合同カンボジア研修研究会&成果発表会 2日目報告

昨日の夜、研究会に参加した生徒3名とともに無事に和歌山に帰ってきました。

さて、それでは昨日の報告を。

昨日は、朝から昨日の米倉先生の「人々の役にたつ支援とは?」に対する答えを見つけるために、ODAのDAC評価に照らし合わせて、自分たちの研修内容を評価したり、研修の学びをヒントに考えた新しいプランを提案したものを発表するための準備を行ないました。
昨日会ったばかりの他校の生徒たちとも少しずつコミュニケーションがとれるようになりつつあり、協力しながら発表内容を考えたり、ポスターを作成したりと精力的に行動しています。

さて、いよいよ発表。この研修会に参加しはじめた頃は、他校の生徒に遠慮し、発表の時はただポスターを持って立っているだけ、なんて時もありましたが、しっかり存在感を示してくれました。

それと同時に、泊まった部屋の使い方、研修会場の片付けの際など、さすが信愛生という振る舞いで非常に誇らしく感じました。

そして、閉会。
やっと仲良くなってきたのに…という頃には残念ながらお別れ。

生徒たちは昼食後も名残惜しそうに写真を撮りあってました。
まぁ、今の生徒たちには色んなツールがあるので、少々離れていてもやりとりはできるのでしょうが。
互いに刺激を受け、成長していけるような交流を続けてほしいものです。
大学で再会なんてのもステキな話ですね。

終了後は、帰りの少し運賃の安い飛行機まで時間があったので、ご褒美にショッピングや観光を。
しっかりしたもので、事前に東京の学校の生徒さんたちから情報を仕入れ、代官山や渋谷で短いながらも楽しい時間を過ごしました。

ちなみに、今回の旅では、何と東京に進学した卒業生と渋谷スクランブルスクエアで出会ったり、ANAで働いている20年近く前に卒業した生徒と会ったりと色んな偶然が。

なお、来年度は、和歌山で本研修会を開催します。なるべく多くの生徒が参加できるように工夫したいと思っていますので、新高2や新高1になる皆さんお楽しみに!

合同カンボジア研修研究会&成果発表会 2日目が始まっています

おはようございます。

本校の生徒3名も参加したカンボジアをフィールドに海外研修を実施する全国6校が集う研究会の2日目の朝を迎えました。少し眠そうではありましたが、みな元気にしています。

それでは、昨日の研修についてご報告を。

まず冒頭で各学校による「自分たちの研修内容とそこで得た学び」をテーマに10分間のプレゼン。本校は6校の中でもスケジュール的に1番最近カンボジアを訪問しているため、プレゼンの準備もギリギリだったのですが、冒頭にカンボジアのクリスマス会で発表するはず(なぜ発表できなかったは過去のカンボジア研修の記事をご覧ください)だったダンスを盛り込み、他校の生徒さんを引き込もうとするパフォーマンスを急遽組み込むなどのチャレンジをしながら、何とか自分たちの思いを伝えることができました。

発表後は、比較的他校の生徒さんの興味を引き出すことができたのか(もしくは、説明不足で伝えることができていなかったのか)、多くの質問もいただくことができました。
また、同じカンボジアに行っているのに、全く違う学びがあることを知り、大きな刺激を受けていたようです。
さらに、パフォーマンスが功を奏した?のか、比較的早く他校の生徒さんたちと交流することができているようです。

その後は、昭和女子大学国際学部の米倉雪子先生からカンボジアの現状を踏まえ、「人々の役に立つ国際協力とは?」をテーマに講演をしていただきました。そして、ここからがこの研修の醍醐味、各校の生徒がごちゃ混ぜになってグループを編成し、米倉先生からの投げかけに対して、翌日の発表に向けて自分たちなりの考えをディスカッションするという段階に入ります。



