マスク 水上龍太郎

こんにちは。はじめまして。
今年度より和歌山信愛にやって参りました、水上龍太郎と申します。
現在高2の担任をしており、物理や化学を指導しております。
信愛生は非常に元気で、真面目で、活発です。

ところで、私は花粉症なのですが、
数年前から春だけでなく、秋にも鼻炎の症状が出るようになりました。
10月頃から鼻がつまり、くしゃみが止まりません。
そこでマスクを最近しているのですが、通りすがりの生徒がよく声をかけてくれます。
「先生風邪ですか?」「体調悪いんですか?」と。
気にかけてもらってうれしいなと思いながら
「ちゃうねん、花粉症やねん。ありがとう」
と返して、感謝の気持ちを伝えています。

・・・このやり取りは、生徒とすれ違うたびに行うので、
1日に10回ほど行います。月から土まで毎日ですと、50回くらい。
もうマスクに「花粉症」と油性ペンで書いてアピールしようかな、、

でも、普段と何か様子が違うなと思った時に、すぐに声をかけて、
気遣いのできる信愛生って素敵だなと思います。
私も、他人を思いやる心を忘れず、今後も過ごしていきたいと思います。

明日はいよいよ春高バレー県予選の決勝!
勝利に向けて、応援するでー!!!!

職業体験

こんにちは。中3担任の酒井侑子です。

11月に入り、一気に寒さも増したような気がしますね。校内でもマスク姿を見かけることが増えました。かく言う私もしっかりと風邪を引いてしまいました…皆さん、体調管理に気を付けて、これからの寒い季節を乗り切りましょう!

さて、信愛では中学3年生の行事として、毎年11月に「職業体験」が行われます。和歌山市内を中心とした一般企業・公共施設などにご協力いただき、2日間に渡り、実際のお仕事の一部を体験させていただきます。実際の仕事を体験することで、普段目にすることのない裏方の仕事を含め様々な仕事があることを知り、それぞれの将来、進路を具体的に考えるきっかけになればと実施しています。

職業体験では、社会で必要なマナーを身に着けることも重要な学習内容の一つです。体験先の事業所と打ち合わせる際の、電話での応対や、当日のご挨拶、仕事中の態度、終了後のお礼状…などなど、ルールを守り、1人の大人として責任を持って仕事をすることを念頭に行動しなければなりません。そんな中、普段使い慣れない敬語を使うことはなかなか難しく、電話かけの台本作りでは、良い言い回しが思いつかず四苦八苦することも…

しかし、ここは信愛生としての生活の中で身に付いた立ち振る舞いや、挨拶の習慣を活かすチャンス!

買い物もお店の予約もインターネットのボタン一つで出来る今の時代、初対面の人と話した経験が少ない人もいるかもしれません。しかし、これを機にしっかりとした言葉遣いで大人の方々ともコミュニケーションをとり、お世話になる事業所の方々に気持ちよく受け入れていただけるよう、頑張ってほしいと思います。