An apple a day keeps the doctor away🍎   大谷真以子

今日で10月も終わりですね。朝晩は冷え込み、どんどん秋が深まっていることを感じる今日この頃です。

今朝教室に行くと、すごいHalloweenの黒板アートが出迎えてくれました!せっかくなのでここで紹介させていただきます。朝早くから描いてくれたようです。ありがとう!

さて、私の家族は果物が大好きなので、秋は嬉しい季節です。和歌山はフルーツ大国、と言われるだけあって、春夏秋冬、地元で様々な果物が手に入るのでとても恵まれていますよね。秋は枇杷、無花果、葡萄、柿、林檎、梨、蜜柑などでしょうか(漢字読めますか?)。私は毎朝必ず何種類かの果物を食べますが、最近のお気に入りはシャインマスカットです。大粒でジューシーなだけでなく皮ごと食べられてお手軽なので、ぜひ試してみてください。果物にはビタミンをはじめ様々な栄養素が含まれていて、体の調子を整えたり、病気の予防に役立ちます。野菜は意識して摂取する人が多いと思いますが、意外と果物は若者の間で摂取量が不足しているそうです。1日200g(りんご1つ分程度)が理想の摂取量だそうです。英語にこういう諺があります。

 ”An apple a day keeps a doctor away.”   「リンゴ1日1個で医者いらず」

皆さんも秋の果物を楽しみつつ健康な体を作りましょう。

さて、今日は入試説明会でした。私は中1の担任をしていますが、クラスの生徒たちに、「説明会があるので丁寧清掃をするよ」と声をかけると、熱心に廊下の壁や窓の汚れを拭いてくれました。一生けん命なその様子を見て、とても嬉しく思いました。後輩たちが入学してくるまであと5か月。「こういう先輩になりたい」と思ってもらえるように、これからも色々なことに一生懸命取り組み、どんどん成長してほしいな、と思います。

明日は満月     森川 恵美

明日は今月2度目の満月で、ブルームーンと呼ばれるそうです。「青い」という意味ではないので、残念ながら青くは見えませんが、1か月に2度の満月は数年に一度の珍しいことなんだそうです。見ると幸せになれるとか。忘れずに見てくださいね。

私は、中秋の名月(十五夜、今年は10月1日でした)よりその次の満月の方がきれいだと常々思っていました。そこで調べてみると、一年にお月見は十五夜と十三夜の2度(諸説あり)で、ちなみに今年の十三夜は昨日でした。十五夜についで美しい月だといわれています。写真に撮ってみましたが、みえますか?十五夜も十三夜も満月ではないので、ちょっと欠けています。満月ではない月をめでる風習も素敵ですね。私が思っていたように、昔の人もどちらがきれいか話したりしたのでしょうか?

月を見るときは寒いので暖かくして風邪をひかないようにしてください。明日の月がきれいに見えますように。

中めぐみ

最近、話題になっている『鬼滅の刃』。公開前から映画館のタイムスケジュールが話題となり、公開10日目にして興行収入100憶円を超えたと歴史的大ヒットがニュースとなっています。私も3月からの自粛期間中にアマゾンプライムでアニメを一気見し、当時出ていた漫画を読み切りました。

さて、この漫画の舞台は大正時代です。炭治郎たちが生きている時代について簡単に考えてみましょう。

作中の最終選抜に登場した鬼は「47年前、江戸時代慶応に捕まった」といいます。江戸時代慶応といえば、1865年から1868年まで、将軍でいえば徳川家茂から慶喜の時代であり江戸時代最後の年号です。わずか4年しか使われなかった元号ですが、その間に大政奉還・王政復古の大号令・戊辰戦争など小中学生の歴史の授業でも習う歴史的出来事が起こる、歴史の転換点となった時代です。鬼滅隊は少なくとも江戸時代には設立されていたのですね。それから47年、炭治郎たちが生きる時代は大正元年から大正元年(1912年)~大正4年(1915年)と推察されます。第一次護憲運動が起こり、1614年にはヨーロッパで第一次世界大戦が勃発する、という時代ですね。

1865年~の慶応年間から大正の間の1876年に出されたのが「廃刀令」。明治政府により武士の時代は終わり、軍人や警察が制服を着用する場合以外に、刀を所持することは禁じられます。炭治郎たちが生きている時代は「廃刀令」が出されて30年以上経っており、鬼滅隊は非政府組織のため、帯刀は許されません。漫画の中でも、駅員に刀の所持を見つけられ、追いかけられるという場面がありました。

