高校3年生が【探究発展Ⅱ】のグループワークをおこないました

本日(6月19日)は、高校3年生がクラスをシャッフルしてグループをつくり、探究発展Ⅱの研究テーマである「10年後の自分」について3分間のプレゼンをおこないました。

受験勉強に忙しい日々を送っていますが、うまく時間をやりくりして、スケッチブックやパワーポイントを用意してプレゼンした生徒もいました。

将来やりたいことが明確になっている人にとっては3分のプレゼンは簡単だったと思いますが、まだ将来の夢が漠然としている人にとってはなかなか大変だったと思います。しかし、自分のやりがいや社会とどのように関わるかという点に着目して、なんとか皆プレゼンを終えることができました。あえてクラスをシャッフルしたのは普段顔を合わさない人にも自分の思いを伝えることができるようになるための練習ですが、いろんな人がいろんな夢を持っていて、その夢の実現のために何をどう頑張ろうとしているかを聞くことはとても刺激になったと思うし、そこから自分の進路を考えるヒントを得られた人もいると思います。
次はクラス内プレゼンです。今回のプレゼンでグループのメンバーからもらった講評をヒントにさらにブラッシュアップして素晴らしいプレゼンをしてください。期待しています。

高校生ビジネスプラン・グランプリ作成サポート授業を実施しました。

先日の和歌山県データ利活用コンペティションに関する出張講義に引き続き、本日6月19日(水)の放課後、日本金融公庫大阪支援センターの向笠様をお招きして、高校生ビジネスプラン・グランプリ作成サポート授業を実施しました。
参加した生徒は、何と100名。積極的な生徒が増えてきておりうれしい限りです。

やはり実際に創業を支援している方ということもあり、ビジネスアイディアをひらめくための着眼点やアイディアからコンセプトへの発展のさせ方などを具体例を交えながら分かりやすく説明していただきました。

生徒たちの反応も良かったからか、具体的なアイディアが見つかったころにもう一度来校いただき、作成しはじめたビジネスプランにアドバイスをいただけるというお約束も。
まずは、「高校生ビジネスプラン・ベスト100」を目指して信愛生がチャレンジします。

このような活動を通して、向笠さんのお言葉にもあった「自ら考え、行動する力」がさらに伸びていくことと思います。

追記です。
先日、向笠さんからメールをいただきました。
メールの本文を引用します。
「生徒のみなさんの授業に臨む姿勢に心打たれ、信愛ファンになりました!
また授業のご要望等ございましたら、何なりと申し付けください」
とのことです。
そんな風に言っていただけてうれしいですね!

和歌山県データ利活用コンペティションに関する出張授業を実施しました。

まだ、ホームページに「地域との協働による高等学校教育改革推進事業z(グローカル型)」の専用ページが作成されていないため、SGHのページに投稿しました。

本日(6月17日)の放課後17:30より和歌山県データ利活用推進センターの遠北様をお招きして「和歌山県データ利活用コンペティションに関する出張授業」を行いました。

本学の探究学習には、客観的なデータをしっかり落とし込むという視点が弱いと常々思っていたため、「第3回和歌山県データ利活用コンペティション」に応募しようという名目のもとで、自分たちのアイディアに対して、どのようにデータを活用するのかという視点でお話しいただき、非常に有意義な時間となりました。

そして何よりもうれしかったのは、このような放課後の出張授業に対して主体的に参加を決めた生徒が90名を越えたこと。先生方の働きかけもあるのでしょうが、生徒たちが興味・関心を持って、自ら参加しようとする雰囲気が学校の中に存在していることを改めて感じうれしくなりました。
また、会の終了後に話した高校1年生の生徒は「絶対応募しよう!」という頼もしい一言を。今年度のテーマは「地域の商店街・中心市街地の活性化」だそうです。「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」ともリンクする内容です。次は、一人でも多くの生徒がチャレンジしてくれることを楽しみにしようと思います。

明後日の水曜日の放課後には「高校生ビジネスプラングランプリ」のビジネスプラン作成サポート授業が行われます。きっとこちらも盛況となることと思います。