SGHアソシエイト海外研修報告会

本日(1/29)の朝礼の時間を利用して、昨年末カンボジアにて海外研修を行った高校2年生の7名の生徒が中学3年生から高校2年生を対象に研修を経て学んだこと、感じたことなどを報告しました。

今日に至るまでの1週間は、資料作成、発表練習と放課後かなり忙しく準備していたので、上手く生徒たちの思いがみんなに届いてほしいとドキドキしながら発表を聞いていました。

頭を寄せ合って内容をまとめています

リハーサル中

特に本学の経営母体である「ショファイユの幼きイエズス修道会」のカンポット共同体での「幼稚園児へのピアニカ指導」、「高校生とのディスカッション」、「小学生への日本語指導」など自分たちでプログラムを練り上げて行った体験は、調べ学習では得ることのできないものを生徒たちに残してくれたようです。

「本当の豊かさとは何か」、「本当の幸せとは何か」ということについて、改めて考えさせられたという彼女たちの率直な思いが伝わる発表でした。
これらはまさしく「正解のない問い」だと思いますが、高校生の段階で感じたこの思いは、これからの彼女たちにきっと大きな影響を与えてくれると思います。

今回の海外研修は、和歌山信愛初の試みでしたが、今後も少しずつ内容をブラッシュアップさせながら、この研修でしか味わうことのできない貴重な体験を届ける研修にしていきたいと思っています。「主体性に富んだ女性を育成したい」と考える和歌山信愛のSGHアソシエイトプログラム、下級生の皆さんには今回研修に参加した生徒たちの姿を見て、積極的に一歩踏み出すことがもたらす尊さのようなものを感じてもらい、今後ますますこの研修旅行を意義あるものにしてくれることを願っています。

また、今回の研修を通して、「十分に学びの機会が与えられていない小学生のために小学校を設立したい」という長年現地で奉仕活動に携わっているシスターの思いに触れました。
何年かかるか分かりませんが、それが実現できるようにSGHアソシエイトプログラムの一環として今後もサポートしたいと思っています。
信愛に関わる皆様、ともにご支援の程よろしくお願いいたします。

あの世界的大企業と和歌山信愛が連携!?

これまで伏せていましたが、和歌山信愛のSGHアソシエイト活動をより充実したものにいくために、実は地道な活動を続けております。
昨年末にかけて、大きな進展がありましたので、ここで発表させていただきたいと思います。

今年度、高校2年生の研究テーマは「女性の社会進出に関する諸問題の研究」でしたが、実は、あの Google株式会社 さんの活動の一つに働く女性を応援する「Women will」という取り組みがあります。そこでは、働く女性をハッピーにするアイディアを募集していたり、そのアイディアを実践してくれる企業を募集しているのですが、ダメ元で本学と連携してくれないかとアプローチしてみたところ、なんと!

「我々が今行っていることは大切なことだと思っていますが、実はその場しのぎなイメージが強く不満に思う部分もありました。これから社会に出ていく若い女性がこのような問題について考えることはすばらしいことだと思います。そんな若い世代の女性と一緒に何かをしてみたいです」

という返答をいただきました。

その後、「Women will」のプロジェクトリーダーである藤本様に来校いただき顔合わせをし、

本学の応接室にてGoogle株式会社の藤本様と初顔合わせ。

そして12月に行われた高校2年生の最終発表会では、Google東京オフィスとskypeでつなぎ、生徒たちの発表の様子を見ていただいただけではなく、講評までいただきました。

そして、年末には、若武者育成塾の最終発表会に3名の生徒が上京することになっていましたので、六本木ヒルズの中にあるGoogle東京オフィスを見学させていただいた後、学年の生徒を代表して全38班の取り組みの成果を藤本様に提出させていただきました。

いざ、東京オフィスへ

クリスマス仕様の受付

Google Earthをたくさんの画面で楽しめます

遊び心たっぷりの会議スペース

このフロアは「お祭り」がテーマだそうです。
会社とは思えません。

You Tubeも入ってました

もちろん、高校2年生の研究成果は藤本様にお渡ししています。

 

次年度以降、シリコンバレーにあるGoogle本社を見せていただいたり、東京オフィスで短期インターンシップを実施させてもらえるかも!?という話も出ています。和歌山信愛しか体験できないSGHアソシエイトの企画が実現に向けて動き出しているのを感じます。

在校生はもちろん、これから信愛に入学しようとしてくれる皆さんもぜひぜひ楽しみにしてください!!

