読書タイムスタート!

入学式から一週間が過ぎ、新入生たちも少しずつ新しい環境に慣れてきているかなという様子です。本校では朝の時間を利用して体育館朝礼や聖書朝礼が行われるのですが、もう一つ「読書タイム」というものが週2日設けられています。今年度は水・木がそれにあたり、今日からその読書タイムがスタートしました。

生徒たちは登校してチャイムが鳴ったら、各々が興味のある本を手に取って静かに読書を始めます。自宅から持ってきた本や学級文庫にある本、図書室から借りてきた本など、思い思いの本の世界に入り込む時間です。朝の静かなひととき、学校全体が静寂に包まれます。

 

TOKYO2020 聖火リレーに本校教員が参加しました!

本校の横を通るけやき大通り沿いにて、聖火リレーが行われました。

なんとこの聖火リレーに本校教員の藤崎安葉先生も参加していました!

https://sports.nhk.or.jp/olympic/torch/runners/zs0fdkaa/

ちなみに、藤崎先生の一つ前のランナーも信愛の卒業生だということです!

是非ご覧ください。

さらに余談ですが、とある社会科教員もなんと高校時代に長野オリンピックの聖火ランナーとして走ったそうです!(在校生の皆さんは、ぜひ社会科の先生に聞いてみましょう!)

 

以下、リンク先より転載。

【絆にまつわるエピソード】
私は父の影響でソフトテニスを始め、下手だったが高校は強豪校に進んだ。上手な父に追いつきたい、また大好きな父に褒められたいという一心で厳しい練習に励んだ。その努力が実を結び、高校1年の冬にレギュラーになった。父は喜び、褒めてくれた。だがその後父は白血病と診断された。3年になり、父が骨髄移植をし外出ができるまでに回復した。徐々に体力もつき、試合会場が近かったので応援に来てくれた。尊敬する父の前で必ず日本一になると決めて臨んだ大会で優勝することができた。その時父は、私の記憶の中では1番嬉しそうな笑顔でよくやったと言ってくれた。その笑顔が私は今でも忘れられない。そんな父が優勝の翌年亡くなった。私は今、幼い頃からの自分の夢でもあり、亡き父がなりたかった職業である教員になっている。ここまで頑張ってこられたのも父のおかげである。その感謝の気持ちを聖火ランナーという形で天国の父に見せ、恩返しをしたい。

【聖火ランナーとしての意気込み】
現在夢であった体育教員となり、しんどい事もあるが、日々楽しく学校生活を過ごしている。私が学生時代に学んだ大切な事を今の生徒に伝えていきたい。また私が学生時代は不器用であまのじゃくな性格で、大切だと思っていてもやらなかったり、先生方の話を聞かなかったりと反抗的であった。しかし今同じ立場に立つと、先生方は私にとって一番大切な事を教え、導いてくれていたと感じている。この経験を、私と同じような考えや感覚を持つ生徒に指導するときに生かし、同じ間違いを犯さないようサポートしていきたい。また、私と関わる全ての生徒に、オリンピックの聖火ランナーとして走る姿を見てもらう事で、スポーツに少しでも興味を持ってもらい、スポーツの楽しさや大切さを学んで欲しい。そして一番は、「好きなものにはとことんこだわり挑戦する」という姿勢を学んで欲しい。 【地域に伝えたい想い、または、地域から発信していきたい想い】 私は和歌山で生まれ育ち、一度は和歌山を離れたものの今は和歌山で働いています。和歌山にいなければ今の私を形成してくれた恩師や友人には出会えていません。この素敵な出会いができた和歌山で、聖火ランナーとして和歌山に感謝と恩返しの気持ちを持って走りたいです。 そして、和歌山の人の温かさや良いところなど、和歌山の素晴らしいところをたくさん発信していきたいです。 私は和歌山でたくさんのことに挑戦してきました。走行を見てくれる全ての人に「挑戦することの大切さ」を感じて欲しいです。

わかば祭(新入生歓迎会)に関するお願い

5月1日(土)にわかば祭(新入生歓迎会)を開催いたします。
感染予防の徹底のため、以下の通りに実施いたします。

  1. 生徒・教職員のみで開催いたします。
    密を避けるため、生徒のご家族の方々や卒業生等の来場はご遠慮いただきます。
    教育後援会等の有志の出店ならびにバザーも行いません。
  2. 生徒の昼食について
    飲食を伴う模擬店は設けず、昼食は時間を決め自教室で取ります。
  3. 模擬店ならびに体育館での催しについて
    前売り券等で人数制限を行い、各会場が密な状態にならないよう細心の注意を払います。

なお、今後のコロナの感染状況によっては、延期あるいは中止の場合があります。

新入生オリエンテーション

新入生は、一人での初めての登校ということで、慣れない中で緊張のスタートを切りました。今日は、中学生は一日、高校生は午前中を使ってオリエンテーションを実施しました。教室で動画を見ながら学校生活のルールについて学んだり、校内施設の見学を行ったりしました。

中高入学式が行われました

今日は午前中に中学校の入学式が、午後に高等学校の入学式が行われ、それぞれ新入生の皆さんが少し緊張した様子で保護者の方と一緒に初めての登校をされました。

体育館で校長先生から入学許可をいただき、さらに入学にあたってのお話を聞き、いよいよ信愛中学生、信愛高校生としての一歩を踏み出しました。その後担任の先生の紹介があり、それぞれの教室でのホームルームを経て一日目が終了しました。明日から本格的に学校生活がスタートします。みなさん一日一日を大切に、楽しく過ごしていきましょう!

