「One Team」での勝利!   山本茂樹

新着情報でもアップしましたが、本日行われた春高バレーの和歌山県大会決勝におきまして、見事開智高校を下し本校が優勝しました!
セットカウントは3対1ということで圧勝のようなイメージですが、実際にはチーム力は紙一重で、一つ間違えば本校も危なかった試合でした。しかし、ここぞというところで力を発揮し、見事な勝利を収めてくれました

信愛と開智、勝負の行方を決めたのは何でしょうか。
私は信愛が「One Team」になれていたことが勝因ではないかと考えます。「One Team」とは、現在開催中のラグビーワールドカップにおける日本チームのスローガンでした。予選リーグを勝ち上がり、初のベスト8に進んだ快進撃は、ラグビーのルールが分からない方ですら魅了したのではないでしょうか。おそらく個々の力では日本の選手に対して圧倒的な力を差を持つ国が多いと思いますが、日本はそのなかで予選リーグ全勝という快挙を成し遂げたのです。その日本代表の田中史朗選手が、チームが一つになった理由を次のように語っています。「一緒にいる時間が長かったからこそ、常にミーティングをしている状況ではありました。トータルでいうと1年……250日近くずっといたので、その中でお互いが話す機会はありました。家族よりも長い時間、一緒にいましたからね。もう家族のようなもので、それがワンチーム……1つにまとまることができた理由でもあると思います」

信愛では地域協働事業校としての活動で高校1年生は全クラスが混在して一つのグループを作っています。当然、バレー部の生徒たちと同じグループになる生徒もいます。その生徒たちが、今日は一所懸命に同じグループの生徒のことを応援してくれたはずです。いや、そのような生徒たちだけではありません。バレー応援の練習に参加した生徒たち、登下校のときにバレー部の姿を見ている生徒たち、いろいろな生徒たちが今日はバレー部の応援をしました。まさに、信愛が「One Team」になったのだと思います。

今日はバレーボール部の応援でしたが、バスケットボール部も現在全国大会の予選を戦っている最中です。運動部だけではありません。高校3年生は、毎日大学入試に向けての勉強を頑張っています。これからも信愛生には、「One Team」、つまり「一つの心 一つの魂」で頑張って欲しいと思います。

高1ポスターセッション

本日高1はリージョン探求のポスターセッションを行いました。

産業・経済・農業・林業・医療・行政という6つのテーマに分かれ、それぞれの分野が抱える問題点やあっと驚く?解決策を各班が提示するというもので、最初はどうなることかと内心不安でしたが、生徒たちは堂々と発表し、質疑応答にも的確に答えているようでした。

ご参加くださいました先生方、保護者の方々、本当にありがとうございました。

今後はいただいたアドバイスをもとにより探求を深め、12月の最終発表に向けて取り組んでいきますのでよろしくお願いします。

今日は高1進研模試でした。    遠藤 克彦

今日は高校1年生の進研模試の日でした。模擬試験というのは日々の学習が身についているかどうかを確認する場です。高校1年生の皆さん、日々の学習の成果をうまくだせましたか?うまく力を発揮できたなと考えている人、いまいちだったなと考えている人いるでしょう。大事なことは模擬試験をやりっぱなしで終わらないこと。こういった全国模試には、高1の10月時にこれだけはしっかりと理解しておかなければならないポイントが出題されています。後で丁寧に復習しましょう。明日はリージョン探究ポスターセッションの日。どんな発表があるのか楽しみにしています。

模擬試験    遠藤 徹

昨日、高校3年生は校外で模擬試験を受験しました。今回は、他校の生徒もいる中で受験したので、入試本番に近い雰囲気を感じながら緊張して受験に臨んだことと思います。また、受験の受付時間に間に合うように受験会場までの道のり等を事前に調べることも良い経験になったのではないかと思います。