よく知った間柄でも、意見や思いを集約するのは難しいのに、つい先程出会ったばかり、さらにカンボジアでの体験や学びを通して、自分なりの強い思いを抱いている生徒たちとのディスカッションですからなかなか意見が集約できない。これはなかなか厳しい環境です。1日の全てのプログラムが終了した後、参加生徒たちと振り返りの時間をとったのですが、なかなか苦戦しているようで、いい経験をさせてもらっているようです。

現在2日めの最初のプログラム、いよいよ発表に向けて、ポスター作成などの最後の準備にかかります。

合同カンボジア研修会&成果発表会に参加します

カンボジアで海外研修を実施する他の地域協働事業校やSGH校が集う「合同カンボジア研修会&成果発表会」に参加するため、カンボジア研修に参加した9名の生徒の代表3名とともに今から東京に向かいます。
本日の午後にはプレゼンが控えているのですが、その原稿がまだ完成していないようで、3人とも必死です。何か疎外感が…笑

例年、他校のすばらしい生徒さんたちとの交流は、本学の生徒たちにとって自分の視野を広げる貴重な機会となっています。今年度も間違いなくすばらしい経験をすることができると思います。

なお、次年度は本学がこの研修会の幹事校となる予定です。和歌山での開催となりますので、次年度カンボジア研修に参加した生徒は全員この学びを手にすることができるので、在校生は積極的にカンボジア研修に応募してくださいね。

カンボジア研修 最終日 報告

帰国して1日以上が経ち、ようやく最終日の報告です。

と実は年末には書いていたのですが、今日まで下書きのままで公開するのを忘れていました💦
遅ればせながら公開します。
かなりのタイムラグができましたが、お許しください。

さて、最終日は、いよいよ世界遺産アンコールワット遺跡群の見学です。
最初にアンコール・トム。

ノリノリで写真撮影してます笑

そして、信愛のカンボジア研修では初めて訪れた映画「トゥームレイダー」のロケ地として有名なタ・プローム。

そして、昼食後は、いよいよアンコールワットへ。
池の水が少なくなりすぎていて水を入れていたため、池に写るアンコール・ワットの写真を撮ることはできませんでしたが、精緻なレリーフやパワースポットである世界の中心、そして第3回郎にも上がることができ、充実した時間となりました。



その後はアンコール小児病院へ。
13歳までの子供ならタダで診療するという医療機関ということですばらしい活動を行なっているとは思うのですが、実際の病院の中に入れなかったのは少し残念だったかと。

その後はホテルに戻り、シャワーをあびカンボジア最後の食事へ。
ちなみに、この日に関してはホテルをチェックアウトせずに部屋をキープしておき、見学時の汗を流した上で飛行機に乗せてくださる優しさが、本学の海外交流アドバイザーの伊東さんの配慮です。

急いで空港近くの夕食会場に向かおうとしますが、またしてもトゥクトゥクに乗りたいとの要求が笑
どれだけ乗りたいんでしょうか。
ということので、この旅3度目のトゥクトゥク。
次年度からバスを予約しない方がいいような気が。
まぁ、その方が予算も安くあがりそうですけどね。

さていよいよカンボジア研修旅行もフィナーレへ。
伊東さんやガイドのヴァンディーさんともお別れ。

本当に今年度も充実した研修になりました。この旅で出会った全ての方々、そしてこの旅を支えてくださった方々に心より感謝いたします。
旅が終わってすぐは生徒たちにも考え方や姿勢などに変化が出るかもしれませんが、少し時間が経ってもこの熱い気持ちが継続できるか、この旅で得たものを実際の行動に移すことができるのかなど、これからこそ参加生徒たちにこの旅の真価が問われることになるはずです。しかし、色々な方々の言葉や想いがきっと生徒たちを突き動かし、学校全体にまで影響を与えてくれることを期待しています。