今回の映画では、「無限列車」という蒸気機関で、炭治郎や伊之助、柱の煉獄杏寿郎が鬼と戦います。日本では明治5年(1872年)に新橋―横浜間に鉄道が開業し、蒸気機関が走ります。大正時代は国産の蒸気機関が町を走るようになっていました。また、初めて鬼舞辻無惨と炭治郎と出会う場面では浅草の町が描かれていました。こうしたところからも当時の様子が伺い知れます。

皆さんの中でも映画を既に観に行った!またはこれから観に行く!という人も多いのではないでしょうか。私も観に行きたいなぁと思いつつ、まだ観に行けていません。是非こうしたものをきっかけに色々なことに興味をもってみて調べてみてください!

覚悟をもって選択を 山路

朝晩かなり寒くなってきました。バイクで通勤するとき,かなり着込んでいます。冬本番はどうしようか,と少し心配です。

さて,高校1年生は文理選択を悩む時期になっています。これからの人生を大きく左右する選択です。この選択を終えても,どの大学に進学するか,どの職につくか,その後の人生はどうするか…選択の連続ですね。試験のように,絶対的な正解があれば迷うこともないんですけど。決められない,ということはどの選択でも間違ってはいないと前向きに考えてみてください。僕自身,高校1年時,世界史か地理か,の選択を10円玉のコイントスで決めました。今から思うと適当なもんです。

選択をする際に一つだけ意識しておいてほしいのは,選んだ結果は自分自身の責任でなくてはならない,ということです。僕たちや周りの人はあくまで個人の価値観に基づいたアドバイスしかできません。それをそのまま鵜呑みにしてはいけません。自分で考え,悩みましょう。決めたら,振り返らずに突き進む覚悟をしてください。

説教くさくなりましたが,人生何とかなるもんです。やっぱり違ったな,となればやり直せばいいんです。大学だってもう一度受験すればいいし,転職をしたっていい。それはそれで人生に厚みがでるってもんです。やりたいことで選ぶのか,できることで選ぶのか,はたまた運や流れに身を任せるのか。失敗を恐れずに,勇気と覚悟をもって自分の決断で飛び出してみてください。

韓流小説     峯尾直美

ここ数年第3次韓流ブームが起こっているといわれています。特に女性は
韓国の音楽やドラマだけでなく、コスメやファッション、グルメにも
アンテナを伸ばしているようです。
文学の世界でも韓流ブームはきているのか… 最近は書店でも韓国小説が
目に付くようになりました。そこでちょっと話題作2冊をご紹介します。

『82年生まれ、キム・ジヨン』

韓国で140万部を突破し社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説。映画化され、現在日本でも全国ロードショー中!

ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのようなキム・ジヨン。誕生、学生時代、受験、就職、結婚、育児…。
彼女の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかる困難と差別を描く。国会議員が文在寅大統領の就任記念に「女性が平等な夢を見ることができる世界を作ってほしい」とプレゼント。韓国で社会現象にまで発展した1冊は台湾でもベストセラーとなり22カ国で翻訳決定。本書はもはや一つの【事件】だ。

信愛図書室でも只今貸出中です。

 

『アーモンド』

2020年本屋大賞翻訳小説部門第1位!13ヵ国で翻訳された話題作。

扁桃体(アーモンド)が人より小さく、怒りや恐怖を感じることができない十六歳の高校生ユンジェ。彼は十五歳の誕生日に目の前で祖母と母が通り魔に襲われた時も、無表情でその光景を見つめているだけだった。そんなとき現れたある少年との出会いがユンジェの人生を大きく変えていく。
怪物と呼ばれた少年たちが愛によって変わるまでの「涙を流さずにはいられない」感動と希望の成長物語。

信愛でも次回の新刊書で貸出できるようになりますのでお楽しみに!

保護者会     面川美保子

今日は中学2年・高校2年の保護者会がありました。お忙しい中、多くの保護者の方に参加していただき、ありがとうございました。
私の担当している高校2年生では、進路・修学旅行に関しての話が中心でした。本来なら6月に「イタリア」・「北海道」へ修学旅行に出かけていたはずですが、コロナウィルスの影響で中止。本当に残念でした。
生徒からは、修学旅行を実施して欲しいとの要望も多く、私達教員も何とかその願いを叶えられるようにと考えてまいりました。コロナウィルス感染者数が少ないこと、バス利用により安全面の確保ができることを重視して「淡路・四国・倉敷」方面への修学旅行が決まりました。期末試験後の12月14日(月)~16日(水)、2泊3日の旅です。
 制約の多い中でも、コロナウィルス感染防止対策を万全にして、今の時だからこそ実現できることを考えていきましょう。マイナスにばかり目を向けるのではなく、その中で精一杯楽しめる事を皆で考え、お互い思いやりを持って行動すれば、思い出に残る、素晴らしい3日間となると思います。
20201023190237

漢字検定 高倉 麗奈

本日は本校で漢字検定を実施しました。
1学期は休校中であったため実施できず、ちょうど1年ぶりの実施となりました。
受験した生徒のみなさんは、勉強の成果を発揮できたでしょうか?

