大ヒット上映中!   山本茂樹

11月22日に『アナと雪の女王2』が公開されました。みなさんはご覧になりましたか?
前作の『アナと雪の女王』は日本での公開が2014年3月14日だったので、あまり意識されていないと思いますが、アメリカでは2013年11月27日公開でした。つまり、クリスマス映画だったわけです。今回は日米同時公開でしたから、日本でもクリスマス映画として楽しむことができます。

『1』はディズニーのプリンセスもののセオリーを打ち破り、王子様とのロマンスでハッピーエンド、ではなく、幼いころから事実上家庭内生き別れ状態になっていた姉妹の「愛」が祖国を救うという、「家族愛」がテーマとなっていた作品でした。まさにクリスマスにふさわしい映画だったわけです。

『2』はまだご覧になっていない方もいらっしゃるかもしれないので、ネタバレにならない程度に書かせていただくならば、やはり「家族愛」がテーマになっています。こちらも、クリスマスにふさわしい映画だと言えるでしょう。

ただし、内容に関してはかなりの差異が認められます。『1』のエルサは、氷の魔法を使うことができるという秘密を持つがゆえに外部との接触を断ち、自分の殻に閉じこもっていた女性でした。それが、お城を飛び出すことで「ありのままに」生きていけばいいんだ、と第一段階の成長を遂げます。しかし、自らの力のせいで妹アナを危機に陥れてしまったがために、我が身を顧みずに妹を助けようとします。そして、妹を救うことができたのが自らの「愛」だと気づき、人々を信じられるようになり、人々から受け入れられるという第二段階の成長を遂げるのです。しかし、この氷の魔法は単なる比喩に過ぎません。なぜならば、誰しも人には言いにくいことを一つは持っており、それがためにエルサのような孤独を味わっているからです。つまり、『1』はエルサの成長物語であり、誰しもが自分もエルサと同じだという共感を持つことが出来る、普遍的なメッセージ性を持った映画だったのです。『1』がヒットしたのは、そういう理由でした。

なお、『2』の物語はかなり様子が異なっています。『1』のような自分と比べるという感情移入の仕方は難しいかもしれません。また、設定が急に複雑になり、子ども向け作品ではなくなっているようにも思います。

個人的には、私は『1』の方が好きです。ジブリ作品で例えるならば、『1』は『天空の城 ラピュタ』、『2』は『風の谷のナウシカ』だと思いました。

今年のクリスマスは、ぜひご家族で4つのアニメ映画を見比べてみてはいかがでしょうか。

一陽来復   齊藤恭子

今日は、信愛では保護者懇談会の最終日。
世間では、冬至二日前。 え? なんで? ちょっと強引!……。ですよね
ですが、そのまま続けます。
そもそも冬至は1年の中で最も日照時間が短い日、
地球が太陽の周りを一周する位置関係で決まるため、年によって異なり、
2019年は12月22日がその日にあたります。

「一陽来復」とは
易(中国から伝わった占い)の用語で、一年のうちで最も日が短く、
翌日から徐々に日が長くなっていくため
冬至が「陰」の極みで、翌日から「陽」に変わることから
悪いことが続いたあと、幸運に向かうという意味があります。

そこで、冬至の日には、「ん」のつくものを食べると運勢があがると言われており、
野菜の中でもトップレベルの栄養価を誇る「なんきん」=「かぼちゃ」を食べるのが、
風邪などになりやすいこの季節に良いとされています。

もう一つ、この日の風物詩といえば、ゆず湯。
これは、「一陽来復」の考えのもと、
運を呼び込むために冬至の日にゆず湯に入って邪気を払おう(=厄除け)とするもので
江戸時代からある風習だそうです。

そういうことで、みなさん、冬至の日には、
かぼちゃを食べ ゆず湯に入り
ホッと一息(*^^*)
大事なからだを 芯から 温め
そして、たーっぷりいたわって
どうか こころにも ぬくもりを!

引用文献 明日のネタ帳 2019今年の冬至の日にちはいつ?

こんにちは 奥野

皆さんこんにちは。
会計課の奥野です!