カンボジア研修 5日目 報告②

12月29日(日)の朝無事に関西空港に到着しました。
当然連日30度越えの環境からの帰国ですので、今後寒さへの対応による体調不良が心配ですが、全員元気に帰ってきました。
今年度も非常にすばらしい研修ができたと思いますので、それぞれの生徒が様々なことを感じ、考え、今後の行動へとつなげてくれると思っています。

さて、それでは5日目の午後の報告を。

クメール料理の昼食となるはずだったのですが、ガイドさんのヴァンディーさんがとても慌てています。
午後はカンボジア研修としては初となるカンボジアの子供たちに日本語を教えているという「むつみ日本語学校」の方を訪問することになっていたのですが、実はこの学校を運営する檜尾睦先生はとても厳しい方で1分の遅刻さえも許さないとのこと。
しかし、あまりにも午前中のプログラムが盛り上がったため、予定の時間からすでに1時間遅れています…

そのため、昼食を慌ててかきこみ、バスに乗り込み、「むつみ日本語学校」へ。

到着したのは約束の13時に3分遅れた13:03。
皆バスから飛び降り、急いで、むつみ日本語学校へ。
実は、行程に遅れが出ていることを知った本学の海外交流コーディネーターの伊東さんが娘さんとともに先回りしてくださったことで、檜尾先生はご機嫌に。何とか事なきを得ました。

事前の情報のせいで相当にビビりながらの訪問だったのですが、そこで得た経験はぜひ全ての信愛生に届けたいと思うほどすばらしいものでした。

詳しくは参加生徒による発表会で報告してほしいと思っているので、ここでは詳しく触れません。
しかし、カンボジアの子供たちに日本語を教える檜尾先生の情熱、日本語を必死で学ぶカンボジアの子供たちの姿勢や態度。もしかすると、その様子を批判する人もいるかもしませんが、「教育の原点」とも言えるようなものをまさかカンボジアの地で見ることになるとは思わず、私自身としてはただただ感動しました。
また、参加生徒も信愛での学びを通して、同じようなことを感じてくれたのか、その場にふさわしい最善の行動、態度をとってくれ、非常に誇りに思いました。3時間余りの交流は非常に実り深いものとなったと思います。


その後は昨年度もお世話になった「CandyAngkor」の西さんのもとへ。今年度は西さんだけでなく、西さんのお友達で1年間という期間限定でカンボジアで日本語教師を行なっている足立さんからお話を伺いました。
特に、足立さんは日本に旦那さんがおり、看護師という仕事につきながら、このような選択をなさいました。そのあたりを含めたお話と生徒たちのこれからに対してのエールは心に届いたことと思います。


カンボジアの伝統的な踊りも楽しめる豪華なレストランで夕食をとった後は、トゥクトゥクでホテルまで。
生徒たちは本当にトゥクトゥクが大好きです。

カンボジア研修 速報

現在、ホーチミンまで順調にきています。

おそらくほぼ定刻で関空に向かうことができると思います。
全員元気にしております。

なお、保護者の皆様、関西空港のHPをご確認の上、お迎えをお願いいたします。

カンボジア研修 5日目 報告①

カンボジア研修も5日目です。
この日は本当に濃厚かつ熱い1日となりました。

今日の朝はゴミ山見学からのスタートです。
シェムリアップ近郊のゴミ山へ。
近年ゴミ山は立ち入りが難しくなっているのですが、信愛のカンボジア研修ならば、この貴重な体験を味わうことができます。
昨年と比較するとゴミの量はさらに増え、昨年ゴミの縁だった所は普通に埋まってしまっていました。
8hもの広大な土地なのですが、もう少しで限界がきてしまいそうだということです。

環境省の方にヒアリングさせていただきつつ、高く盛り上がったゴミ山の上にまで登らせていただきました。
また、途中ゴミの搬入もあり、ゴミ山に入ってくる人たちが車に群がる姿にも直面しました。
ゴミ収集車が近づくと道端でのんびりしていた人たちが我先にと準備する姿、ゴミが捨てられるとゴミを漁るための棒を駆使しながら器用にゴミの中身を確認している姿はやはり衝撃的としか言いようがありません。