漢字検定では、漢字の読み書きに加えて、部首や四字熟語の問題などもあります。
みんなの様子を見ていると、特に四字熟語が苦手という人が多いような気がします。
故事成語も多く、ぱっと意味を連想するのが難しいものも多いからでしょうか。

私は、実は漢字検定は準2級までしか取得できていません。
中学3年生のとき、準2級と2級を同時に受験したのですが、
2級は合格点にほど遠くずいぶんとショックを受けてしばらく落ち込みました。
今思えば、たいした勉強もしていなかったのだから、当然の結果だったんですけどね。

特に試験中、「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」のうち二字を答える問題で
「鶏口」の二字だけを見て、全くわからず「何これ!どんな意味なん!」と
思ったことは今も覚えています。みなさんは意味がわかりますか?

大きな集団の組織の末端にいるより、小さくてもいいから
長となって重んじられる方がよい、という意味です。

今でも、さすがに鶏口牛後じゃ意味までわからないよな~とは思っていますが、
間違えた悔しさから、忘れることは絶対にありません。

中3でのチャレンジから、一度もリベンジをしていないので、
しっかり勉強をして次回ぐらいにそろそろ挑戦したいなと思っています。

おはなしノート

こんにちは!中3の東です。先日家を掃除していたら、押入れの奥からとても懐かしいものが出てきました。

みなさんは「おはなしノート」を知っていますか?私が通っていた小学校ではよく宿題に出ていました。日記や作文のようなもので、その日あったことや普段感じていることなど題材を自由に決めて文章を書いて提出するものです。自分が何を書いたのか全く覚えていませんでしたが、読んでいると小さい頃のことをいろいろと思い出しました。

下手な文でしたが友達と遊んだことやけんかしたこと、歯医者さんへ行ったことなどが何ページも書かれていました。こんな小さなできごとが、当時の私にとっては一大イベントだったようです。ページをめくるごとに習った漢字が増えていくのもおもしろい。そして読んでいて気付いたことですが、私のおはなしノートには、クラスで一番になったとか、誰々に勝ったとか、先生に褒められたとか、賞状をもらったとか、自慢話がめちゃくちゃ多い!(笑)反省しなければ…。

担任の先生は字の間違いを丁寧に指摘してくれていたり、毎回のおはなしにたくさんコメントをしてくれたりしています。どこにそんな時間があったのでしょう…。小学校の先生は本当に大変!

懐かしさと恥ずかしさでいっぱいになりながら、1時間近くも掃除を中断してしまいました。(笑)


 

芸術鑑賞会でした  木村 宣史

今日は午後から県の文化会館に全校生徒が移動して、芸術鑑賞会を行いました。このコロナの中でできないことが多い中、2階席もフルに活用して席の間隔を空けながらの実施となりました。

まず、この行事ができて本当によかったと思いました。今年は各学年ともに、できなかった行事が多かったので、一つでもできたことはよかったと思います。また、生徒たちは5組の漫才師さんたちのお話に大喜びで、たくさんの笑い声が聞かれたこともよかったことの1つです。

まだまだコロナは予断を許さない状況ですが、ウイズコロナの時代の中で工夫をしながら一つずつできることをやっていきましょう。多くの人たちが協力し合って知恵を絞ればコロナは克服できるはず。私も微力ながら協力していきたいと思います。

春の高校バレー

高校バレーボール部顧問の山本です。10月16日、春の高校バレー、第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会の開催が公式ホームページにて新しくアップされました。会場は東京体育館で、無観客で行われるようです。コロナ禍の中で大会開催にあたり、多くの関係者の方々のご協力がありこのような決定がなされたことと思います。今年度のチームで大きな大会に挑戦できることは本当に嬉しい限りです。正式に決定したことで10月末からの県予選に対して、今まで以上にモチベーションが上がってきました。しっかり力を高め、先ずは全国大会出場の切符を獲得したいです。和歌山信愛頑張るぞ。
春の高校バレー公式サイト