信愛フェスタ 科学部 「スライムづくり」

5月11と5月12日は信愛フェスタがありました。

科学部では、「スライム」を作って、フェスタに来ていただいた方を歓迎いたしました。

参加してもらった方には、絵の具で色をつけた「スライム」を作ってもらい、持って帰っていただきました。

楽しんでいただけでようで、良かったです。

2019.5.15に行った実験

定期試験の直前なので、授業で教えた内容を確認するために実験を行いました。

内容は

・蒸留(演示)

・炎色反応(演示)

・クロマトグラフィー

・抽出

*抽出の実験は水性絵の具が水層と油層のどちらに溶けるかを調べてみました。

炎色反応など、たとえ結果はわかっていても、実物を見ると感動するものです。これからも実験を中心にした授業をしていきたいものです。

2019.5.10に行った実験② 化学反応と温度変化

発熱反応と吸熱反応を実験によって確かめました。

酸化カルシウムに水を入れて、発熱反応を行い。

クエン酸に炭酸水素ナトリウム水溶液を入れて、吸熱反応を行いました。

酸化カルシウムと水の発熱反応は、最高で90℃まで温度が上昇し、周りに湯気が見えるほどでした。

2019.5.10に行った実験① 質量保存の法則

今回は質量保存の法則を実験で確かめました。

塩酸の中に、炭酸水素ナトリウムを入れて質量の変化を確認しました。

ビーカーのようなふたのないような状況なら、二酸化炭素が飛んで行った分だけ、軽くなりますが、ペットボトルなどでふたをしっかりしめると、質量は変わりません。

実験結果もしっかりと出たので、生徒も質量保存の法則を理解してくれたと思います。

2019.5.7 M3で行った実験

GWも終わってしまいましたが、さっそく実験をしました。

今日はM3で蒸留の実験をしました。

簡易的な装置を使って、食塩水を蒸留し、無事に食塩水と水に分離することができました。

生徒も無事に分離できたことに、感動していたみたいです。