中めぐみ

ついこの間、2学期が始まったかと思えば気づけば来週から中間テストが始まります。今週は敬老の日、秋分の日と祝日が続きますが、生徒の皆さんはテスト勉強でなかなか落ちつかない日々ですね。

テストが終われば、10月には体育祭が行われます。昨年度は初めてのコロナ禍での体育祭ということで中高別で半日ずつという短縮バージョンの体育祭でしたが、今年は2年ぶりに中高合同・1日がかりの体育祭が行われる予定です。私のクラスでも体育の授業中、暑さで顔を真っ赤にしながらクラス対抗競技の大縄やクラス代表リレーの練習に励んでいるようです。体育祭といえば、自分がでる競技ももちろんですが、クラス代表・ブロック代表を皆で応援する、というのも大きな楽しみですよね。しかし、今年はコロナ禍なので大きな声を出して応援することができません…そんななか、声を出して応援できない静かな体育祭なんて寂しい!コロナ禍の貴重な学校行事を楽しみたい!と高校生徒会の生徒たちが何かできることはないかと頭を悩ませ、色々な案を考えてくれました。

そして、採用されたのがペットボトルを使ったオリジナル応援グッズづくり。1人2つずつペットボトルを持ち寄り、ブロックカラーのテープを貼り、それをたたいて応援するというものです。声が出せない分、クラス皆で大きな音を出して応援し、安全で活気のある体育祭にしようと企画してくれています。

その他、高校2年の体育委員さんも去年できなかった各ブロックの応援合戦のため、色々な工夫をし準備をしてくれています。

まだまだ日々情勢は変わり、色々な制限がある中ですが、その中でもできることを見出し、少しでも学校生活を楽しく過ごせるようにと働きかけている彼女たちは本当に力強く頼もしい限りです。

テスト勉強も体育祭も全力で頑張り、充実した2学期にしてください!

α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)…数学ではありません。 平井 拓真

インターネットで毎日必ずチェックしているものが、「台風情報」と「コロナ感染の状況」です。先週は、和歌山に台風が接近するということで、1週間前から気象庁のホームページをチェックしていました。ここ数年、大雨や台風による被害の大きいものが増えました。そのためもあってか気象警報の発表に敏感で、この時期は特に台風が発生すると必ずチェックを。10月が終わるまで油断はできないです。

もう一つのコロナの感染状況は、ピークから1カ月弱減少傾向が続いています。学校は中間テスト前でもあって、放課後の自学自習の居残りなどをOKするなど、普段の生活に戻りつつあり少し安心しています。来月は体育祭、再来月は修学旅行や校外研修を予定しているので、無事に行えるようにと願うばかりです。

ところで、台風やコロナウイルスにはそれぞれ名前の付け方に特徴があるようです。台風の場合は「第○○号」の他に防災意識のためにアジアの人々になじみのある名前をつけるそうで、140個用意されています。ちなみに先週の台風14号は「チャンスー」で、カンボジアが用意した花の名前だそうです。

一方、コロナウイルスも「α(アルファ)株」や「δ(デルタ)株」などギリシャ文字を用いています。これは「英国株」など特定の地域名をつけると誤解や偏見を生み出す可能性があるためにそれを防ぐためだそうです。ちなみにギリシャ文字は24文字(ラストはω(オメガ))で、いまのところは「μ(ミュー)」までの12文字が使用済みだと。24種類も現れることは願いたくないですが、それを超えると星座の名前を使うかもしれないそうで、自分の星座が使われて「かに座株」…全然嬉しくありません。

台風にしてもコロナウイルスにしても、用意した名前や文字を使い切るほど発生しないことを願いたいですが、安心して毎日が過ごせるように、普段から備えと予防を意識して、徹底していきましょう。

心の隔たり      石田晋司

和歌山信愛に就職して半年が経とうとしている。新しい環境に身を置くときは誰しも感じることだが、4月は私一人が集団の中にポツンと孤立して存在しているような気がしていた。周囲の方々は私に色々配慮してくれていることはひしひしと伝わってくるのだが、それでも校舎に入ると、まるで空気が変わったかのような印象だった。