 早いもので、今年も終わりが近づいてきました。通常授業も終わり、残すところ終業式だけになりましたね。終業式といえば、今回はクリスマスミサで侍者をさせて頂くことになりました。初めてのことなので、もしも、何か間違っていても、大目にみてやって下さい^ ^笑

 今年の冬はまだそこまで寒くない気がしますが、これから寒くなると思うので、体調には気を付けてください。特に受験生の皆さんは、今がラストスパートだと思いますので、風邪やインフルエンザにならないように気をつけて、最後まで頑張って下さい!!

「あなたは、今、何ができる?」  岩橋三絵

 来年4月からレジ袋の有料化が実施されようとしています。スーパーはもちろんコンビニも対象に含まれるようです。これからはエコバックを持って買物に行くのが当たり前になってきます。今まで便利だった分、面倒だと思う人は私も含めて多いと思います。またこの流れでか、飲料自動販売機からペットボトル商品も少しずつなくなる気配も見られます。
 今、世界的にプラゴミの海洋問題が叫ばれています。ウミガメの鼻にストローが刺さった写真や、クジラの胃袋から大量のプラゴミが出てきたなどショッキングなニュースを目の当たりにします。
 町中にポイ捨てされたレジ袋やペットボトルは、雨風にさらされて川から海に運ばれ、直径5ミリ以下のマイクロプラスチックとなります。そのマイクロプラスチックを食べた魚を人間が食べることになります。体によいワケがありませんね。
 これからの日々の生活を見直し、プラゴミ対策として何ができるかを考えないといけません。小さいことからですが、私はまずエコバックとマイボトルから始めたいと思います。

高文連軽音楽部会 高文祭

軽音楽部の仲川です。12月12日(木)に粉河ふるさとセンターで行われた高文連軽音楽部会の高文祭に行ってまいりました。各校活気あふれる演奏の中、信愛は技術的には残念ながらまだまだのレベル。その理由は…
・クラブとしての技術力向上の機会の無さ
・個人練習の時間の少なさ
この2点かなと思います。


日々の勉強も大切ですが、『ただひたすら何かに熱中して追い求める』というのも素晴らしいことだと思います。

中学弁論大会・中学生徒会選挙が行われました 郷地若葉

いよいよ冬休みが迫ってきましたね。
今日は中学弁論大会、中学生徒会選挙演説会が行われました。
大勢の人の前で話すことは、とても緊張しますよね。
今日、前で話しているみなさんは、話の内容も然ることながら、
堂々とした話し振りは、さすが信愛生!どの発表も、甲乙付け難いレベルの高いものでした。
これからの信愛がとても楽しみですね。

さて、せっかくの百人一筆なので、1つ記事を紹介させてください。
私の弟の所属している野球部についての記事です。
平日の練習時間は50分、甲子園出場もない野球部です。そんな環境でありながらも、今年のドラフト会議で、育成選手に選ばれる選手まで出てきています。
今までの高校野球のイメージを覆す取り組みをしているので、是非読んでみてください!

平日練習わずか50分「フィジカルとデータで高校野球に革命を起こす」

限られた環境・時間の中で、どれだけ効果的な取り組みを積み重ねられるか。これはやがて大きな違いを生むと思います。また、私自身も教員として、常に自分自身が学び続ける姿勢を忘れないでいきたいと改めて感じさせられました。
信愛生のみなさんも、何か感じるところがあったでしょうか。

靴ヒモの結び方 平井 拓真

 先日テレビを見ていると「靴ヒモの結び方」を話題にした番組が放送されていました。普段靴ヒモの結び方に興味をもつことはないのですが、放送されていた結び方が見た目的にも面白く、画像に収めてもいいぐらい美しい結び方も紹介されていて、やってみたいなと思うものもありました。
 こういうものを見ていると、結び方の美しさだけでなく、数学を学んできた性分からか結び方が何通りあるかが気になってしまいました。と言っても簡単に計算できるものはありません。例えば、ヒモ穴が4つでそれぞれの穴にヒモを1回だけ通す条件をつけてもその順番だけで24通り、さらに上から通すのか下から通すのかも含めると16倍つまり384通り存在するのです。ヒモのクロスのさせ方まで考えると、気が遠くなりそうです。ちなみに皆さんがもっている靴のヒモ穴を数えて、どれだけヒモの結び方があるか計算してみてください。たぶん、毎日ヒモの結び方を変えても、一生のうちに完全制覇するのは…無理でしょうね。
 ちなみにヒモの結び方は立派な数学の研究テーマの一つで「結び目理論」と言われます。さまざまな分野にも応用される理論です。興味がある人は、一度「結び目理論」を調べてみてはいかがでしょうか。