SGHアソシエイトカンボジア研修旅行 報告その④

さて、いよいよ今回の研修旅行のメインである。本学の経営母体である「ショファイユの幼きイエズス修道会」のカンポート共同体を中心とした活動が始まります。

チョンカチアン村に向かう途中立ち寄った食堂にて。
この辺りから観光では絶対に味わうことのできない雰囲気が漂ってきました。

体に障害を抱えた子どもやエイズにかかった患者とその家族たちが暮らす「平和の村」を訪問。

セント・フランソワ中高を訪問

クメール語で書かれた元素表

カンポート文化センター長であるアン氏の生まれた家を訪問し、一般の農家の様子に触れました。田んぼのあぜ道を通っています。

チョンカチアン村では、この日クリスマスのお祭りが行われていました。

ミサに参列。
赤ちゃんがカトリックの洗礼をうけているのですが、本当に頭洗ってます!

ミサに犬も参列!?
自由すぎる…

これは一体!?
200~300人の村人を前に舞台に立ってます(笑)

カンポート文化センターです。
ここには幼稚園があります。
また、小学校、中学校、高校の生徒たちに放課後英語を教えたり、読書の機会を提供したりもしています。

幼稚園児たちにピアニカを教えました。

園児達には、鉛筆、グリコのおまけ付きキャラメルそしてシャボン玉を、
幼稚園の先生方には、ペンや鉛筆、そして鉛筆削りを寄付しました。

緊張しながらも現地の女子高生と英語でディスカッション。

市場を見学した後は、なぜかみんなでセパタクロー(笑)

この日は小学生に日本語教室。
小学生の向学心にはビックリ!

最後はみんなでシャボン玉。ものすごく喜んでくれました。

なお、Sr.橋本先生には5月に集めさせていただいた募金および体育祭で集めさせていただいたカンボジアの子どもたちにプレゼントを届けるための募金で購入させていただいた英語の絵本、鉛筆削り、シャボン玉セット、そして直前の回収活動で集まった未使用のペンおよび鉛筆などなど全てをお渡ししてきました。皆様のご支援に心より感謝申し上げます。この活動をきっかけに本当に貴重な体験を生徒たちにも届けることができたと思っています。

なお、現地ではカンポート文化センターの前に小学校を作りたいと考えております。カンボジアの特に地方ではまだまだ教育環境に恵まれておらず、向学心がありながらも十分な教育を受けることのできない子どもたちがたくさんいるそうです。小学校校舎建設のために私たちもぜひ力になりたいと考えております。カンボジア研修の継続とともに、カンボジア募金の方はこれからも続けていきたいと思っておりますので、今後ともご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

SGHアソシエイトカンボジア研修旅行 報告その③

帰国から大分時間が経ってしまいましたが、カンボジア研修の報告その3です。

シェムリアップに別れを告げ、プノンペンに。

シェムリアップも活気がありましたが、プノンペンはそれ以上。
いわゆる日本でいうところの高級車もかなり走っていますし、そこにバイクも加わり、主要な道路では慢性的に渋滞しています。
大きな建物もありますし、建設中のところもいたるところにありました。

そうそう、イオンも先日出店したそうで、ホテルの近くだったので少しだけ顔を出しました。
後から聞いてびっくりしたのですが、現在カンボジアに3台しかない自動販売機も見ました。まさかそんなこととは知らず、その前を普通に通り過ぎてしまったのですが…

この右側に自販機があったのに、我々にとってはあまりにも当たり前の光景でスルーしていまいました…

夕食の後は、一番大きな部屋に集合をかけました。
実はこの日は、30℃越えの暑さの中でしたので、まったく実感はありませんでしたが、クリスマスイブ。
家族と離れてクリスマスを迎える生徒たちのためにと校長先生から預かっていたお菓子のプレゼントと、さらにこっそりイオンで購入しておいたケーキでサプライズのクリスマスパーティーを行いました。

実は、ロウソクに火をつけるためにライターを用意するのも一苦労。フロントでライターを貸してほしいと伝えても通じず、結局絵を描いて説明(笑)し、わざわざ外まで買いに行ってもらいました。