それでも、日々生徒の皆さんに関わりを持ちながら、すこしずつ環境に慣れてきて、今は、信愛が自分の職場であり、私は教職員の中の一人であると思えるようになってきた。

この心境の変化にはどんなメカニズムがあるのだろうと、改めてみた。

人と人との付き合いの一番の障壁は、やはり心の隔たりにある。それを解消するには、毎日少しずつ関わりを持つ人が増やし、周囲の人との心の隔たりを少しずつ下げてきてようやく所属する社会の一員になっていけるということだろう。

社会は新型コロナウィルスのために、マスクを外せない日々が続いている。行動の制限が学校にも及び、昨年は休校や分散登校を強いられた場面もあった。私たちは、社会全体で在宅勤務や、登校や出勤せずに済ませる社会を体験した。

学校でも一般社会でもITを使った技術が進歩し、新しい学びのあり方、新しい勤労のあり方が模索され、かつては近未来的と考えられた社会が否応なく近づいた気がしている。

反面、人と人が直接顔を合わせることが少なくなり、昨春大学に入学した人の中には1年間ほとんど大学に通わずすごした人も多いと聞く。人が顔を合わせることなく過ごす日々が続いた時、同じように入学した人との心の隔たりを下げることが困難となる。社会のいろいろな場面で人が他人と関わる機会が減少した場合の人格形成に与える影響については、今後その影響が様々な場面で生じることだろう。

少なくともコロナでマスクが外せない日々は、顔から得られる情報が半減されている。せめて、表情豊かに、ことわざにも「目は口ほどにものを言う」とあるように、目でのコミュニケーションも交えながら人間関係を構築していきたいと思う。

南 正人

8月25日に韓国釜山の女子高生と本校の高校2年生がズームを使って交流するというイベントがありました。
韓国側の生徒は、外国語専攻のクラスらしく、英語と日本語がとても堪能で、本校の生徒達の日本語、韓国語、英語、いずれの言語の質問にもきちんと対応してくれていました。ただ、ここでとても面白い現象が……。
まぁ、ちょっと考えれば、当たり前のことなのですが、「和製英語」がまったく通じないということです。
日本語はスムーズに通じるのに、「和製」英語のところで、「?」が出てしまう。どんなに綺麗に発音しようとも、何度はっきりと言い直そうとも、「?」のままで、日本語に言い換えると、「はいはい」となる。これはなかなか面白い現象でした。
たとえば、「フライドポテト」は、どんなにフライドの「r」の音を綺麗に発音しようとも、ポテトを「ポティトォ」と発音しようとも通じない。なぜなら「フライドポテト」は日本語だからです。(ちなみに、アメリカはFrench Fries、省略するとFriesと言うそうです)
だから、「韓国の女子高生は、休日はどのように過ごしますか。私は買い物によく行きます。バーゲンは絶対に逃しません。また、フリーマーケットも大好きで、テイクアウトしたアメリカンドックとかソフトクリームを食べながら、掘り出し物のトレーナーやパーカー、ワンピースなどを見つけた時には、最高の気分になります」とか「韓国の女子高生は、どのような食べ物が好きですか。私は、甘いものが好きで、特にシュークリームとショートケーキが大好物で、バイキングなんかだったら、それらの上にアイスをのっけて10個以上は食べてしまいます。飲み物も、アイスコーヒーやレモンティーよりはココアが好きです」などは、ほとんど外国人には通じません。なぜなら、上記のカタカナは全て和製英語だからです。(もちろん、実際にこんな質問をしたわけではありませんよ。全部僕の創作です)。
僕は別に「和製英語を使うな」と言いたいわけではありません。特に古い和製英語なんかの語源を調べると、なかなか面白い。(たとえば、ワイシャツは当時ほとんどが白いシャツで外国人がそれを「ホワイトシャツ」と呼んでいたのを、日本人が「ワイシャツ」と聞き間違えて定着した)。
ただ、これだけ日本に溢れている和製英語をすべて正しい英語に直して、正しい発音で言うようにしたら、ずいぶん英語の勉強が楽になるのになぁと思うのです。まぁ、確かに日常会話で、英語の部分だけ綺麗な正しい発音で喋られたら、それはそれで「嫌な奴」と思ってしまうだろうけれど……。