高校3年生は、今まで6月, 9月にマーク模試,7月, 10月(2回)に記述模試を受験し,すでに5回の模擬試験を受験しました。さらに,11月は実際のセンター試験のレベルにあった内容のマーク模試を2回受験します。このように高校3年時に多くの模擬試験を受験することは、今の自分の学力を知るだけでなく、目標とする大学に合格するために、どの教科のどの分野をどのように補えばよいかを知る機会でもあります。

受験に対する不安や焦りを感じる時期ですが、入試本番まで全力で学習し、合格を勝ち取ることを期待しています。

高校バレー部がんばれ!応援してます! 佐藤佳子

今年も和歌山信愛高校バレー部は「春の高校バレー(全日本バレーボール高校選手権大会)」県予選大会で決勝戦に進出しました。10月31日に和歌山ビッグホエールで行われる決勝戦には高校3年生以外の全校生徒が応援にいきます。今日の朝礼では全校生徒が体育館に集まり、高校バレー部員が中心となって、全員で応援練習をしました。31日には学校全体がひとつとなって決勝戦に臨みます!

ゴーゴーレッツゴー、レッツゴー信愛!

中学2年平和学習           池内 理香

中学2年生は、11月8日から2泊3日で、長崎研修旅行に出発します。
その準備として、9月初めから班別で平和学習に取り組んできました。
そして、一昨日にパワーポイントを使って、プレゼンテーションを行いました。
「原爆」「沖縄戦」「和歌山大空襲」「永井隆」などの研究テーマを班ごとに作成し、それぞれ緊張しながら、頑張って発表することができました。
この学習をもとに、実際に長崎に行き、平和公園(平和祈念像・平和の泉)、原爆資料館などを見学し、平和への意識を更に深めていきたいと思います。

高2 グローバル探究 ポスターセッション  前田 紫

本日6、7時間目に、高校2年生が、地域協働事業の探究活動の中間発表を行いました。

この半年間、webで調べたり企業訪問したりしながら探求してきた課題を、ポスターにまとめて全員が発表しました。ご参加いただいた保護者の方、地域の皆さま、ありがとうございます。

自分たちの考えてきたことを堂々と発表し、質問に答える姿に、去年のSGHポスター発表からの成長を感じました。

今日多くの人からいただいたアドバイスをもとに、最終発表に向けてさらに探求を進め、より良いものになることを期待しています。

スポーツの秋!

昨日のラグビーワールドカップ決勝トーナメント対南アフリカ戦、皆さんはご覧になりましたか?私は、父がラグビー経験者で(元ラガーマンだとはとても思えない、ひょろひょろの体型ですが)、今回のワールドカップには人一倍熱が入っており、昨晩はテレビと父と、熱い実況解説を二重に聞きながら日本代表を応援しました。残念ながらベスト4入りとはなりませんでしたが、それでも日本中に活気と興奮と感動を与えてくれました。選手たちの懸命な姿に私もたくさん元気をもらいました。さらに現在、世界陸上や体操などラグビーだけでなく世界中で各競技の世界大会が行われています。日本人選手の活躍も華々しく、テレビのチャンネルを頻繁に変えながら、忙しく応援する日々が続いていますね。

私はというとスポーツは大の苦手で、先日の体育祭も生徒に腕を引っ張られながらとりあえずゴールするのに精いっぱい、というレベル。ですが、この盛り上がりを機に私も少し体を動かしてみようと思います。高校3年生の担任としてこれから到来する受験シーズンを体力不足で足を引っ張ってしまうことのないように、体力をつけなければ!力いっぱい受験生のサポートをしなければ!

よし、そのためには、…まずはごはんをしっかり食べる!←いつもここでストップしてしまうのですが、今年の秋は運動するぞー!

中めぐみ

10月半ばになりすっかり秋が深まってきました。秋は読書の秋、食欲の秋、芸術の秋など様々いわれますが、今年はラグビーW杯にW杯バレー男子大会、サッカーW杯予選などがたてつづき、今年はすっかり「スポーツの秋」という感じがしますね。世の中はラグビーW杯で盛り上がりを見せる中、サッカー好きの私は負けずにサッカーの話題をしようと思います!

