光の実験

中学1年生で光の実験をしました。1人1つずつ小さな凸レンズを使ってトレーシングペーパーのスクリーンに実像を作りました。「大きい像」「小さい像」をつくってみよう!という課題でしたが、みんなで色々と相談しながらそれぞれのスクリーンに像をつくっていました。

最後は理科室で科学部が育てているメダカの卵を凸レンズで観察しました。

科学雑誌「Someone」を全校生徒に無料配布しています。

和歌山信愛ではリバネス出版が発行している科学雑誌”中高生のための研究キャリア・サイエンス入門 Someone”を全校生徒に配布しています(Someoneはリバネス出版のご厚意で無料になっています)。

Someoneは年4回配布しています。表紙はいつもかわいいイラストで、毎号テーマがあります。先日配布した秋号の表紙のテーマはわかりましたか?答えは裏表紙にあります。

 

和歌山信愛中学×和歌山大学 中大連携「はかる」探究学習 2学期の活動スタートしました!

本日、中学2年医進コースの生徒を対象の「はかる」探究学習を行いました。

今日の課題は「分度器を使わずに模造紙の90度の角度を90分割してみよう!」でした。

3つのグループに分かれてそれぞれ試行錯誤しながらも元気に意見交換しながら取り組んでくれました。

「ひも」を使う、「時計」を使う、ひたすら模造紙を折る、、、

皆さんならどのような方法で90分割しますか?

 

中学2年生 磁石の磁界を調べる実験

中学2年生では、電流が一通り終了したので、これから磁力の学習に入っていきます。

そこで、まずは自然現象の観察からと思い、棒磁石を使った磁力線の観察をしました。所定の位置に方位磁針をおくことで、赤い針がどこに向かっていくかをしっかりと観察してもらいました。

磁力線は目に見えない(理科で扱うものの多くは目に見えません)ので実感が湧きにくく、どうしても抽象的な内容になります。

だからこそ、実際に自分の手を動かして観察・実験をして納得しながら、学習を進めてほしいと思います。

 

最近のmolの授業

化学のmolの単元は嫌われものですが、化学を学ぶ上で避けては通れないのも事実です。

そこで、グループワークを取り入れて、一人ではなくみんなで協力して乗り越えていくように授業をデザインしています。

スポーツクラスの生徒達はクラブ対抗にして取り組むと、とても盛り上がって、教えあいながら、問題に取り組んでいます。

molの分野が少しでも生徒達に「面白かった」という風に残ることを祈っております。