暑さ寒さも彼岸まで 寺中恵理

朝夕はめっきり過ごしやすくなりましたね。私は朝早く起きるタイプなので、暑い夏より、寒い冬より、起きるときも起きやすくなってきました。日中はまだまだ暑い日が続きそうですが…
朝夕涼しく感じる季節には、いつも「 暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句を思い出します。
私は国語の教員ではないので、(どちらかというと日本語には疎いので)きちんとしたことはわからないので、理解を深めようとネットで検索してみました。
すると、『彼岸(秋分の日を中日として、その前後3日を合わせた計7日のこと)を境目として気候が変わることが由来である。…以後略』と書いてありました。気温がどう変化するのか、検証しているページもありました。ほんとに、彼岸過ぎると急に涼しくなりますよね。私はとても過ごしやすいこの時期が好きです。
また、この慣用句の意味を転じて「つらいこともいずれ時期が来れば去っていく」という意味のことわざとして用いられることもあるそうです。中間試験を目前にしている生徒の皆さん、試験勉強に勤しんでいることでしょう。いずれは試験は終わりますが、「あぁ~もうちょっと勉強しときゃよかった~((+_+))」とならないように、頑張って勉強に励んでください。

サッカー同好会も会員募集中です!     林 直毅

コロナ禍で活動休止の状態がずっと続いていますが、サッカー同好会も本来なら週1~2日、活動しています。主に金曜日の放課後4時すぎから運動場で練習することが多く、場合によっては月曜日の終礼後にも練習しています。
最近、中3生と高1生の入部を希望する生徒数名が私のところへ来てくれました。練習再開の日取りが決まったら連絡すると伝えて、帰ってもらいましたが、まだまだ新入会員を募集中です。
サッカーに興味のある人は、まずは体験入会をしに来てください。一緒にボールを蹴ったりした上で、入会するかどうか、考えてくれれば大丈夫です。気軽に様子を見に来てください。待ってます!!

信愛brass! ②

こんにちは、東です。

朝晩涼しくなり、蒸し暑さも和らぎ、秋らしくなってきている感じがしますね。芸術の秋を楽しむために、そして吹奏楽同好会の仲間を増やすために、前回に引き続き吹奏楽で使われる楽器を紹介します。今日は金管楽器編です。

↑トランペット。吹奏楽の花形!ステージの最上段で、まっすぐ前を向いたベルからパッと明るい音色を奏でます。セレモニー開始のファンファーレやクラシック、ジャズ、ポップスなど、何をやってもかっこいい、華やかな楽器です。

↑ホルン。カタツムリのような形で真ん中が複雑に巻かれています。全部伸ばすと約2~3メートルほどになるそうです。もともとは狩の際に使われていたそうで、素朴で柔らかいのに、広く遠く響き渡るとても心地よい音がします。

↑トロンボーン。指で音を変えるのではなく、スライドと呼ばれる部分を伸ばしたり縮めたりして音を変えます。なめらかで豊かな中音域の音で、堂々とした重めのメロディーがよく合う楽器です。ただ、奏者の腕がしんどそう…。

↑ユーフォニウム。化学で習いそうな名前ですが、れっきとした楽器です。オーケストラで見る機会は少ないですが、吹奏楽では大活躍します。中音域を担当し、バンド全体を包み込むような、深く暖かい音色がします。

↑チューバ。重さ10~15kgもある大きな楽器です。華々しくメロディーを奏でることはめったにありませんが、吹奏楽では最低音を担当し、どっしりとみんなを支えてくれる、なくてはならない楽器です。でも持ち運びは大変!吹奏楽部員がチューバを運んでいる姿を見かけたら手伝ってくれると嬉しいです。

実際に音を聴いてみたい楽器や吹いてみたい楽器はありましたか?コロナウィルス感染拡大により、なかなか練習を再開できない日々が続きますが、同好会の活動が始まればぜひ本物を見に来てください!部員募集中です(^^)/~~~

9/11 – Allen

Hello everyone.