始業式(5日)、入学式(6日)について

来週より新年度がスタートいたします。
始業式(5日)、入学式(6日)にご参加の生徒・保護者の皆さまは、当日朝、必ずご自宅で検温されてからのご来校をお願いいたします。

全国的にコロナの感染が増加の傾向にあります。ご家庭でも感染予防を徹底していただき、元気な姿で始業式、入学式が迎えられますことを願っております。

文部科学省からうれしい連絡!!

3月31日、文部科学省よりうれしい連絡が届きました。

2014年度より社会課題に対する関心や教養、コミュニケーション能力や課題解決力などグローバルな社会で活躍するために必要となる国際的素養を幅広く身につけるカリキュラムを実践する高校として文部科学省が指定したSGH(スーパーグローバルハイスクール)ですが、2016年度の3期校を最後に新規募集、指定が実施されていませんでした。本学もSGHの指定を受けたいと2015年度、2016年度と2度チャレンジしたものの、結果は6年間におよぶアソシエイト校(準指定校)にとどまっておりました。
昨年度末で、全指定校の指定期間が終了となり、SGHはなくなっていくのだろうと思っていたのですが、新たに「SGH(スーパーグローバルハイスクール)ネットワーク」というコミュニティが立ち上がるということで申請をしておりました。

結果は、SGHネットワーク参加校(111校)の1つとして指定を受けることができました!!

「SGHアソシエイト」としての6年間の活動および今年度指定最終年度となる「地域協働事業(グローカル型)」における本学の取り組みが認められたものだとうれしく思っております。

なお、これらの指定事業は、次年度より年次進行で実施される高等学校の「新学習指導要領」の学びを先取りしたものとなっています。大学入学共通テストをはじめとする大学入試改革は昨年度より実施され、その対応力が試された初年度に信愛初となる国公立大学合格106名という結果につながったように、「総合的な探究」の時間を軸とする大きな改革への対応において、本学が一日の長を有しているということだと思います。

次年度は新たに「iコース」もスタートします。信愛の「探究」にぜひ注目ください。

それでは、今まで使いたくても使えなかったSGHロゴをさっそく使ってみます!

MY PROJECT AWARD 2020 全国Summit (Day2)がスタートしています

昨日に引き続き、本日も「MY PROJECT AWARD 2020」全国Summit(Day2)がスタートしています。

何だかテレビ番組みたい。

先ほど昨日行われた2回の発表を踏まえて、本日全体の前で代表プレゼンを行う6プロジェクトが発表されました。
残念ながらその6チームの中に「GACチーム」は選ばれませんでした…
生徒たちは頑張ってきた分、なかなかショックも受けているようです。
いやでも、10,000を超えるプロジェクト、13,000人も参加している高校生の中から48プロジェクトに選ばれ、全国Summitに参加できただけですごいことだと思うんですけど。
先ほどの全体オープニングで説明があったのですが、マイプロは現在8年目、最初はたった18のプロジェクトからのスタートだったそうです。年々拡大していく中でもこのような機会を得たことはとても貴重なことだと前向きに受け止めてほしいですね。

現在リフレクションをしていますが、これから始まる代表プレゼンの6チームから学んで、自分たちの活動にフィードバックしたいと発言してますので、GACの今後の活動を期待してください。

春から信愛にくる新入生の皆さんも一緒にマイプロにチャレンジしませんか?

MY PROJECT AWARD 2020 全国Summitがスタートしました(GAC)

近年ますます参加者が増えているMY PROJECT AWARD 2020(通称 マイプロ)の全国Summit Day1がスタートしました。この所、連続参加を続けているGACですが、今年は5年ぶりとなる全国Summit参加となりました。

昨日の「Kick off Day」で判明したのですが、書類審査から含めると、今年度は実に10,000を超えるプロジェクトが応募し、その中の48プロジェクトの1つとして選ばれたそうです。すごい!!
当然新型コロナウイルスの影響によって、東京ではなく、オンライン開催となったことが残念ではありますが、せっかくの貴重な機会、全国の主体性あふれる高校生たちとの出会いを通して大きな刺激を受けてくれることと思います。

中学修了式

今日は今年度を締めくくる学校行事が行われました。中学校3年生は修了式を行い、3年間の課程を修了しました。修了証書を受け取り、校長先生からのお言葉をいただいて、胸を張って高校生への第一歩を踏み出してくれました。これからますます勉強にクラブ活動にと忙しい日々になりますが、何事にも前向きに立ち向かっていってもらいたいと思います。