生徒たちは、ゴミ山に入り込んでゴミを漁るような人たちは貧しくて困っている人なんだろうと思っていたのに、ゴミ山でゴミを漁っている方が、農村で働く人よりも多くの収入を得ているだけでなく、時間に縛られずにすむ自由さを大切にしていること。
また、ゴミ山に立ち入る人に健康被害があるため、なぜそんなことをするのだろう。やめたらよいのではないかと思っていたのに、実は彼らの存在がゴミ山のゴミの分別を進めているということ。
さらに、ゴミ山のゴミを日本のように処理場を作って処理したらいいのではないかと思っていたのに、発電等を通して処理にかかる費用を賄うには出るゴミの量が少なすぎること、などなど日本でのインターネットなどを通した検索では分からない現実を学ぶことができました。

なお、あまりに深く考えたり、質問したりした結果、時間が押してしまうことに…これが後々影響を与えることになることにこの時は気づいていなかったのですが…

さて、ゴミ山に続いては、ゴミ山に入り込んで生活する人たちに安定した雇用を与えたいという思いからバナナペーパーを使ったビジネスを生み出した「クマエ」の山勢さんのもとへ。

今回は残念ながら山勢さんは急用が入り、不在だったのでお会いすることはできませんでしたが、インターンとして現地に来ている上智大学の学生さんから「クマエ」の思いやバナナパーパーの製造方法、ビジネスの形についてなどを説明していただきました。

なお、実はそこに1人の日本人の女の子がいたので、気になっていると実はトビタテ留学JAPANを利用して、この冬休みに「クマエ」に来ていた大阪教育大学附属平野校舎の高校2年生とのこと。今回の研修参加者は全員高校2年生ですので、自分たちと同じ年齢の子がたった1人でカンボジアを訪れているという事実に大いに刺激を受けたようです。すばらしい出会いがありました。

ここで、午前中が終了。昼食に向かいます。

カンボジア研修 4日目 報告②

おはようございます。
ただ今6日目の朝を迎えました。
みな元気に、充実した時間を過ごしています。
自分自身もがっちりプログラムに参加しているので、なかなか記事がアップできず申し訳ございません。

さて、4日目の後半の報告へ。
チョンケリー村を出発し、一路プノンペンへ。
途中なかなかの悪路もありましたが、予定より少し早くプノンペンに戻ってきました。

ただ、できれば市街地の方へと向かい、王宮やワットプノム、川の合流点などを見せてあげたかった所ですが、やはりネックになるのは渋滞…
時間はギリギリないことはないけど、絶対にシェムリアップへの飛行機に乗れるとは言えませんとのことで、泣く泣く断念…

そのため、予定より少し早くなってしまいましたが、信愛のカンボジア研修にはなくてはならないソタさんとお別れとなりました。
何故か空港のフードコートの中でお別れの写真という…笑
ソタさん今年もどうもありがとうございました。


さて飛行機を降りるとシェムリアップに到着です。
シェムリアップ空港は飛行機から空港の建物まで歩きというなかなか珍しい空港です。


クリスマスからお正月まではシェムリアップのホテルたちはイルミネーションで飾られ、非常にきれいです。その道路を通ってまずはナイトマーケットに。

値段交渉もしながら思い思いにお土産を購入しました。

そして、今日の最後は、生徒たちが楽しみにしていたトゥクトゥク。
今はアプリで配車を依頼し、移動距離で精算するシステムに。
これでボラれたりすることもないんだそうです。

カンボジア研修 4日目 報告①

4日目は、本日は現地のカトリック校である聖フランシスコ高等学校への訪問なのですが、途中の道路がよくないとのことで朝6時からの活動です。
まだ暗いうちにバスへ荷物を積み込み、昨日と同じ食堂です。
最後に部屋の様子をシスターに確認していただきましたが、「さすが和歌山信愛の生徒ね」とお褒めをいただきました。

