScratchやmicro:bitから上級者にはPython、TensorFlowまで様々丁寧に指導いたします。もちろん中学生もOKです。なので、興味のある方はぜひ科学部に入って、プログラミングを一緒に勉強してみませんか。

原子の記号と化学式 佐藤佳子

3学期は中学1年生は理科1分野で「原子の記号(元素記号)」と「化学式」を勉強しています。
水素はH、窒素はN などなど、覚えることがたくさんあって大変だと思います。
中学1年A組の生徒たちは、教室の後ろの黒板に自分たちで原子の記号と化学式をたくさん書いてくれました。
自分たちで工夫して勉強しようとする姿勢がうれしいです。
3月初めから学年末試験が始まります。がんばって覚えてね!

本日国公立前期試験! 片岡ちか

ついにこの日がやってきました。
北は北海道、南は九州まで、全国に飛び立った高校3年生はあと数時間で勝負がはじまります。
受験はどんなに成績がよくても、それだけで決まるものではありません。「心・技・体」の総合力で決まります。
ではその「心・技・体」はどのようにして磨かれるのでしょうか。

「心」=志を持つこと、周囲への感謝をいつも忘れないこと、仲間とつながり一致団結すること
「技」=主体的に学ぼうとすること、持続すること、修正力を高めること
「体」=学校を休まないこと(特に休み明け!)、しっかり食べること、とりかかりを早くし規則正しい生活を送ること

これらは初めから全てできるわけではなくて、泣いたり笑ったり色々なドラマを経ながらこのうちいくつかができるようになってくると、残りもできるようになってくるものです。

さあ高校3年生、自分を信じて、思う存分、あなたらしく、戦ってきて下さい!

ただ祈るだけ

今日は国公立大学前期入試前の最後の登校日です。2月23日が祝日(天皇誕生日)となり、2月24日が振り替え休日となったため、2月25日・26日の国公立大学前期入試の前に高3生の顔を見ることができるのは今日が最後です。新型肺炎の影響で世間は騒がしく、受験生である彼女たちもまたその対応を余儀なくされています。動揺もあるだろうと思いますが、日々の様子を見ていると、全員がマスクをしているので表情は見えにくいものの、醸し出す雰囲気には集中力がみなぎっており、「周りがどうであろうとも、自分は自分の受験と戦うのみ!」という気合を感じます。ここまで来たら、担任としてできることは、一人一人の努力が結実するように祈るしかありません。25日・26日は一人一人がそれぞれの場所で戦っている姿に思いを馳せながら過ごしたいと思います。がんばれ高3生!!!

のび太の人生 村上 渉

 2019年の11月頃に『ドラえもん0巻』が出版された。私は販売を知り、すぐに購入して読んだ。その内容はいろいろな第一話のドラえもんが掲載されているものだった。物心ついたときから『ドラえもん』を見ていたが、気がつくとのび太の年齢の3倍近く生きていることに驚いた。

 『ドラえもん』は藤子・F・不二雄が執筆した、ロボットのドラえもんとおっちょこちょいでドジなのび太を主人公とする漫画である。のび太は大学受験、就職に失敗し、会社を立ち上げた。しかし、自分で使用した花火の不始末により社屋が炎上、さらには倒産。莫大な借金を残し、ジャイ子と呼ばれるわがままでいじわるな女の子と結婚した。しかし、ドラえもんの登場により、裕福な生活を送れ、将来は憧れていたしずかと結婚する様に運命が変わる。そして、のび太はしずかちゃんとの結婚前夜に「いつの間にか僕は夜中に一人でトイレに行けるようになった。 電車に乗って会社に通うようになった。でも本当に僕は変わったのかな? ねえドラえもん、僕は明日結婚するよ・・・。」と河川敷に寝転び星空に語りかけた。

 のび太はドラえもんに出会い、一人の人間として自立し、社会と関わることができるようになり、みんなのヒロインであったしずかちゃんと結婚することができた。きっとドラえもんはのび太に今の生活を満足させるだけでなく、将来の様々なライフイベントを見越して人生プランを練っていたのでしょう。また、のび太は結婚前夜に、結婚というライフイベントを通して、無責任であれた子どもから責任のある大人へと成長していく段階を振り返ったのだと思います。

 さて高校1年生の家庭科で生涯を見通した経済計画の重要性について理解することを目標において「将来の経済を見通す」という単元を行いました。生徒らは「将来どのような人生を送りたいですか?」という問いに対して「海外で過ごしたい」だとか「28歳までに結婚する」というような返答をしてくれました。将来、生徒たちは結婚や子育てにお金をかける人もいれば、日本を飛び出して海外で暮らす人もいるかもしれません。将来住む家はマイホームを買う人や住宅を借りる人もいるかもしれません。老後にそなえて、若いうちからお金を準備しておきたいですね。そのため将来に向けて、進学や就職、結婚、住宅購入などのライフイベントを見据えた準備をしていく必要があります。また、中学生や高校生は社会の一員として様々な能力を身につけていく段階です。残念ながら私たちにはドラえもんはいません。そのためにも家庭科の授業を通して、自身の人生について考えるようにしてもらえたらなと思います。