校長先生からのお菓子に群がる生徒たち。

 

さて、明けて研修3日目の朝です。

ホテルで、現地修道院で奉仕活動に尽力されているSr.橋本先生、Sr.園田先生そしてカンポート文化センターの所長であるアン先生と合流し、王宮前で記念写真を撮った後、映画「キリング・フィールド」をきっかけに、かつてヨーロッパで最高品質だと高い評価を受けていたにも関わらず、内戦で壊滅的な影響を受けてしまったカンボジアの胡椒を再びよみがえらせたいと1990年代に起業し、地元の方々と安全で高品質な胡椒を作るシステムを再興させただけでなく、現在はカンボジアの農業全体を育成するために日々尽力していらっしゃる「クラタペッパー」のオーナーである倉田浩伸様のお話をうかがいました。

やはり、カンボジアの地で様々な苦労を乗り越えた方の言葉は重みがあるけれど、温かなものでした。
クメールルージュの行為の裏側にあったもの、多様な価値観の大切さ、一方的な支援の危険性などを具体的にお話していただき、生徒のみならず私にとっても忘れられない時間になりました。

では、いよいよプノンペンから車で3時間程度離れたところにある地方都市カンポートおよびその途中にあるチョンカチアン村での研修が始まります。
これが今回の研修旅行のメインですので、これ以上書いてしまうと3学期に予定されている生徒の研修報告発表会を邪魔することになってしまいます。
ですから、次の報告はダイジェストの写真だけということで。

SGHアソシエイトカンボジア研修旅行 報告その②

あけましておめでとうございます。

少し時間が経ってしまいましたが、カンボジア研修の報告その2です。

朝からきれいな青空に恵まれ、2日目を迎えました。

皆移動の疲れもなく、元気に朝食を食べた後、シェムリアップでの研修へと出発しました。
最初に向かったのはキリングフィールドです。プノンペンにあるキリングフィールドが有名だそうですが、実はカンボジア国内にはいくつものキリングフィールドがあり、そこにはポルポト政権下の内戦時代に殺された知識人たちの魂が安置されているそうです。私たちが訪れたキリングフィールドでも1000人以上の魂が眠っているとのこと。
急速に発展しているように感じられるカンボジアですが、内戦による虐殺の影響で現在社会を牽引する40歳台から50歳台にかけての人口比率が非常に少なく、ベトナムなどの他の東南アジアの国々と比較すると回復に時間がかかっているそうです。生徒たちも安置?されている積み上げられた頭蓋骨に衝撃を受けておりましたが、昨年40歳台に足を踏み入れた私にとってはなかなか複雑なものがありました。

次は、少し郊外に足を伸ばし、アキ・ラー氏の運営する地雷博物館を訪問しました。施設としては小さなものですが、中央にある撤去された地雷の数々に目を引きつけられます。地雷という兵器は、安価なだけではなく、残虐で半永久的に残存し、無差別に相手を攻撃していることから「悪魔の兵器」と呼ばれています。ガイドのナクリーさんのお話にもありましたが、地雷によって傷つけられた人の治療により国力を下げ、当事者以外の人々にも恐怖を与えるという底知れぬ悪意は、生徒たちの心にも影を落としていたように感じられました。

その後は、再びシェムリアップ市内に戻り、いよいよアンコールワットを訪問。観光がメインの旅行ではないとはいえ、ここだけは外せません。じっくり時間をかけてという訳にはいきませんが、精密なレリーフがなされた第1回廊、第2回廊、そして少し並びましたが、急激な階段を上って須弥山を模した第3回廊にも足を伸ばすなど世界遺産アンコールワットを凝縮して堪能しました。個人的には、将来もっと時間をかけてもう一度回ってみたい、他の遺跡にも行きたいと思うすばらしい体験でしたが、今回は観光ではないので…
なお、最後東門を出てバスに乗り込む際に小さな子供がアンコールワットを模したマグネットを売り込みに来たのですが、あまりの必死さに少し耳に残ってしまいました…きっと生徒たちも同じことを感じていたのではないかと思います。

裏側からではありますが、なかなかよい記念写真も。

では、アンコールワットに別れを告げ、プノンペンへと向かいます。