最近のサッカー日本代表戦で何かと話題となるのが、現在マジョルカ所属の久保建英選手。バルセロナの下部組織で育ち、去年FC東京からレアルマドリードに移籍したことで注目を集めました。残念ながら今回のモンゴル戦・タジキスタン戦では合計4分の出場時間しかありませんでしたが、代表最年少ゴールなどが期待されています。彼のすごさは技術力はもちろんですが、その強い精神力あると思います。レアルマドリードでの練習でジダン監督にボールをぶつけても冗談で笑ってかわすなかなかの大物ぶり。6歳でバルサに入る!と宣言し、一年間で350日以上ボールを蹴り、9歳でバルサと契約。一旦帰国後、18歳でプロになるという目標を掲げたあと、16歳でプロデビュー、18歳でレアルマドリードと契約。高い目標を自ら掲げ、その実現のための具体的行動を明確にもち、努力を惜しまず実行する。高い目標設定とその実現のために行動し続ける強い精神力、これこそが彼の強さなのだろうなと思います。

今日行われる高校1年生の保護者会の話題の中心は2学期末に行われる文理選択についてです。文理選択は自分の今後の進路を考えていく最初のできごと。これから未来を切り開いていく高校1年生の皆には、ぜひ高い目標をもって、前向きにその実現のための努力をしていってほしいと思います。

明日はラグビーW杯の南アフリカ戦。ルールがわからず避けてきましたが、この盛り上がりについていけないのが少々さみしくなってきたので、ルールを勉強して観戦してみようかなと思います!がんばれ日本!

南 正人

今日、本校では漢字検定が実施される。
ところで、「漢字」といえば、2017.3.24に発刊された「う○○漢字ドリル」に触れないわけにはいかない。これは、画期的なドリルだった。何が画期的かというと、とにかく、例文が下品なのだ。いくつか紹介したいと思ったのだけれど、あまりに下品すぎて、ちょっとここに書くことがはばかられる。それほどまでに下品なのである。(興味のある人は、ネットで検索してみてください)。
そして、小学生は、下品が大好きなのである。だから、面白がって漢字を勉強するものだから、このドリルは、売れに売れた。(なにしろ発売後約2カ月で227万部も売れたのだ。そして、たぶん今も売れ続けている。)
どうして、これほどのヒット商品になったのか。それは、なによりもこの本の下品さにある。というより、「勉強は上品にするもの」、「そもそも勉強は上品なもの」という常識を覆したことにあると思う。それが良いことなのかどうかはわからないけれど、「常識にとらわれない」という発想は、今の時代にあって、示唆に富む。
新学習指導要領を持ち出すまでもなく、今教育界もコペルニクス的転回が求められている。ICTとかIPAとか、IoEとかIoTとか……(まぁ、板書をしないでIパッドを使っている若い教師を見るだけで、老教師であるこっちはコペルニクス的驚愕なのだけれど……)。
とにかく、変革の時代である。しかし、そんな変革の時代にあって、なんとまぁ、う○○の持つ下品さの普遍性よ。(実は僕はこっちの方に、より感動しているのだけれど……)。
で、その普遍性について……。
先に僕は、「小学生は、下品が大好きなのである」と書いた。しかし、それは小学生に失礼というものだ。高校生だって、いやいや大人だって、下品は大好きなのである。
だから、僕は思うのだけれど、「漢検準2級問題集」も、全部「う○○漢検準2級ドリル」にしたら、もっと合格率が上がるのではないだろうか……と。さらに言えば、「『う○○漢検準2級ドリル』づくり」という授業は、結構アクティブで、新学習指導要領的ラーニングなのではないだろうか……と。
さあ、みなさん、「真剣」「偏見」「漆黒」「媒介」「余裕」「湾曲」「魅力」を問う漢字の例文を、すべてう○○を使って作ってみましょう。これは、相当に高い能力が要求される。熟語の意味はもちろん、その用法や、何より機知が求められる。だから、みなさん、頑張ってみましょう。(もちろん、僕は例文を完成させました。しかし、ここには書かない。なぜなら、下品だから……)。