中学合唱コンクール 酒井 侑子

本日は中学合唱コンクールが行われました。
中学3学年11クラスが練習に練習を重ね、心のこもった演奏を披露しました。

各学年から一クラスずつ優秀賞が選ばれました。今年の結果は以下の通りです。
優秀賞 中学1年C組
優秀賞 中学2年B組
優秀賞 中学3年A組
優良賞 中学3年D組

難曲にチャレンジするクラス、あえてシンプルな編曲のものを選んで表現に力を入れるクラス、英語にチャレンジするクラスなど様々でしたが、一番自分たちの持ち味を表現できる曲で挑んだクラスは、賞にかかわらず良い演奏ができていたように感じました。
審査員としては、それぞれに魅力のある演奏に優劣をつけることは果たして正しいのか…と毎年考えてしまいます。しかし、本番を迎えるまでの練習期間や舞台に立った時の真剣な眼差しの中から、同じ学年の仲間と競い合うからこそ生まれる熱量のようなものを感じると、やはりコンクールならではの空気だなあと感じました。
本日の中2の課題曲「大切なもの」のなかにこんな一節があります。

くじけそうな時は 涙をこらえて
あの日 歌っていた歌を思い出す

信愛で音楽を通して得た喜びや経験が、大人になっても、ふと思い出すような大切な思い出の1ページになることを願っています。

明日は合唱コンクール             田福克裕

今年も、中学校の合唱コンクールが、明日と迫ってきました。
二学期には、ピアノの演奏者や曲も決まり、各クラス練習を続けてきました。
特に、この数週間はホームルームの時間や放課後、あちらこちらから歌声が聞こえてきました。

毎年、本番のコンクールでは、一人ひとりが一生懸命に歌い、その声が一体となり、その「ひたむきさ」を感じる声に、心が震えるような感動を覚えます。
以前、音楽の先生が、「合唱とは、複数の人が、自分の担当声部を一生懸命に歌うことによって一つの作品を創り出すことです」と言われたことを思い出します。
今年も、各クラスの「作品」の鑑賞を楽しみにしています。
オープニングでは、信愛幼稚園の園児の合唱もあり、可愛い姿も楽しみです。

保護者の皆様も、見学予定されている方がたくさん居られます。
保護者の皆様とともに、生徒たちの一生懸命を感じたいと思います。

南 正人

 最近の女子高生は、一人称に「わい」を使うというのをテレビで見て、「おおっ、これで僕が常々その消滅を憂えていた和歌山弁の『わえ』も復活するか」と思ったのだけれど、どうもそうではないらしい。
 女子高生の「わい」使用の最も大きな理由は、ネット(2ch等)上での使用にあるらしいが、それにしても、僕はそこには「中性化」と「方言」というキーワードが潜んでいるように感じる。
 中性化については、ジェンダーフリーの時代にあって、当然なのかもしれない。今や会話を文章で見ただけでは、男性の発言か女性の台詞かまったく区別がつかない。女性言葉の「~かしら」が絶滅してもう久しいが、「~なの」「~だわ」「~わよ」も言わない。先生だって、男の子を「~君」と言わなくなったらしい(全員「さん」らしい)し、女の子は男子を呼び捨てにしている。確かにジェンダーフリーだけど……。
 方言の使用についても、今に始まったことではないけれど(横浜弁の「~じゃん」など)、最近は頻度が上がっているように思う(「~だべ」「~っしょ」など)。ここで注意すべきは、決して方言が「復活」したわけではないということだ。なぜなら、それは、発祥地とは別の地域の人たちによって使用されているからだ。つまり、女子高生達は、おばあちゃんが使っている「わい」を復活させたわけではない。(だから、僕が子どもの頃に男の子の最もポピュラーな一人称だった「わえ」を和歌山県人が再び使い始めることもない)。この方言への傾斜にも、いろいろ読み取れることがあるのかもしれない。若者たちの、都市生活への閉塞感とかノスタルジーとか未来への絶望感とか、造語力の低下とか……。
 ところで、女子高生の一人称と言えば、本校では圧倒的に自分のファーストネームが多い。それはもしかしたら、「女子校あるある」なのかもしれないけれど、どうにもそれはまずい気がする。だから、僕はいつも「それ、幼稚だから、やめなさい」と言っている。一人称に自分のファーストネームを使うのは、「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と母親から呼ばれている子どもが、自分のことを「お姉ちゃんはねぇ」と言い出すのと同じだ。でも、僕がいくらそう言ってもどうも彼女たちには、響かない。「ちゃんと、使い分けてるもん」と思っているのかもしれない。でも、僕と話をしていて、自分のことをついファーストネームで呼んでしまった生徒を何度も見た。だから、「普段使っていたら、必ずうっかり出てしまう。それがデートの時だったら、どうする。言っておくが、デートで、それ言ったら、男は絶対引くぞ」と脅す。「だいたい主役の女の子が自分のことをファーストネームで呼んでる恋愛ドラマなんて観たことないだろ。想像してみろ、広瀬すずが、デートの時に『すずは、パフェ食べたい』と言っている場面を」と。(まぁ、個人的には広瀬すずから「すずは、パフェ食べたい」と言われたら、僕は喜んでパフェを食べに連れて行くんだけどね)
 いずれにしても、一人称は(二人称もだけれど)、なかなか奥が深くて面白い。