信愛キャラバンにお越しいただき、ありがとうございました

ご報告が遅くなりましたが、信愛キャラバンにお越しいただき、まことにありがとうございました。

ショッピングモールでの初めてのイベントということで、いろいろとみなさまにご迷惑をおかけしたかもしれませんが、お越しいただいた方々には、ご満足いただけたのではないかと思います。

女子校という秘密のヴェールに包まれた信愛生の実際の様子を、世間のみなさまにも少しは知っていただけたことでしょう。これをきっかけとして、信愛という学校のことを少しでも好きになっていただければ幸いでございます。

くわしいご報告は、百人一筆にあげておりますので、そちらをご覧ください。
百人一筆

高校1年生ACP始まりました。(毎日更新)

DAY1

昨年は中3全員が参加したACP(Advanced Communication Program)。

英語力に自信が持てるようになった、より積極的に自分の意見を述べることができるようになった、などの肯定的な感想が多く寄せらせたプログラムがさらに進化して今年の夏信愛に戻ってきました。

以前体験した生徒もそうでない生徒も、期待に胸をふくらませて初日に臨みました。普段の様子を知っている私から見れば、皆少し緊張している?ようでしたが、開会式で先生方がおっしゃっていたようにシャイにバイバイし、残り4日間で自分の殻を打ち破り様々なことにトライしてほしいと思います。

DAY2

お互いの距離がだんだんと縮まり、各グループとも積極的に英語が飛び交い、活発な議論が繰り広げられています。

本日は「障害をどう乗り越えるか」や「男女の格差問題」など、普段の生活ではあまり深く考えることのないテーマを扱い、難しいと感じた人が多かったと思いますが、そのような課題に取り組むことが自分を成長させてくれるはずです。

明日は個人個人でのスピーチがあるそうですね。折り返し地点における自分の位置を客観的に見てよい発表ができることを望みます。

↑昨年のACPで紹介した日本の遊びの1つ「はないちもんめ」を英語バージョンで楽しみました!

DAY3

本日午前中のトピックはマララさん。ビデオや英文を手掛かりとしながら彼女についての理解を深めました。3日目になって使える語彙レベルも向上し、最初は単語しか出てこなかったのが、英文で言えるようになってきています!

また、男女格差についてのポスターセッションも行いました。どのグループも違う角度から問題点と解決策を分かりやすく発表できており、それぞれのグループから多くのことを学べる貴重な時間だったと思います。言いたいことはきちんと伝わっているので、もっと自信を持って大丈夫!!

午後の発表が見れなくて残念ですが、、、最終日のお楽しみに取っておきます。

DAY4

本日午前中。ホールをのぞくと何やら楽しそうに各グループ準備しています。聞くと「社会問題を解決するスマホアプリ」を考え中とのこと。授業中もそうですが、皆さんの柔軟な発想力にはいつも感心させられます。高齢化社会や児童虐待、若者の自殺率の高さなど日本社会は数多くの問題を抱えていますが、これらのユニークな機能がもしも本当に発明されるならば、日本の未来はよい方向に向かうかもしれません。

午後は自分の特技を皆の前で披露しました。実演は見れなかったのですが、ACPを終えて帰る生徒の顔はとてもすがすがしく、発表は成功したのだなあと確信しました。

 

信愛キャラバン、明日開催!

台風の接近により気持ちがざわめき立っておりましたが、警報も解除されました。
いよいよ明日、信愛キャラバンが開催されます!