留学生交流会  山本 哲耶

先日、河合先生がホームページで報告をしていたACP(Advanced Communication Program)の留学生の方々が、

私が担任をしているH2Fのクラスに3人来ていただきちょっとした交流会を行いました。

音楽を得意とする生徒たち(サックス、チェロ、キーボード、ギター)の演奏でお招きをして、チョコフォンデュパーティーでおもてなしをしました。

はじめは留学生の方にドキドキ緊張して打ち解けなかった子も、会の半ばになると英語でしっかりとコミュニケーションを取っていました。

普段の授業で勉強している、オンラインリスニングのおかげもあり英語を話すことに自信が持てるようになったことで会話が弾み良い雰囲気のパーティーができました。

おいしいお菓子を楽しみ、音楽や寸劇を披露し、

ほんのひと時ですが良い時間を過ごすことができて素晴らしい経験でした。

健康第一!今年も残りあと少し!  中谷 良

 最近は寒くなったり、暖かくなったりで、皆さんは体調を崩していませんか。
 私は微妙に不調です。のどの調子が悪くて、たまに腰も痛いです。たぶん風邪ではないのですが、こうも寒暖差が大きいと身体がついていけません。
 ただ、生徒の皆さんはすごく元気ですね。最近うれしく感じていることは、学校でインフルエンザにかかっている人が例年より少ないことです。昨年度であれば、この時期にちらほらインフルエンザにかかったといった話を聞くのですが、今年は少ないような感じがします。
 放課後に教室に行っても、一生懸命に勉強したり、課外活動に励んでいたり、もしくは意味もなく飛び跳ねていたりと元気な様子が見れてこちらも元気になります。今年も残り数週間ですが、健康でいつづけましょう!

振り返り

皆様こんにちは。
保体科の辻です!!

 いよいよ年末が近づいてきましたね…特に何か楽しみがあるわけでもありませんが、なぜかテンションが上がってきます・・・ということで、残り少ない令和元年度の日々を自分なりに工夫しながら満喫していきます!!

 ここで、1・2学期を振り返り学校生活の一部を紹介させていただきます。
「授業編」 
 保健で高校一年生(4クラス116名)、体育で高校一年生(2クラス61名)と高校3年生(4クラス130名)の9クラス総勢307名の生徒と接することとなりました。問題点としては、①なかなか生徒の名前と顔が一致しない。②学期ごとの成績評価が大変。③授業の準備がかかるなどなど。逆に、①生徒たちの色んな表情が見られたこと。②たくさんの会話ができたこと。③色んな情報が聞けたことなどなど。
 まだまだこれからも今以上に生徒とのコミュニケーションを図り、信愛の皆さんとともに発展して行きたいと考えています。必ず「信愛」という学校は発展していきます。
しかしよくよく考えてみると、6年間または3年間在籍されていても、生徒全員の授業を担当することはないのです。現に担当することなく卒業されていく生徒たちもたくさんいます。担当させていただくクラスの生徒に限らず、できる限りたくさんの生徒たちに声掛けすることをを心掛け、生徒の成長と共に、色んな出会いに感謝しながら授業を楽しみたいと思います。まずは挨拶からと思います。
「クラブ編」 
 中学ソフトテニス部の顧問です。現在部員は2名…学校に・選手に「感謝」しつつ常に楽しんでいます。ほぼ毎日見ていると選手の変化に気づきにくいのですが、ふとした瞬間に強くなっているのです。確実に上達しているのです。今までの選手たちもそうでしたが、皆成長していますよ!!
 これは勉強でも同じではないでしょうか…きっとやれるんです。自分の大好きなことだけではなく、常に日々成長してるんです。変えてもらうのではなく、自分で変えるんです!!

 「夢にときめけ!明日にきらめけ!目指せ・・・」

 僕の大好きな言葉です。「・・・」には皆さんの心に響く言葉を入れて下さい!