東京大学✕和歌山信愛 チョコレイト・サイエンス(Verオンライン)を実施しました。

バレンタインデーも終わった2月15日の放課後に、家庭科部と科学部が合同でチョコレイト・サイエンスを実施しました。

(実施は新型コロナウイルス感染拡大防止のために、換気や消毒、手袋の着用など最大限に注意を払い、本人と保護者の同意のもと実験しました。)

講師は東京大学・物性研究所の餅田先生にオンラインでお越しいただき、実験操作および、テンパリングによる美味しいチョコレートの作り分けを教えていただきました。

溶かしたものをそのまま固めるのではなく、テンパリングを行い美味しいチョコレートのもとをつくってから固めたものでは、溶け方や匂い、そして味も全然違いました。

最後はロイロノートを使って、みんなの意見を共有しました。

食品と理科が密接に関わっていることがわかる、とてもおもしろいプログラムでした。

 

東京大学物性研究所の方でも紹介していただきました。

http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/news2.html?pid=12544

科学部で磁性流体の実験をしました

今日は科学部の活動日でした。中学1年生が磁性流体の実験をしていました。磁性流体とは、液体なのに砂鉄のように磁石にくっつく性質をもつ物質です。

磁性流体をシャーレ(皿)に入れて、シャーレの下から磁石を近づけると・・・こんなふうになります。

液体がトゲトゲ!!に変化します。