和歌山信愛中学校・高等学校クラブ体験イベント
「信愛キャラバン2019」
とき  7月28日(日)10:30~15:30
ところ イオンモール和歌山 1階ヒルズコート
対象  小学生以下のお子様
(ステージ企画はどなたでもご覧になれます)

プログラム
10:00~      整理券配布開始
10:30~10:45 信愛ダンス同好会によるパフォーマンス<ダンス同好会>
10:45~11:25 しおりをつくろう!<図書部>
11:30~12:10 スクラッチアートに挑戦!<美術部>
12:10~12:25 (寸劇)愛の魔法少女とシンレンジャーの恋<演劇部>
12:30~13:40 ちらしどりをしてみよう!<競技かるた部>
13:40~14:10 不思議なモビール作り体験<科学部>
14:10~14:40 手作り石けんをつくろう
14:45~14:55 ハンドベル☆コンサート<ハンドベル部>
14:55~15:15 ハンドベルで“きらきら星”を演奏しよう<ハンドベル部>
10分ぬり絵<アニメ研究部>
15:20~15:30 合唱「★パプリカ★」<合唱同好会>

おみやげもあります!
詳しくは、下記をご覧ください。
信愛キャラバンパンフレット表面
信愛キャラバンパンフレット裏面

一学期終業式が行われました

本日、一学期終業式が行われました。なお、こちらでもご報告させていただきましたが、スポーツクラスは先日すでに終業式を終えております。

はじめにお祈りを行ってから、校長先生のお話がありました。
今年の目標である「賢い」について、幼稚園の畑にスイカが実ったとき、園児が「スイカが来てくれた!」と言ったことを引き合いに出し、素直な気持ち、感謝する気持ちとからめてお話をされました。

その後、ここ最近行われたものに関する表彰伝達が行われました。
先日こちらの新着情報でもご報告させていただいた「第45回全国高等学校総合文化祭 紀の国わかやま総文2021」の「大会テーマの部」で最優秀賞を受賞した高校2年の谷口芽衣さん、優秀賞を受賞した高校3年の阪口愛美さんの表彰が、最初に行われました。

つづいて、「第30回伊藤園おーいお茶新俳句大賞」で佳作特別賞を受賞した高校2年の吉田季央さん、高校生の部優秀賞を獲得した井上碧さんの表彰です。

どんな作品かは、お茶を見てご確認ください。
次は、2019年度和歌山県中学生テニス大会シングル3位に入賞した中学2年の堀内綾花さんの表彰でした。

最後に、和歌山県高等学校総合体育大会新体操競技の部で個人総合2位、種目別・クラブ1位、ボール2位の結果を残した高校1年の半田萌映さんの表彰が行われました。

みんな、晴れがましい顔をしております。お疲れ様でした!

【中学1年】人権学習発表会を実施しました

7月22日(月)の1時間目から4時間目に、中学1年生は人権学習発表会を行いました。この発表は7月10日の和歌山信愛短期大学訪問の際に受けた伊藤先生の人権講話をもとに、各グループが内容を発展させたものです。

発表テーマは「災害から身を守るために普段からできること」「地震発生時に起こること、しなければならないこと」「避難所での生活で気を付けなければならないこと」「台風対策について・被害対策についてしなければならないこと」「ペットの災害対策について」の5つです。

この発表の準備のために、生徒は書籍やネットから情報を収集し、それらをグループ内で話し合い、さらにパソコンのパワーポイントを使って発表資料を作成しました。各グループの特色が出た自信作ができあがりました。

実際の発表風景がこちらです。すでに新入生研修会でグループ発表をしたこともあり、発表することに関してはかなり手慣れている感じでした。発表原稿を片手に、しっかり前を向いてハキハキと発表することができていました。また、内容面でも、伊藤先生のご講話を踏まえて、災害と人権を絡めることができていたと思います。

特に驚くべきは、多くのグループがパワーポイントの「アニメーション」を効果的に活用し、いかに「聴く」側の関心を自分たちのほうに向けさせるかを工夫できていた点です。話を聴いている生徒たちも真剣にメモをとり、発表の内容理解に努めていました。普段の授業中では「聴く」側に立っている生徒たちが、今回は「伝える」側となり、「聴く」ことの重要性を強く意識できたのではないでしょうか。

様々な学校行事の中でパワーポイント等を使い、グループ内で協同して行うプレゼンテーションの機会が今後も増えてきます。次回もがんばりましょう!