朝食後はチョンカチアン村にある平和の村と聖フランシスコ高等学校へ。
平和の村は障害のある人たちとその家族たちの自立した生活のために運営されている施設です。
ここは訪れるたびに変わっていて今年度はリハビリのためのプールやココナッツの皮を使ったアクセサリー工房ができていたりと、年々充実しています。
訪問させていただいたお礼として障害のある子どもたちのためにお菓子をプレゼントしてきました。

その後は聖フランシスコ高等学校へ。
カンボジアの研修も5回目となったので、現地の学校の先生と少しずつコンタクトもとれるようになってきました。
そのため、今年度はこの研修に参加する本学の生徒と現地の学校の生徒とで事前にテレビ電話でコミュニケーションをとることにしました。そのため、実際に訪問した時には互いに初めて会ったという感じがせず、例年よりも内容の濃い交流ができたように思います。


最後に現地の先生からは、自分たちも日本を訪問したいという申し出も。同じカトリック系の学校だし、村の中にあるとはいえ、朝から夜19時ごろまでもしかすると我々以上に勉強している学校ですので、いつか実現するかもしれないですね。

交流の後は、食堂で昼食。もう少し交流したい所ではありましたが、プノンペンに戻りシェムリアップへの飛行機に乗らなければならないので、残念ながら出発です。


そして、それは同時にシスターとのお別れも意味しています。
遅刻して…からのスタートではありましたが、今年度もシスターの子供たちの学びを支えたいというとてつもない情熱は生徒たちに強烈に残ったことと思います。
シスター、ありがとうございました!

カンボジア研修 3日目 報告②

おはようございます。

こちらはすでに5日目の朝。本日はこれから今回の旅の目玉に一つであるゴミ山見学に出かけます。
投稿が遅れ気味で申し訳ございませんが、生徒たちは皆元気にしています。

修道院で神父様たちと昼食をいただいた後は、現地の英語今教育教室に通う女子高校生と修道会の支援をうけて寄宿している男子高校生たちとのコミュニケーションです。予定していた9名の生徒が集まらなかったので、ソタさんやオーストラリアからボランティアでお手伝いにきている女性の方にも手伝っていただき、英語を使って1対1でのやり取りです。
10分程度で交代しながらやり取りを続けましたが、この研修も数を重ねるにつれて、自然なコミュニケーションがとれるようになってきているなと感じます。やはり、ACPやオンライン英会話の影響でSpeaking能力や海外の方と交流するということの非日常感が薄れてきているのだと思います。


交流の後は、カンポットの市内散策へ。まずは、地元の人々が利用する市場を見学しました。冷蔵や冷凍の設備に乏しいため、カットしたお肉などがそのままぶらさげられていたり、魚が雑然と並んでいたりなどは例年通りでしたが、今年度は初めてカエルのお肉に遭遇。さすがにぎょっとさせられました。
その後は川沿いを散策。地元の人々が集まり、それぞれの時間を過ごす様子に、日本よりも時間がゆっくりと流れているのを感じていたようです。

一方、私は小学校の副校長先生に誘われて、塩田の見学へ。
カンポットの南には海があり、それを利用して塩を作っているそうです。それよりも海岸沿いの景色はほとんど建物もなく、のどかな風景の中、沈んでいく夕日の美しさに目を奪われました。

その後は、川沿いのレストランで学生たちと夕食をとり、宿舎へ。
そこで、学生たちとはお別れ。女の子たちにはヘアアクセサリー、男の子たちには日本のインスタント食品をお土産としてプレゼントしました。どん兵衛やUFO、ペヤングなどはきっとカンボジアでは手に入らないだろうと思われるため男の子たちも喜んでくれるのではないかと思います。
カンボジアの子供たちは少しシャイで、でも人懐っこくてとてもかわいい子たちです。今年度もとてもよい交流ができました。