For every generation, there are days and events that are “turning points” in life. For many people in Japan, the Hanshin earthquake in 1995 or the Tohoku tsunami in 2011 are major events. For people my age in Canada and America, the terror attacks on Spetember 11th, 2001 is an event we will never forget.

I was living in Canada at the time, studying at university. On September 11th we had just started a new school year. I remember that I was in the cafeteria buying breakfast when the cook told me that something had happened in New York. All the students that came to school watched the events on TV that day. Nobody went to class.

9/11 actually involved 4 airplanes. Two hit the World Trade Center in New York, one hit the Pentagon building, and one more crashed in a field because the passengers, who learned of the first three planes, fought the terrorists. Their heroic actions saved lives.

All other airplanes flying to America had to land somewhere else. Many of those planes came to Canada. The tiny town of Gander, population 12,000, accepted 38 planes and almost 7,000 passengers and crew. People opened their homes to strangers in need. It is now a famous story of friendship between Canada and America.

After 9/11, America went to war in Afghanistan and Iraq. Only recently did they leave Afghanistan, making the 20 year war the longest in America’s history. A whole generation of children in both countries have never known peace. The image of muslims around the world was damaged by these events, leading to prejudice and fear.

Even though it was 20 years ago, every 9/11 I wake up thinking about that day. I probably will for the rest of my life. For you, it is something from your history book. Today, covid-19 is the defining event of your generation. You will remember pre-covid and post-covid, how things were before, and how they were after. Hopefully if we all work together, it is something that your children will only read about in their history books.

May the peace of the lord be with you.

音楽アプリ Vol.2 酒井侑子

9月に入り、少しだけ涼しさも感じられるようになってきましたね。

まだまだ続くコロナ禍、生徒の皆さんも家で過ごす時間が多いことでしょう。今回はステイホームのお供に、楽しくオリジナル音楽が作れるアプリをご紹介いたします。

音楽制作のできるアプリはたくさんの種類がありますが、その中でもこちらの「Incredibox」は、ゲーム感覚でオシャレな曲を作ることができる優れものです。

↓曲全体のテーマを8種類の中から選びます。ラテン系やヒップホップ、アラビアンなどどれも雰囲気が違います。

↓こちらの独特なデザインの裸のおじさんに、サングラスや帽子をドラッグアンドドロップで着せると、おじさんたちがボイパやコーラスをしてくれます。

一つ一つの音楽要素が非常にオシャレ、そして組み合わせ次第で無限に曲が作れるので、誰でも気軽に音楽づくりを楽しめます。

秋の夜長に、いかがでしょうか?

無料のブラウザ版(アプリ版は有料)

https://www.incredibox.com/demo/

           救急の日     田福克裕

 

9月9日は救急の日です。字のごとく、99からきており、この日を含む一週間を、「救急医療週間」とされています。救急について色々なイベント、催しなど、救急について考え、意識を高める事が目的だそうです。

「保健」の授業でも話すのですが、急な怪我や体調不良の人が出た場合、救急車を呼ぶかどうかを、迷う人が多いそうです。

大量の出血があれば、すぐに通報できますが、「これぐらいでは、自分で病院に行った方が良いか?」など迷う場面はあると思います。

しかし、医療機関で見てもらうには、1秒でも早い事が良いに決まっています。

そんな時に「♯7119」に電話すると24時間・365日相談できるそうです。ただ、全国ですべての都道府県・市町村で導入はしていないそうです。

「119」以外にも、各地域で小児専門の相談や、休日診療の医療施設の紹介など、いろんな医療のサービスが受けれます。

救急の日に、自分の地域で相談できる機関を確認し、一覧表にしておくのも良いかと思います。

生徒へも、事故や災害は、遭わないのが一番ですが、急な怪我や、地震などの天災のための避難袋や、緊急避難場所の確認、家族で待ち合わせ場所など、万が一の「安全」に対しての点検日にして欲しいと話しています。