【中学1年】SNSに関する講演を行っていただきました

7月19日(金)に、和歌山IT教育機構の佐々木哲先生にお越しいただき、中学1年生のためにSNSの危険性やネットトラブルについてご講演いただきました。

昨今、スマートフォンは小中学生の間でも広く普及しています。それゆえに、SNSやネットに関わるトラブルが年々増加しており、そうした問題は信愛生にとっても身近になりつつあります。

佐々木先生は、実際に起こったネットトラブルの事例をいくつも引き合いに出し、丁寧にお話してくださいました。生徒のほうも先生の話を真剣に聞き、大切なところはしっかりメモをとっていました。

講演終了後は、質疑応答の時間もいただき、気になったことや疑問に思ったことなどを積極的に質問していました。非常にインタラクティブな講演会でした!

今回、佐々木哲先生および関係者の方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。スマートフォンやSNSの適切な使い方に関しては、学年のほうでも引き続き指導していきたいと考えています。

和歌山西警察署で高校生意見討論会に参加しました

7月20日(土)に和歌山県西警察署で行われた高校生の意見討論会に参加しました。
議題は交通安全に関するもので、本年度中に計3回行われる予定です。
本日は、第1回目。

近隣の高校5校の生徒が16名参加し、「通学路における交通事故が起こりそうだと感じる危険な場所」「通学中、実際に交通事故の危険を感じたこと」「なぜ交通事故は起こるのか」ということについて、意見を交換しました。

活発に意見を発表する他校の生徒に緊張したり、尊敬の念を抱いたりしつつ、本校の生徒も積極的に意見を述べていました。
次回は「どうすれば交通事故はなくなるのか」「自分たちにできることはなにか」と、自分の考えを述べることにチャレンジします。

高校1年生の頃から探究活動(昨年まではSGH)で、調べ学習にとどまらず自分の意見を発見・発信していく活動を続けています。がんばれ、信愛生!

余談になりますが、開会の挨拶での交通課長さまのお話で印象に残ったものがあります。
3年ほど前に、和歌山県の交通違反防止啓発ポスターが一新されたことはご存じでしょうか。
警察官の目が印象的なポスターです。

そのポスターはイギリスで発表された「『見つめる目』には人に正しい行動を取らせる効果がある」という研究結果をヒントに作られたそうです。
このポスターが張り出された年、和歌山県の交通事故数は全国で最も少なかったということです。
何のために勉強しているのだろう、これは何の役に立つのだろう、と考えることがあります。けれど、こういう風につながっていくんだ、と気づきを得た時間でした。

高校スポーツクラス一学期終業式が行われました

本日、7月20日(土)に高校スポーツクラスの終業式が行われました。その他のクラスの終業式は来週の土曜日、7月27日(土)となります。

みんなで心を込めてお祈りしております。

校長の訓話では、来週行われるインターハイへ向けての激励の言葉と、スポーツと勉強・生活を両立していくことの大切さが話されました。生徒たちも真剣に聞いております。

最後にみんなで校歌を歌いました。
ソフトテニス部、バスケットボール部は来週から行われる南部九州のインターハイで頑張ってきます。応援よろしくお願いします!

地域協働事業(グローカル型)高校1年生「リージョン探究」フィールドワークのご報告

本日、高校1年生は地域協働事業(グローカル型)「リージョン探究」フィールドワークに行ってまいりました。高校1年生は「医療」「産業」「経済」「防災」「農業」「林業」の6つの分野に分かれており、それぞれで行先が異なります。

詳しいご報告は、下記のページで順次ご報告させていただきます。

SGHのページ

とりあえず、雰囲気が伝わる写真だけアップさせていただきます。

お世話になった関係各方面のみなさま、本当にありがとうございました!