和歌山信愛中学校×和歌山大学 中大連携「はかる」探究授業 いよいよ大型観測機の作成に!

今年度よりスタートした中学2年A組対象の「はかる」探究授業では、自分たちで北極星観測機を作成し、北極星の位置(緯度)を測ります。

和歌山大学、和歌山信愛中学校の理科、社会、数学の教員が連携して、授業を行い、他教科と関連づけて学習を行います。この「探究」学習で身につけた資質や能力が生活の色々な場面で総合的にその能力が発揮できることを目的とします。

12月には社会の授業で「測量の歴史」について学びました。

古代エジプトのロープを使った測量についてグループでディスカッション
道具を使わずに教室の大きさを測れるにはどうすればいいかな?

3学期は、数学の授業では先行して「三角比」を勉強し、角度を測ることで距離を求めることができることを学びます。そしていよいよ大型北極星観測機を作成に取り掛かります。大きさや材料、設計図も自分たちで考えるところからスタートです。

この探究授業を通じて、「ものづくり」には様々な知識や経験が必要であることを体感して欲しいと思います。

ロケットガール養成講座がスタートしました!

和歌山信愛×和歌山大学 ロケットガール養成講座が今年もスタートしました!

和歌山大学 秋山演亮教授、和歌山大学WSPの学生の皆さんのご指導で高校1年生の信愛生12名がハイブリッドロケットの製作と打ち上げに挑戦します。

今年は「推し」「アルビレオ」の2班に分かれて、ロケット作成に取り組みます。がんばれ!ロケットガール!!

科学部が「きのくにICTプログラミングコンテスト Switch Up WAKAYAMA 2019」最終審査会に出場!

和歌山県主催のプログラミングコンテスト「きのくにICTプログラミングコンテスト Switch Up WAKAYAMA 2019」において、本校科学部が書類審査で上位12チームに選ばれ、最終審査会に出場することが決定しました!最終審査会は2月11日 和歌山大学で開催されます(一般の方も観覧申込可能です。詳細は下記HPをご参照ください)。応援よろしくお願いします!

https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/063100/d00202376.html

https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/063100/d00202376_d/fil/saishuusinnsakai.pdf